MENU
コーヒー豆

コーヒー豆の適切な保存方法とは?鮮度を保つための注意点4つ【最新版】

保存場所は期間によって分ける!保存方法をおさえよう
コーヒー専門家
コーヒー専門家
コーヒー豆の正しい保存方法が知りたい!
バリスタ
バリスタ
挽いた後のコーヒー豆ってどのように保存したら良いのかわからない…。

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

この記事から分かること
  • コーヒーの適切な保存方法
  • 適切な保存場所
  • 保存する際の注意点

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒー豆の適切な保存方法は密閉容器に入れて高温多湿を避けること

コーヒー豆の鮮度を保つ保存方法

コーヒー豆の風味を保ちながら、最後まで美味しいコーヒーを飲むためには、密閉容器に入れ、高温多湿を避けるのがポイントです。

挽いた後のコーヒー豆に限らず、未開封であっても、温度が高い場所や直射日光が当たる場所は避け、冷暗所で保存してください。

なるべく外気にさらすことを避けるためには、コーヒー豆を直接入れるよりも、袋のまま保存容器に入れるのがおすすめ。

一度開封してしまったとしても、テープや輪ゴムなどで袋の口をしっかり密閉して保存するようにしましょう。

パッケージを開封してしまうと、どうしてもわずかな空気。湿気が入り込みます。

容器を開け閉めするたびに劣化や酸化が進むため、開封後はできるだけ早めに飲みきることをおすすめします。

コーヒー豆の保存場所は期間によって分ける!保存方法をおさえよう

コーヒー豆の保存場所は期間によって分ける!保存方法をおさえよう

結論から先に言うと、常温・冷蔵庫・冷凍庫のいずれかの保存方法で大丈夫です。

この3つの保存方法は飲むまでの期間でそれぞれ分けることをおすすめします。

常温・冷蔵庫・冷凍庫それぞれのベストな保存方法は以下の通りです。

常温冷蔵庫冷凍庫
長期保存△(2週間以内)○(3週間以内)◎(1か月〜3ヶ月以内)
利用頻度が多い

常温で保存する場合

コーヒー豆を常温で保存する場合は、利用頻度がかなり高い場合&保存期間が2週間以内であれば問題ありません。

どうしても冷蔵庫や冷凍庫に保存してしまうと、温度差の違いによって結露が生じてしまい、コーヒー豆が水分を吸収してしまいます。

結果的に、状態の悪いコーヒー豆が出来てしまうのです。

究極にコーヒーを愛していて、コーヒー豆から香りを味わいという方はぜひ常温で保存することをおすすめします。

冷蔵庫で保存する場合

コーヒー豆を冷蔵庫で保存する場合は、利用頻度がそこそこ高い場合&保存期間が3週間以内である方におすすめの保存方法です。

中間的な位置に立つのがこの保存方法です。

「常温で保存するのはちょっと不安だな」という方にはおすすめです。

比較的長持ちするので、冷蔵庫は安心してコーヒー豆を保存できるでしょう。

冷凍庫で保存する場合

コーヒー豆を冷凍庫で保存する場合は、利用頻度が少ない場合&保存期間が1か月〜3ヶ月以内である方におすすめの保存方法です。

冷凍庫は、かなりの期間で保存が可能です。

しかし、一度コーヒー豆を解凍してしまうと味はかなり変わってきます。

基本的にコーヒー豆は生鮮食品です。

取扱をまちがってしまうと本来の香りやコーヒーの味わいがなくなってしまいます。

せっかく手間を変えてコーヒーをいただくのであれば、丁寧に保存していきましょう。

冷蔵庫・冷凍庫でコーヒー豆を保存する際の注意点

結論から先にいうと、匂いがコーヒー豆に移ってしまうことがあります。

冷蔵庫・冷凍庫内で保管されている他の食べ物の匂いが、蔓延してしまうのです。

そこおすすめするのは、コーヒー豆を冷蔵庫や冷凍庫で保存する時にタッパーなどの密閉された移し替えることです。

冷蔵庫・冷凍庫からコーヒー豆を出した後に常温で置いておくと、温度差から結露して水分を吸収してしまう危険性があるため、必要な分をあらかじめ考えてから摘出するようにしましょう。

コーヒー豆の保存方法として気をつけたい4つの注意点

コーヒー豆の保存方法として気をつけたい4つの注意点

ここではコーヒー豆を保存する上での注意点について見ていきます。それは以下の通りです。

  1. 湿度を避ける
  2. 空気に触れない
  3. 高温は避ける
  4. 光にさらさない

つまり「湿度」「空気」「温度」「光」の4つを気をつけて保存することが重要です。

コーヒー豆は水分が苦手

コーヒー豆の最大の宿敵が湿度(水分)です。

なにかとコーヒー豆は一番弱いのが湿度なので徹底的に水分に触れることは避けてください。

湿度が高いところにあればあるほど、コーヒー豆の状態は悪くなってしまいます。

焙煎した豆は、目に見えない小さな穴が空いているため、水分を吸収しやすくなっています。

結露を避ける

特に冷蔵庫・冷凍庫でコーヒー豆を保存している際には、冷たい所から常温のところ移動すると、温度差の違いによって結露してしまいます。

そのため、コーヒー豆を取り出してからは外に置いておかずに、即座に冷蔵庫に戻すようにしましょう。

コーヒー豆は酸素が苦手

コーヒー豆は酸素が基本的に苦手です。

コーヒー豆が酸素に触れてしまうと、酸化してしまいます。

後味が悪くなってしまう

酸化しすぎてしまうと後味が悪くなってしまいます。

コーヒー豆の袋が密封になって販売しているのをよくカフェで見るのではないのでしょうか?

あまりカフェに行かない人にも目につくでしょう。

その主な理由とは、空気に触れることによるコーヒー豆酸化を防ぐためなのです。

コーヒー豆は高温が苦手

コーヒー豆が苦手なものは、温度も存在します。

詳しく言えば、温度が高ければ高いほど、化学反応スピードが早くなります。

したがって、コーヒー豆が傷みやすくなるのです。

どのくらいの温度差で傷みの度合いが変わってくるのでしょうか?

よく言われているのは、温度が10度上がると賞味期限が半分になります。

気をつけてください。

コーヒー豆は光が弱点

コーヒー豆が最後に苦手としているのは、光です。

光は、簡単に行ってしまえば紫外線です。

この紫外線はコーヒー豆が傷んでしまう原因です。

蛍光灯でも太陽の光でもコーヒー豆は、劣化してしまいます。

特に直射日光を当ててしまうと、劣化スピードが非常に早くなってしまいます。

太陽の直射日光はコーヒー豆の天敵なので必ず避けてください。

以上の4つがコーヒー豆の劣化を加速させてしまう原因になります。

コーヒー豆の正しい保存方法を理解しよう!

コーヒー豆の保存方法をしっかりと守って美味しいコーヒーを飲もう!

いかがだったでしょうか?

「コーヒー豆の適切な保存方法とは?鮮度を保つための注意点4つ【最新版】」というテーマでお伝えしました。

比較的簡単な保存方法を今回はお伝えしました。

いくらコーヒー豆の種類やドリップ方法にこだわったとしても、肝心なコーヒー豆の適切な保存方法がわからないとコーヒー豆が確実に劣化してしまいます。

より一層美味しいコーヒーを飲むためにも、コーヒー豆の保存方法について正しい理解が必要です。

しっかりとした知識をもった上で、コーヒーを日々楽しんでいただけたら幸いです。

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら