コーヒー豆

コーヒー豆は腐るの?具体的な賞味期限はどのくらいなのか【重要】

コーヒー豆は腐るの?具体的な賞味期限はどのくらいなのか【重要】
コーヒー豆って腐るって聞くけど実際どうなの?
コーヒー豆の賞味期限ってどのくらいのなの?心配でしょうがないよ…

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • コーヒー豆が腐るかどうか
  • コーヒー豆の賞味期限
  • コーヒー豆の上手な活用方法

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒー豆が腐ることはない

コーヒー豆は腐ることはありません

早速結論ですが、コーヒー豆は腐ることはありません。

「コーヒー豆は腐る」ではなく、「酸敗」すると言われています。

コーヒー豆の酸敗とは?

酸敗とは、酸化して色・ニオイ・味などが変化して酸味を帯びることを言います。

酸敗したコーヒー豆は、簡単言えば酸っぱいコーヒーになります。

爽やかな酸味のコーヒーではなく、舌を刺すような酸味です。

このような酸味のあるコーヒーはいわゆる美味しくないコーヒーとも言われているのです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
そうなんだね!コーヒー豆は腐ることがないんだ!

基本的にコーヒー豆は早く飲まないと味が落ちる

コーヒーには賞味期限があるのですが、ものによっては賞味期限がはっきりと書かれていないものも存在します。

では一体いつまで賞味期限がもつのか分からない際もあるでしょう。

また、コーヒー豆の製造メーカーによって賞味期限について大きな違いがる場合ではより不安になることもあるでしょう。

コーヒー豆は生鮮食品

コーヒー豆は、本来生鮮食品です。

鮮度が良い時にだけ、美味しいコーヒーを飲むことが可能ですが、鮮度が落ちると、当然ながら味が劣化してしまいます。

今回はそんなお悩みを解決していきます。

※筆者厳選のおすすめコーヒー豆
筆者が厳選する「珈琲きゃろっと」は、コーヒー鑑定士の国際認定資格を持つ焙煎士が注文を受けてから生豆を焙煎してくれます。世界でたった1台の自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・最高の鮮度・最高の焙煎」のコーヒー豆です。今なら初回限定!今だけ45%OFFコーヒー豆お試しセットが購入できます。私なら迷わず買いますね。
» 珈琲きゃろっと 初回お試しセットはこちら  

コーヒー豆の賞味期限は1ヶ月〜3ヶ月 ※腐ることはない

コーヒー豆の賞味期限は1ヶ月〜3ヶ月 ※腐ることはない

コーヒー豆は腐ることはないと上記で説明しましたが、賞味期限についてはどうでしょうか。

結論として、コーヒー豆状態での賞味期限では、1ヶ月〜3ヶ月が目安です。

しかし、この賞味期限は開封済の場合です。

未開封の場合は1年が目安

未開封の場合のコーヒー豆の賞味期限は、約1年になります。

※注意点として、賞味期限の記載は決まった範囲はありません。

つまり、あくまでも目安だということを念頭に置いておいてください。

焙煎した後のコーヒー豆の賞味期限ですが、これはコーヒー豆の製造メーカーによって非常に期間に幅があります。

あるA社はコーヒー豆の製造メーカーは1ヶ月くらいで賞味期限を設定しています。

一方で、B社は1年くらいで設定しているところも存在します。

この期間の差は「賞味期限」という言葉の定義から来ているのです。

コーヒー豆が腐る云々の前に!賞味期限と消費期限の違いとは?

コーヒー豆が腐る云々の前に!賞味期限と消費期限の違いとは?

世の中には消費期限と賞味期限が存在します。

念の為に図にまとめておきます。

  • 賞味期限
  • 消費期限

以上の2つです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
賞味期限と消費期限の違いは覚えておいたほうがいいね!

賞味期限

賞味期限は美味しく食べることが出来る期間です。

つまり、あくまで極端な話ですが、賞味期限を過ぎたとしても食べられないということはありません。

消費期限

消費期限は食べることが出来なくなる期間です。

そのためにあるコーヒーメーカーの会社は「焙煎してから1ヶ月以内が美味しい」と考え、「賞味期限」を1ヶ月に設定しているとことろも存在すれば、他のコーヒーメーカー会社は「1年くらいは美味しい」と考えて「賞味期限」を1年くらいで設定しているところもあるのです。

人によって美味しいと感じる範囲が曖昧

コーヒーだけに限らず、色々な食べ物や飲み物に関しては味の感じ方が異なっていて、美味しいと感じる範囲が曖昧です。

一概にはコーヒー豆の状態での賞味期限を言及するのは難しいのですが、あくまで目安として袋から未開封の場合には1年ほどで、袋から開封後は1ヶ月〜3ヶ月くらいを想定しておきましょう。

賞味期限&消費期限が切れたコーヒー豆を活用するには?※腐ることはない

賞味期限&消費期限が切れたコーヒー豆を活用するには?

では、賞味期限&消費期限が切れたコーヒー豆を活用するにはどうしたら良いのでしょうか?

コーヒー豆を保管しているとついうっかり賞味期限や消費期限が切れてしまうことがあるでしょう。

一度しか飲んでいないから、ほとんどが残っている…」というような経験をお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか?

勿体なく感じてしまい、何か良い活用方法はないものか思うでしょう。

その場合にはコーヒー豆のかすを再活用する方法と同じように、消臭や脱臭に活用したり、肥料として活用したりすることが出来ます。

賞味期限が切れて飲めなくなったコーヒー豆(コーヒー)も再活用することで有効に利用できるのです。

  • 消臭剤&除湿剤
  • 靴の消臭
  • 魚焼きグリルの脱臭
  • 肥料や防虫対策
  • 虫よけ…etc.

以上のようなことが挙げれます。

より詳しいコーヒー豆の再利用についての記事を見たいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆のおすすめ活用法8選!かすの上手く再利用しよう【厳選】
コーヒー豆のおすすめ活用法8選!かすの上手く再利用しよう【厳選】コーヒー豆のかすを上手に再利用するおすすめの活用法を8つご紹介していきます。賞味期限切れなどの古いコーヒー豆だと捨ててしまいがちですが、実は効率的にかすを活用する方法があります!捨てるのがもったいないと悩んでいる方は是非参考にしてみてください。...

コーヒー豆は腐るのではなく酸敗する

コーヒー豆は腐るの?具体的な賞味期限はどのくらいなのか【重要】

いかがだったでしょうか?

「コーヒー豆は腐るの?具体的な賞味期限はどのくらいなのか【重要】」というテーマでお伝えしました。

もう一度まとめておくと、コーヒー豆は腐るのではなく酸敗します。

コーヒー豆には賞味期限が設けられていますが、その範囲は曖昧だということです。

そして賞味期限が過ぎてしまっていたとしても、再利用する方法は他にもあります。

是非下の記事も参考にしてみてください。

コーヒー豆カスの意外な使い道7選!捨てるのは損です【保存版】
コーヒー豆カスの意外な使い道7選!捨てるのは損です【保存版】使用後のコーヒー豆カスの上手な使い道について7つご紹介していきます。今まで賞味期限切れになってしまい、捨ててしまった経験はありませんか?実はコーヒー豆カスには生活に役立つ使い道がたくさんあります!迷っている方必見ですよ。...
ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!