コーヒー豆

コーヒー豆の種類と特徴とは?コーヒー好きなら知りたい基礎知識

コーヒー豆の種類と特徴とは?コーヒー好きなら知りたい基礎知識
コーヒー豆っていっぱいあってどんな種類があるのかわからない。
わかりやすくコーヒー豆の種類をまとめた一覧表ってないの?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • コーヒー豆の種類とその特徴
  • 産地・焙煎による種類の特徴

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒー豆の種類とその特徴

コーヒー豆の種類とその特徴

コーヒー豆には品種や銘柄などがあり、非常に多くの種類が存在します。

種類によって当然のことながら、それぞれ味や香り・形状などに特徴があり、それぞれ味は違ってきます。

しかし今、ほとんどの市場で出回っているコーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種の2つです。

直近のデータによる生産比率は、アラビカ種:ロブスタ種=6:4となっています。

コーヒー豆の3大原種

コーヒー豆には3大原種と呼ばれているのもがあります。

まとめると以下の通り。

  1. アラビカ種
  2. ロブスタ種
  3. リベリカ種

先程説明したアラビカ種とロブスタ種はコーヒー豆の3大原種というわけですね。

1つ1つ解説していきます。

アラビカ種

アラビカ種は、エチオピア原産で主に高地で栽培されています。

コーヒーにおいて一番重要な品種であり、コーヒー市場シェア率全体の60%~70%を占めています。

香味がかなり優れている品種であり、産地の土壌や気候による違いがかなり出てきます。

デメリットとしてはデリケートな個性を持っているため、病害や霜害等に弱い点。

そのデメリットの分として、香りがあると考えていいでしょう。

スタバのコーヒー豆はアラビカ種

実はスターバックスコーヒーは、すべてアラビカ種が使われています。

アラビカ種から派生したほかの品種も後からご紹介していきます。

ロブスタ種

ロブスタ種は、病害虫に強く栽培が簡単なのが特徴の品種です。

ロブスタ種独特の香りと苦み、アラビカ種と比べると約2倍のカフェインを持っているのも特徴でしょう。

正直品質は高くないものの、独特の香りが強く好まれる方には多くのファンがいます。

また安価で、取れる液量も多いので主に缶コーヒーやインスタントコーヒーに利用されています。

リベリカ種

リベリカ種は、幻のコーヒーと呼ばれている品種です。

西アフリカ・リベリア原産の品種。

厳しい環境への適応力はありますが、アラビカ種に比べて味が落ちてしまいます。

サビ病に弱いことから西アフリカの一部で国でしか普及されていないのです。

コーヒー豆生産量全体のまさかの5%未満しか生産されていません。

また商品としての価値がかなり低いため、研究用に使われていることが多いです。

ロブスタ種とアラビカ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説
アラビカ種とロブスタ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説スタバやカルディなどでも使われるアラビカ種とベトナムで主流のロブスタ種の違いについて徹底解説します。品種の特徴を踏まえながら、品質価値やカフェイン含有量なども徹底比較!コーヒー豆のアラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の特徴が知りたい方は必見です。...

アラビカ種から派生したコーヒー豆の種類8つ

アラビカ種から派生したコーヒー豆の種類8つ

アラビカ種は一番普及しているコーヒー豆とお伝えしましたが、この品種から派生したコーヒー豆が8つあります。

是非参考にしてみてください。

まとめると以下の通り。

  1. ティピカ種
  2. ブルボン種
  3. カツーラ種
  4. ケント種
  5. マラゴジペ種
  6. アマレロ種
  7. ムンドノーボ種
  8. カツアイ種

今回は代表的なティピカ種、ブルボン種、カツーラ種の3つの種類をご紹介していきます。

ティピカ種

ティピカ種は、アラビカ種の中で最も古いコーヒー豆品種です。

スッキリとした甘みと綺麗な酸味、豊かなコクを持ちあせていますが、サビ病などに弱く生産力があまり良くありません。

現在では、品種改良が行われていて数年後ではこの品種が台頭してくるかもしれません。

ブルボン種

ブラジル、中米ではコーヒーの主軸されているのがこのコーヒー豆です。

ブルボン島にイエメンから伝えられたのが起源とされていて、のちにブラジルへと伝わったコーヒー豆種類です。

耐病性が低い上に収獲が一年に一度であるため、生産性が極めて低く、市場に出ているのが低いです。

味わい深いコクと甘みと風味が特徴の種類であり、小さな豆の形状をしています。

カツーラ種

かなり名前にインパクトがありますが、ブルボン種近い味わいです。

ブラジルのミナスジェライス州で発見されたブルボン種の突然変異種になります。

味のかさとと華やかさが多少ですが落ちてしまいますが、耐病性が高く、収穫が多いため生産性に優れているのメリットです。

コーヒー通であるのであれば、一度はこのコーヒー豆の種類は飲んでみたい種類です。

産地別のコーヒー豆の種類

産地別のコーヒー豆の種類

実はコーヒーの種類は産地によってもかなり違ってきます。

もちろん、味の特徴も変わってくるはずです。

「フルーティーな酸味」「しっかりとしたコク」「甘い香り」など生産地によってコーヒー豆の味わいも様々。

今回は代表的なコーヒー豆の味や香りの特徴を一覧としてご紹介するので、是非自分好みのコーヒーを探す際の参考にしてみてください。

コーヒー豆の種類一覧

銘柄特徴
キリマンジャロ生産国はタンザニア。強い酸味とコク・甘い香り・野性味あふれる味。
ブルーマウンテン生産国はジャマイカ。調和のとれた味わいと滑らかな喉越しでコーヒーの王様ともされる。
モカ生産国はイエメン・エチオピア。フルーツのような酸味と甘み・コク。
ブラジル生産国はブラジル。バランスの良い酸味と苦味で初心者でも飲みやすい。
グアテマラ生産国はグアテマラ。果物のようなフレッシュな酸味・華やかな甘い香り・豊かなコク。
コロンビア生産国はコロンビア。ナチュラルな甘さとフルーティーさがと特徴的でバランスが良い。
コナ生産国はアメリカ(ハワイ)。酸味と甘い香りでキリマンジャロやブルーマウンテンに並ぶ世界3大コーヒーの1つ。
マンデリン生産国はインドネシア。苦味とコクがあり酸味は控えめ。ハーブ・シナモンのような上品な風味。
コーヒー専門家
コーヒー専門家
キリマンジャロ、ブルーマウンテンはやはりおすすめだね!
キリマンジャロコーヒーとは?特徴・淹れ方からおすすめ3選まで紹介
キリマンジャロコーヒーとは?特徴・淹れ方からおすすめ3選まで紹介キリマンジャロコーヒーについて徹底解説していきます。キリマンジャロコーヒーとはそもそも何かから、特徴・淹れ方、おすすめの豆&粉まで幅広くご紹介します。また味や酸味なども細かく解説していくので迷っている方は必見です!...

コーヒー豆の種類を理解してより美味しいコーヒーに出会おう!

コーヒー豆の種類と特徴とは?コーヒー好きなら知りたい基礎知識

いかがだったでしょうか?

「コーヒー豆の種類と特徴とは?コーヒー好きなら知りたい基礎知識」というテーマでお伝えしました。

コーヒー豆の種類はあなたが思っているほどたくさんあります。

普段の生活で使っているコーヒー豆に飽きたという方は、是非参考にしてみてください。

またコーヒー豆の焙煎について興味のある方はこちらの記事も参考にしてみてください。

コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】
コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】今回はコーヒー豆のローストについて徹底解説していきます。ローストとは何かから、その違いまで具体的にお伝えしつつ、自宅で出来るコーヒー豆の焙煎方法についても教えます!正しい時間で美味しいコーヒーを飲みませんか?...
ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!