コーヒー

コーヒーの酸味とは?苦味や風味の違いからおすすめの豆&粉まで解説

コーヒーの酸味とは?苦味や風味の違いからおすすめの豆&粉まで解説
コーヒーの酸味とは何なの?
コーヒーの酸味と苦味って何か繋がりがあるの?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • コーヒーの酸味とは何か
  • 酸味と苦味の関係
  • 酸味が特徴のコーヒー豆&粉3選

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒーの酸味とは

本題:コーヒー豆の酸味とは?

ひとくちに「酸味」といっても色々あります。

しかし、結論として、コーヒーの酸味は主に果物のような爽やかさ・シャープさを表す表現として用いられます。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
でもどうしてコーヒー豆から果物の味がするの?

このように思われる方もいるかもしれません。

本来、コーヒー豆は「コーヒーチェリー」と呼ばれる果実の種子を取り出したものであることを想像すると理解しやすいでしょう。

酸味とは、簡単に言えばコーヒー豆の「個性」です。

コーヒー豆の持つ酸味は、焙煎することによっても引き立てられます。

ただ酸っぱいという意味ではない

ここで注意しておきたいのは、コーヒーの酸味は、ただ「酸っぱい」ということではありません。

コーヒーの酸味というのは、別の言い方をするとスッキリ感やクリアさと言えるはずです。

バリスタ
バリスタ
コーヒーの酸味は

コーヒーには良い酸味と悪い酸味が存在する

「良い酸味」とは、果物ような爽やかさのことを指します。

同じ果物であるレモンやオレンジを例を取ってみましょう。

シャープで爽やかな酸味は感じるけど、酸化したようなツーンとした酸味は感じられないでしょう。

コーヒーは「フルーツのような酸味」と評価されます。

フルーツが好きな方であれば、コーヒーの酸味も嫌うことなく味わえるはずです。

コーヒーの酸味が苦手という方は、もしかするとコーヒーの本当の酸味を味わっていないのかもしれません。

一方、この「酸っぱくておいしくないやつ」は、実はコーヒー豆が劣化したことによりあらわれる「悪い酸味」のことで、コーヒー豆自体の持っている酸味とは違ってきます。

コーヒー豆が劣化することによってでるあの独特の酸味です。

コーヒー豆の劣化を防ぐためには適切な保存方法を知ることが大切です。

こちらの記事を参考にしてみてください。

保存場所は期間によって分ける!保存方法をおさえよう
コーヒー豆の適切な保存方法とは?鮮度を保つための注意点4つ【最新版】コーヒー豆の保存方法について徹底解説していきます。コーヒー豆を購入したのは良いけど、どのように保存・保管したら良いのかわからないですよね…。今回は挽いた後の豆や開封していない豆も含めて、ベストな保存方法をご紹介します!悩んでいる方は必見です。...
コーヒー専門家
コーヒー専門家
コーヒーの酸味は良いものあれば悪いものもあるんだね!

コーヒーの酸味は美味しさの証拠

コーヒーの酸味は美味しさの証拠

コーヒー界隈では、コーヒーの味と香りをワインように色々な比喩で表しています。

コーヒーの風味をフレーバーといい、その中でも酸味はコーヒーの特性を強く示しています。

豊かなフレーバーの代表例であるスペシャルティコーヒーでは、クオリティの高い酸味を備えていることが優れたコーヒーの条件とされています。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
酸味はその特性を意味しているんだね。

コーヒーの酸味は苦味を和らげる

コーヒーの酸味は苦味を和らげる

コーヒーは苦味が強いですが、ただ単に苦いだけであればここまで世界中で愛されていはいないはずです。

苦味を引き立てたり、苦味を抑える味が上手く絡み合っているからこそ、コーヒーは今でも飲み続けられているのです。

そして酸味は、コーヒーの苦味』を抑えたり、苦味の余韻を軽くする働きを持っています。

コーヒー豆の成分には酸がたくさん含まれる

コーヒー豆の中には、植物の実として持っているクエン酸やリンゴ酸、コハク酸などの成分も含まれています。

それ他にも乳酸やグリコール酸、クロロゲン酸、キナ酸、コーヒー酸など様々です。

コーヒーの種類によってはこのような酸が多かったり、少なかったりします。

これによりコーヒーの味は、様々な表情を見せてくれるというわけです。

コーヒー豆の成分についてより知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒーに含まれる栄養成分とは?驚くべきたくさんの効果があった
コーヒーに含まれる栄養成分とは?驚くべきたくさんの効果がある【最新】コーヒーの栄養成分について徹底解説していきます。コーヒーの栄養素はカフェインが有名ですが、実はその他にもたくさんの成分が入っているのをご存知でしたか?最後には、コーヒー豆をそのまま食べる時の注意点もお伝えするので、悩んでいる方は必見です。...

コーヒーの真の酸味を味わうためには

コーヒー豆の真の酸味を味わうためには?

では、どうやってコーヒー豆の真の酸味を味わったら良いのでしょうか?

まとめると以下の通りです。

  1. 品質のいいコーヒー豆を選ぶ
  2. 正しいコーヒー豆焙煎をする
  3. 新鮮なコーヒー豆を選ぶ

以上の3つになります。

一つ一つ解説していきます。

品質のいいコーヒー豆を選ぶ

本当の酸味を味わうための方法1つ目は、品質のいいコーヒー豆を選ぶことです。

品質の高いコーヒー豆を買うことは、実質的に新鮮なコーヒー豆を選ぶことになります。

適切なコーヒー豆の買い方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆の買い方を熟知した上で購入しよう!
コーヒー豆の上手な買い方とは?5つのポイントを押さえよう【保存版】今回はコーヒー豆の買い方について5つのポイントに分けて徹底解説していきます。適切な量から選び方まで詳しくご紹介するので、スタバやカルディ、ドトール、タリーズなどのカフェでも使えるはず!コーヒー豆の買い方に悩んでいる方は必見です。...

正しいコーヒー豆焙煎をする

コーヒー豆は浅く煎るほど酸味が強くあらわれ、深く煎るほど酸味が減り苦味が強く出てきます。

酸味をはっきりと感じたい方はライトローストからハイローストあたり、酸味を抑えたい方はシティロースト以上がおすすめでしょう。

酸味の部分もこのように焙煎度合いによって変わってきます。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
自分好みの焙煎度合いを知っておくと、お店で買う時にも選びやすいね!

初心者でも分かりやすいコーヒー豆の焙煎方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆の焙煎とは?自宅での焙煎方法からおすすめの焙煎機まで
コーヒー豆の焙煎とは?自宅での焙煎方法からおすすめの焙煎機までコーヒー豆の焙煎について徹底解説していきます。コーヒー豆の焙煎(ロースト)とは何かから自宅でできる方法、おすすめの焙煎機まで幅広くご紹介します。ローストする時間やその前後の注意点なども細かくお伝えしていくので、悩んでいる方は必見!...

新鮮なコーヒー豆を選ぶ

新鮮なコーヒー豆を選ぶことが本当の酸味を味わうことに繋がります。

そのためには、焙煎された日付をチェックすることです。

コーヒーの飲み頃としては、&焙煎から4日〜12日ほど経過した頃がベストです。

先程も述べたように焙煎されてからも日数が経ってしまうと、コーヒー豆が劣化してしまいます。

日付を確認してからコーヒー豆を買うと大きな失敗はありません。

焙煎されてから12日間が経過しても飲めることに変わりはありませんが、酸化によってせっかくの美味しい風味が失われてしまいます。

酸味が特徴のおすすめコーヒー豆&粉3選

酸味が特徴のおすすめコーヒー豆&粉3選

では最後に酸味が特徴のおすすめコーヒー豆&粉3選をご紹介していきます。

酸味が強いものから酸味が少ないものまで細かく解説します。

まとめると以下の通り。

  1. AGF ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド
  2. 天馬珈琲 オーガニックコーヒー コロンビア産
  3. ロイヤル キリマンジャロ 中煎り

1. 酸味が少ないコクのあるコーヒー粉「AGF ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド」

AGF ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド

最初にご紹介する酸味が少ないおすすめのコーヒー粉は「AGF ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド」。

マキシムはコーヒー通の中でかなり有名な老舗店です。

そんな老舗店が販売しているコーヒー粉が「AGF マキシム レギュラーコーヒーちょっと贅沢な珈琲店」。

ブラジル産最上級グレード豆の2つの特徴を活かした深く濃い香りが特徴で、上質なコク&後味が楽しめるコーヒーになっています。

独自の焙煎方法を採用

「T2ACMI」焙煎という独自の焙煎方法を用いていて、焙煎の時間と温度を微妙に調節しています。

そのため、酸味が少なく苦みのバランスのとれたコーヒーに仕上がっています。

上質なコーヒーでありながら値段は安いため、コスパがかなり高いコーヒー粉でしょう。

価格¥1,382
内容量1000g
原産地ブラジル
おすすめ度

2. 酸味が抑えられたコーヒー豆「天馬珈琲 オーガニックコーヒー コロンビア産」

天馬珈琲 オーガニックコーヒー コロンビア産

続いてご紹介する酸味が少ないおすすめのコーヒー豆は「天馬珈琲 オーガニックコーヒー コロンビア産」。

農薬を使わない、既定の残留農薬値を下回った豆にだけ認められるオーガニックコーヒーです。

またコロンビア産のコーヒー豆を100%使用し、フルシティローストに仕上がっています。

そのため酸味が少なく、程よい香ばしい香りを楽しむことができます。

エッジの効いた口当たり

炭火による香ばしさ&エッジの効いた口当たりは、初心者の方から上級者の方まで幅広く堪能できるでしょう。

ブラックだけではなく、ミルクや砂糖と合わせてもしっかりとコーヒー感が楽しめます。

バリスタ
バリスタ
濃度を高めても酸っぱくなりにくいコーヒーだね!
価格¥2,180
内容量250g
原産地コロンビア
おすすめ度

3. 芳醇で酸味が強いコーヒー豆「ロイヤル キリマンジャロ 中煎り」

ロイヤル キリマンジャロ 中煎り

最後にご紹介する酸味が強いおすすめのコーヒー豆は「ロイヤル キリマンジャロ 中煎り」。

キリマンジャロ山麓で栽培された大粒AA・最高規格のコーヒー豆となっています。

綺麗&強い酸味が特徴で、中煎りにすることによって、穏やかな香りと苦味を実現しています。

クッキーなど、乾燥度の高いスイーツと一緒に堪能してみてください。

価格¥1,840
内容量600g
原産地タンザニア
おすすめ度
created by Rinker
神戸ファクトリーナコーヒー
¥1,840
(2020/12/01 14:54:00時点 Amazon調べ-詳細)

コーヒーの酸味を理解してより美味しく飲もう!

コーヒーの酸味とは?苦味や風味の違いからおすすめの豆&粉まで解説

いかがだったでしょうか?

「コーヒーの酸味とは?苦味や風味の違いからおすすめの豆&粉まで解説」というテーマでお伝えしました。

酸味はみんさんが勘違いしがちですが、酸味がないと美味しいコーヒーが飲めません。

酸味について理解していけば、もっとコーヒーを飲むことが楽しくなるはずです。

今回ご紹介したおすすめのコーヒーを参考に、是非お気に入りの商品を見つけてみてください!

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!