コーヒー豆

コーヒー豆の栽培とは?科学的に見た4つの生育条件を簡単に解説

コーヒー豆の栽培とは?科学的に見た4つの生育条件を簡単に解説
コーヒー豆の栽培条件ってどんなものがあるのかな?
コーヒー豆の栽培はかなり難しそう…今度栽培してみたいんだけどな…

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • コーヒー豆の栽培が盛んな地域
  • 科学的に見た栽培条件
  • コーヒーノキについて

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒー豆の栽培

コーヒー豆の栽培

コーヒー豆は「コーヒーノキ」から栽培されます。

コーヒーの栽培に適した土地としては年間の平均雨量が約2,000mmと言われており、平均気温が約20℃であることが望ましいです。

主に赤道を挟んだ”コーヒーベルト”と呼ばれる熱帯・亜熱帯地域に集中して栽培されいます。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
上の写真がそのコーヒーベルトと呼ばれる地域だよ!やはり赤道付近が多いね。

コーヒーノキとは

そのままカタカナでコーヒーノキが正式名称です。

アカネ科の常緑樹に属しており、そのまま野生で育てると10mくらいまで成長します。

しかし、コーヒー豆の木の農園では収穫しやすいように1.5m〜2mに栽培されているそうです。

コーヒーノキは熱帯地方の標高が高い山で育つ

上記でも触れましが、コーヒー豆の木は熱帯地方の高い山の中でよく育ちます。

一般的に標高が1500mを超えると最高級のコーヒー豆と言われます。

交通網が発達したことにより、近年では、ある程度高いところでもコーヒー豆を収穫することが可能になりました。

しかし一方でをはるかに超えるくらいの標高であると「霜」が降りて来てしまいます。

気をつけてほしい点は、標高が低いコーヒー豆は品質が悪いということはありません。

コーヒーノキは栽培から収穫まで約3年間

皆さんは知っていたでしょうか?

実は、コーヒー豆の木は栽培から収穫まで約3年を必要とします。

コーヒー豆の実1つに対して葉の枚数は3〜6枚くらいであり、一本のコーヒー豆の木にできるコーヒー豆の実の数も決まっています。

これは本来吸収できる栄養の量が決まっているためです。

コーヒー豆の木があまりにも大きくなると、逆にコーヒー豆の実まで栄養がいきません。

つまり何年かおきに枝などの刈り込みを行い、美味しいコーヒー豆の実を取れるように調整していくことが大切なのです。

バリスタ
バリスタ
確かにそうだね!普段飲んでいるコーヒーは大切に栽培されてきたものなんだ

日本でも栽培されているコーヒー豆

日本でも栽培されているコーヒー豆

キリマンジャロやブルーマウンテン、グアテマラにモカなどコーヒーには色々な産地・種類があります。

日本はアメリカ、ブラジル、ドイツに次ぐ世界第4位のコーヒー消費大国と言われています。

コーヒーの大半を海外のコーヒー産地からの輸入に頼っているのが現状ですが、少ない生産量ですが日本でもコーヒー豆は栽培されています。

栽培が盛んなのは沖縄

そしてそんな日本の中でも特に栽培が盛んなのは沖縄。

理由としては沖縄がコーヒーベルトの北限に位置し、ハワイなどとほぼ同じ緯度という恵まれた栽培環境にあるからです。

コーヒー豆自体はアラビカ種という種類を使っています。

しかし、小笠原諸島も同様に台風の通り道という立地が栽培を難しくさせていることもあり、大規模な栽培には今は至っていません。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
日本でもコーヒーが作られていることは非常に喜ばしいことだね!
コーヒー豆の3大原種の1つであるアラビカ種
コーヒー豆のアラビカ種とは?特徴や種類の違いについて徹底比較!今回はコーヒー豆の種類の1つであるアラビカ種について徹底解説していきます。他の種類のコーヒー豆と比較しながらアラビカ種の味、酸味、香りなどの特徴からおすすめの飲み方までご紹介します!初心者の方は必見です。...

コーヒー豆の栽培条件は科学的に4つある

コーヒー豆の栽培条件は科学的に4つある

早速本題の本題のコーヒー豆の栽培条件について見ていきましょう。

結論として、コーヒー豆の栽培条件は科学的に4つです。

それは以下の通り。

  1. 日当たり
  2. 温度
  3. 土質

一つ一つ解説していきます。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
科学的に以上の4つの条件があるんだね!土質が気になる!

コーヒー豆を栽培する条件として、まず必須なのは水でしょう。

そのためにはある程度の雨と降水量が必要となってきます。

降雨量は、年間1800mm~2500mmと特別多くも少なくないところで大丈夫です。

しかし必ず必要となってくのるのが「成長期に雨が多く、収獲期に乾燥している」ということです。

つまり、雨季&乾季がある栽培環境が適しています。

日当たり

二つ目の条件は日当たりです。

植物を丈夫に育てるのは、光合成が必要です。

これは当然のことでしょう。

しかしコーヒー豆の木は、日光を好む植物にもかかわらず、日当たりが強すぎても元気を失ってしまいます。

そのため、産地ではコーヒーの横に少し背の高い木を植えて、日差しを和らげる方法もとっています。

コーヒーの木のために日陰をつくる、この背の高い木のことを「シェイドツリー」と呼びます。

温度

3つ目の栽培条件は温度です。

温度は年間を通して平均20℃という夏の避暑地の様な過ごしやすい場所でないと、栽培には適していません。

コーヒーの木は、灼熱の中で育つようなイメージがあったのではないでしょうか。

土質

最後の科学的栽培条件は土質です。

土質は肥沃(ひよく)で、水はけが良いことが重要です。

そして多少の酸性の土壌のほうがコーヒーノキには適しています。

酸性の土壌の方が適している理由

では、どうしてどうして酸性の土壌の方が適しているのでしょうか?

植物は酸性の好むのもあればアルカリ性を好むものも自然界には存在します。

土壌の酸性度(ph)は、「0(酸性)~7(中性)~14(アルカリ性)」の数値で表されます。

一般的に、作物の生育に適しているのは弱酸性(ph 6.5)と言われていますが、作物によってはアルカリ性よりの中性を好んだり、逆に酸性を好む場合もあります。

つまり、コーヒー豆の場合は酸性を好みます。

図にまとめておきます。

pH作物・植物
4.0~4.5ブルーベリー、ラン
4.5~5.0シャクナゲ、茶、ツツジ
5.0~5.5柑橘類、鍬、栗
5.5~6.0サツマイモ、ショウガ、ラッキョウ、にんにく、水稲
6.0~6.5アスパラ、ネギ、ニラ、パセリ、白菜、レタス、オクラ、ナスなど
6.5~7.0ほうれん草、エンドウ、ガーベラ、ぶどう

つまり、以上の理由からコーヒー豆の木はコーヒーベルトで育つことが分かります。

4つの栽培条件を満たすのが赤道付近

今まで解説してきた降水量、日照量、温度、土質を満たすことができるエリアがどこだと思いますか?

それは赤道の前後付近です。

このエリアがコーヒーを育てるにはベストな栽培環境というわけですね。

しかし上記の説明でもあったとおり、コーヒー豆の木を育てるには温度が20℃前後で快適な温度である必要がありますが、暑い地域の中でも高い山で栽培することで温度を下げることが可能です。

高地で育てられることによってよりコーヒー豆の実が引き締まるというわけです。

またコーヒー豆の木の絶対的な天敵が霜です。

霜の出るエリアでは基本的にはコーヒー豆の木を栽培することは難しいでしょう。

自宅でコーヒー豆栽培はできる

自宅でコーヒー豆栽培はできる

1年中緑の葉をつけ、愛情をかければ真っ赤な実をつけてくれるということでもコーヒーノキは観葉植物として人気が高いです。

また自宅で収穫したコーヒーの実からコーヒーを入れることは結論から言うと可能です。

しかし実際のところ、コーヒーチェリーをコーヒー豆とするまでには収穫したのち乾燥、焙煎、粉砕という工程がたくさん必要です。

そのため、素人には高いハードルには違いありません。

コーヒー豆栽培のコツ

素人がコーヒー豆を自宅で栽培するのは簡単なことでありませんが、コツはあります。

それは毎年の成長に合わせて植え替えを続けつつ、ある時に急に植え替え・肥料も止めること。

そうすることによってコーヒーノキは危険を感じるため、子孫を残そうとして実をつけ始めます。

是非活用してみてください。

コーヒー豆の栽培にチャレンジしよう

コーヒー豆の栽培とは?科学的に見た4つの生育条件を簡単に解説

いかがだったでしょうか?

「コーヒー豆の栽培とは?科学的に見た4つの生育条件を簡単に解説」というテーマでお伝えしました。

まとめると、コーヒー豆の栽培には雨・日当たり・温度・土質が必要です。

これらのことをおさえながら是非コーヒー豆の栽培にチャレンジしてみてください。

簡単なことではありませんが、栽培方法とそのコツを理解しながら行えれば栽培は可能ですよ!

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!