コーヒー

アメリカンコーヒーとは?違いから美味しい淹れ方まで徹底解説【保存版】

アメリカンコーヒーとは?違いから美味しい淹れ方まで徹底解説【保存版】
アメリカンコーヒーとは何?よくわからないから教えてほしい!
おすすめの淹れ方を教えてほしい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • アメリカンコーヒーとは何か
  • アメリカンコーヒーの違い
  • アメリカンコーヒーの淹れ方
  • 薄いと言われる理由
  • おすすめのコーヒー豆

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

そもそもアメリカンコーヒーとは?

そもそもアメリカンコーヒーとは?
そもそもアメリカンコーヒーとは、浅煎りで焙煎したコーヒー豆でいれたコーヒーのことを指します。

浅煎り豆をお湯でいれたコーヒーまたは、抽出したコーヒーをお湯で薄めたコーヒーの2通りがあります。

以下で詳しく見ていきましょう。

アメリカンコーヒーの味の特徴

アメリカンコーヒーの特徴はコーヒーの苦味が抑えられていて、ゴクゴクと飲める軽い味わいな点です。

「アメリカン」と言われることも多々ありますが「アメリカーノ」とはまた別のコーヒーになります。

またアメリカンコーヒーという名前は、日本独自のものです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
このように呼ばれているのは日本だけなんだね!

アメリカンコーヒーというの名前の由来

「アメリカンコーヒー」という名前の由来には諸説ありますが、アメリカには本来「コーヒーを多めのお湯で淹れる」または「濃いコーヒーにお湯を淹れる」という風習が存在しました。

どちらも1杯のコーヒーに使うお湯の量は、通常の約1.2~1.4倍にもなってしまいます。

このアメリカンな飲み方が日本にも伝わってきことで「アメリカンコーヒー」と名付けられたとされています。

アメリカンコーヒーに含まれるカフェインとカロリー

ではアメリカンコーヒーに含まれるカフェインやカロリーはどのくらいなのでしょうか?

これはコーヒーの濃度によってそれぞれ変わってくるため、一概には言えませんがアメリカンコーヒーはエスプレッソよりもカフェイン濃度が濃いとされています。

エスプレッソ1杯のコーヒー豆の適量は約7グラム、一方でドリップ式だと約10グラム。

この違いがカフェイン量に影響してくるわけです。

またアメリカンコーヒーのカロリーは、240mlで約52kcalです。

是非参考にしてください。

アメリカンコーヒーの2つの違い

アメリカンコーヒーの2つの違い

また、アメリカンコーヒーの2つの違いがあります。

よく比較されるのは以下の2つです。

  1. アメリカンコーヒーとブレンドコーヒー
  2. アメリカンコーヒーとアメリカーノ

1つ1つ見ていきましょう。

1. アメリカンコーヒーとブレンドコーヒー

そもそもブレンドコーヒーとは、複数の産地のコーヒー豆を配合したコーヒーのこと。

そうすることで、ブレンドコーヒー特有の味わいを作りだすことが出来るためです。

一方で、1種類のコーヒー豆のみ使用するコーヒーをストレートコーヒーと言います。

結論としてアメリカンコーヒーは、ブレンドされているのが一般的。

冒頭でも説明した通り、「浅煎りの豆をお湯で抽出したコーヒー」「お湯で薄めるコーヒー」という淹れ方自体を指します。

そのため、「アメリカンコーヒーには絶対このコーヒー豆を使う」といった指定はありません

つまり、スーパーなどで市販されているアメリカンコーヒーは、アメリカンコーヒーの味わいを楽しめるようブレンドされているものが大半でしょう。

スーパーのおすすめコーヒー豆が知りたい方は「スーパーの美味しいコーヒー豆&粉おすすめ10選!市販でも侮れない」の記事を参考にしてみて下さい。

スーパーの美味しいコーヒー豆&粉おすすめ10選!市販でも侮れない
スーパーの美味しいコーヒー豆&粉おすすめ10選!市販でも侮れないスーパーで買えるおすすめの人気コーヒー豆&粉を10つご紹介していきます。スーパーのコーヒー豆は手軽で美味しいのが特徴的ですよね!値段を比較しつつ、安くてコスパ抜群な豆&粉を厳選してお伝えします。購入するか迷っている方必見です!...

2. アメリカンコーヒーとアメリカーノ

2つ目はアメリカンコーヒーとアメリカーノの違いです。

ずばりアメリカンコーヒーとアメリカーノの違いは、使用されているコーヒーと抽出方法にあります。

アメリカーノは、エスプレッソコーヒーをお湯で割って作るコーヒーです。

本来、アメリカーノという名前はイタリア人が”アメリカ人はコーヒーを薄めて飲む”というところことから名付けられたとされています。

つまりアメリカーノはイタリア人には馴染みがあまりなく、ほとんどはアメリカ人や海外から来た方が飲むコーヒーというわけです。

アメリカンコーヒーの2つの淹れ方

アメリカンコーヒーの2つの淹れ方

ここからはアメリカンコーヒーの2つの淹れ方を見ていきましょう。

まとめると以下の通りです。

  1. 浅煎りの豆で淹れる
  2. お湯で薄めて淹れる

1つ1つ解説していきます。

1. 浅煎りの豆で淹れる

最初に言っておくと、浅煎り豆でいれる場合のポイントは3つあります。

  1. お湯は多めにする
  2. 粉は細かくしすぎない
  3. お湯の高温度にする

この3つを抑えるだけで劇的にアメリカンコーヒーを美味しくすることができます。

お湯は多めにする

コーヒーの粉量10gに対して、出来上がり量は120mlが基本ですが、アメリカンコーヒーは粉量10gに対して出来上がり量を150~160mlなるようにしましょう。

通常より多めのお湯で抽出してください。

粉は細かくしすぎない

粉は細かくしすぎると、湯だまりの原因となってしまいます。

細かすぎる粉はアメリカンコーヒーには不向きです。

中細挽きか中挽きの粉がベストです。

お湯の高温度にする

お湯の高温度にすることで、コーヒー粉が良くふくらみ、抽出を促してくれます。

つまり、湯だまりしにくくなるというわけです。

2. お湯で薄めて淹れる

続いてはお湯で薄めて淹れる方法です。

お湯で薄める場合のポイントは1つ。

  1. 低温度のコーヒーをお湯で薄める

これだけです。

まずお好みのコーヒーの粉量10g、出来上がり量120mlにドリップしたコーヒーをカップに注ぎましょう。

そこへ低温度のお湯40~50mlを加えたら完成。

お湯で薄めるので多少粉の量を増やしておきましょう。
バリスタ
バリスタ
とっても簡単だね!どちらが良いのか確かめてみよう。

アメリカンコーヒーの味が薄いというのは勘違い

アメリカンコーヒーの味が薄いというのは勘違い

ここでよくある質問に答えていきます。

それはアメリカンコーヒーの味が薄いって聞くけど本当なの?

これに対しての答えはNOです。

アメリカンコーヒーの味が薄いというのは勘違いです。

かつて本場で流行していた、アメリカンコーヒーを体験した日本人が「色が薄くて苦味が少ない…コーヒーをお湯で薄めているだけか。」と勘違いしたまま持ち込んだことが由来になったとされています。

確かに、アメリカンコーヒーはお湯で薄めて作る方法もありますが、ブレンドする工程でそれを考慮した味わいにしていることがほとんどです。

昔に伝わったことが、今でも続いてしまっているというわけですね。

アメリカンコーヒーに使われるおすすめのコーヒー豆

アメリカンコーヒーに使われるおすすめのコーヒー豆

続いては、アメリカンコーヒーに使われるおすすめのコーヒー豆をご紹介していきます。

アメリカンコーヒーには、大きく3種類の豆が使用されます。

  1. 中米系:明るい酸味&すっきりとした口当たりが特徴
  2. ブラジル:口当りが柔らかい&酸味と苦味のバランスが程よい
  3. コロンビア:甘い香り&しっかりとした酸味とコクが特徴

ブラジル産のコーヒー豆についてより詳しく知りたい方は「ブラジルコーヒーの特徴とは?豆の種類から美味しい飲み方まで解説」の記事を参考にしてみて下さい。

ブラジルコーヒーの特徴とは?豆の種類から美味しい飲み方まで解説
ブラジルコーヒーの特徴とは?豆の種類から美味しい飲み方まで解説ブラジルコーヒーの特徴とその種類・銘柄や美味しい飲み方まで徹底解説していきます。生産量世界第1位のブラジルコーヒーのどのような味がするのか気になりますよね…。農園の知られざる歴史や等級、おすすめまで幅広くご紹介するので、気になっている方は必見です!...

コロンビア産のコーヒー豆については「コロンビアコーヒーの特徴とは?豆の品種から美味しい飲み方まで解説」の記事をチェック!

コロンビアコーヒーの特徴とは?豆の品種から美味しい飲み方まで解説
コロンビアコーヒーの特徴とは?豆の品種から美味しい飲み方まで解説コロンビアコーヒーの特徴から美味しい飲み方まで徹底解説していきます。気になる豆の品種・等級や酸味などの味わい、コロンビアの歴史まで幅広くお伝えします。最後にはおすすめのコーヒーもご紹介するので迷っている方は必見です!...

アメリカンコーヒーには、苦味の強い豆、個性的な香りの豆が使われることがあまりありません。

そのためマンデリン、エチオピア、モカなどの特徴の強いコーヒー豆は避けたほうが良いでしょう。

コーヒー豆選びに自信がない方などは「アメリカンブレンド」のコーヒーを買うことをおすすめします。

浅煎りのコーヒー豆がおすすめ

アメリカンコーヒーには基本的に浅煎りの豆が使われます。

  • ライトロースト
  • シナモンロースト

以上のような焙煎度合いです。

市販されている「アメリカンブレンド」のような商品も大半がライトローストになっています。

すっきりとした酸味が特徴で、アメリカンコーヒー同様飲みやすいのが魅力。

おすすめをまとめると以下の通りになります。

  • ロクメイコーヒー
  • 極上コーヒーセレクション

1つ1つ解説します。

ロクメイコーヒー

ロクメイコーヒー

奈良で1974年から続く、超有名なオンライン通販サイトです。

焙煎技術の日本一を決める「ジャパンロースティングチャンピオンシップ2018年」優勝の焙煎士が作る”スペシャルティーコーヒー”が特徴。

浅煎りのコーヒーが美味しいと有名です。

品揃えが豊富であり、お祝い事別にギフトセットのライナップも充実しています。

「スペシャルティコーヒー お試し飲み比べセット 100g×3種」は、送料無料で初回のみ100g入り700円程度と安くなっています。

おしゃれなパッケージも魅力的なので、気になる方は是非ロクメイコーヒーの公式サイトから買ってみてはいかがでしょうか?

» ロクメイコーヒーはこちら

ロクメイコーヒーの特徴
ロクメイコーヒーとは?気になる評判からおすすめの商品までご紹介ロクメイコーヒーについて徹底解説していきます。気になる口コミ・評判からおすすめの商品までご紹介します!ロクメイコーヒーはまずいと言われることがありますが、実際はどうなのでしょうか?特徴を踏まえながら細かくお伝えするので、悩んでいる方は必見です。 ...

極上コーヒーセレクション

2. イタリアを代表するマエストロが監修したコーヒー豆定期便「極上コーヒーセレクション」

イタリア屈指のマエストロ監修の浅煎りのコーヒーを、毎月お届けしてくれる定期便通販サイトです。

コーヒー初心者の方にも大好評の豊富なラインナップが魅力的。

50種近くのコーヒー豆から厳選してれるのも嬉しいポイントです。

世界各地の香り高いコーヒーが飲める

「極上コーヒーセレクション」では毎月いろいろな世界各地のコーヒー豆が選択できます。

苦味と酸味のバランスが良く、後味が大好評です。

袋を開けた時の香り、コーヒー豆を挽いたときの香り、落ちた際の香りがそれぞれ心地良いんです。

是非定期便で購入してみてはいかがでしょうか?

» 極上コーヒーセレクションはこちら

好みの淹れ方でアメリカンコーヒーを楽しもう!

アメリカンコーヒーとは?違いから美味しい淹れ方まで徹底解説【保存版】

いかがだったでしょうか?

「アメリカンコーヒーとは?違いから美味しい淹れ方まで徹底解説【保存版】」というテーマでお伝えしました。

アメリカンコーヒーはブレンドがほとんどですが、逆に言えばそれだけ楽しみがいがあるわけです。

またアメリカンコーヒーにおすすめのコーヒー豆は浅煎りになります。

是非今回ご紹介した豆を参考にしながら、購入してみてください。損はしないはずです。

自分好みのアメリカンコーヒーを淹れて、是非充実したコーヒーライフをお過ごしください!

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!