コーヒー

コーヒーの成分とは?気になる効果・効能から飲む際の注意点まで解説

コーヒーの成分とは?気になる効果・効能から飲む際の注意点まで解説
コーヒーに含まれる主な成分って何があるの?
コーヒー成分の効果はどのくらいあるの?気になる!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

この記事から分かること
  • コーヒーの主な成分
  • コーヒーを飲む際に気をつけるべきこと

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒーの主な成分とその効果・効能

コーヒーの主な成分とその効果・効能

コーヒーの主な成分をまとめると以下の通りになります。

  • カフェイン
  • ポリフェノール
  • コーヒーオリゴ糖

1つ1つ解説します。

コーヒーの主成分は水

前提として、コーヒーの主成分は水です。

豊かなコクと苦味、そして芳醇な香りのコーヒーには非常に多くの成分で作られているように感じられますが、実際はそうでもありません。

コーヒーの主成分のほとんどが水なのです。

98%以上が水分で作られていて、コーヒーの独特の味と香りを作り出している成分・栄養は、全体の2%にも満たしていないことを覚えておくといいでしょう。

カフェイン

コーヒーの最も特徴的な成分として知られているのがこのカフェインではないでしょうか?

日本茶や紅茶にも含まれている成分でもあります。

アルカロイドという化合物の仲間になります。アルカイドとは以下のとおりです。

植物中に存し、窒素を含む塩基性化合物の総称。ニコチン・コカイン・カフェインなど。

人畜に顕著な薬理作用をもつものが多い。

引用:全日本コーヒー協会

「薬理作用をもつものが多い。」とあるように、眠気冷ましなどの興奮作用、尿の排出を促す利尿作用などの効果が知られています。

近年カフェインが世界中の機関で研究され始めている

コーヒーは、日本で明治の頃まで薬として用いられてきました。

しかし、その後にコーヒーがみんなに知られるようになり、大衆化すると、その薬効成分はあまり注目されなくなっていきました。

ですが近年になり、カフェインがふたたび注目を集めるようになり、世界中の機関で研究されるようになりました。

理由としては非常に簡潔です。

それはカフェインは「集中力をアップし、計算能力を高める&運動能力を向上させる」という研究結果が出ているからです。

また「自律神経の働きを高める」という効果もあるため、コーヒーに含まれるカフェインを摂取すると、「体脂肪の燃焼が促進するのではないか」とそのダイエット効果にも期待が寄せられています。

コーヒーの成分に含まれるダイエット効果
コーヒーダイエットとは?その驚くべき効果と飲むべきタイミング【最新】コーヒーダイエットについて徹底解説していきます。コーヒーにはたくさんの成分が含まれていますが、その中にはダイエット効果が期待されています。最後には注意点をご紹介しつつ飲むべきタイミングなども細かく解説していくので、悩んでいる方は必見です! ...

ポリフェノール

コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノールという成分が豊富に含まれています。

コーヒーの褐色や苦味、香りの素です。

ポリフェノールは、植物が作り出す抗酸化物質でもあります。

そのため、赤ワインのアントシアニン、お茶のカテキン、ココアのカカオポリフェノールなどは皆ポリフェノールの仲間になります。

その他にも、野菜や果物にも多く成分として含まれ、その数は5000種類以上にも及ぶと言われています。

コーヒー1杯に対してお茶の約2倍のポリフェノールが含まれる

コーヒー1杯、つまり「約140ccには約280mgのポリフェノール」が含まれています。

これは赤ワインとほぼ同じで、お茶の約2倍にあたります。

コーヒーを飲むと、がんや糖尿病、動脈硬化などの予防に有効であるという研究成果がも出ています。

それにはポリフェノールが関係しているのではないかと言われており、近年注目されています。

コーヒーオリゴ糖

ある研究では、ドリップした後のコーヒーの中に、整腸作用など色々な健康機能を持ったオリゴ糖「コーヒーマンノオリゴ糖(コーヒーオリゴ糖)」呼ばれる成分があるという結果が出ています。

整腸効果以外ではこの「コーヒーオリゴ糖」に、体脂肪低減の効果がある成分も存在することも解明されています。

「コーヒーオリゴ糖」という成分は、馴染みがない言葉かもしれませんが、これから有名になっていくとも言われているかなり注目の成分です。

コーヒーの成分表とカロリーの一覧表

コーヒーの成分とカロリーの一覧表

コーヒーは農産物であるため、正確に言えば品種や収穫地、精製方法、焙煎方法などによって成分量は多少変化します。

そのため、今回は標準とされているブラックコーヒーの成分を基準にしていきます。

浸出液100g中の成分
カロリー4kcalリン7mg
水分98.6gTr:微量
たんぱく質0.2gナトリウム1mg
脂質Tr:微量カリウム65mg
炭水化物0.7gビタミンB20.01mg
灰分0.2gナイアシン0.8mg
カルシウム2mg

カフェイン量の一覧表

他の飲み物のカフェイン量の一覧表です。

液体100g中について比較していきます。

種類カフェイン量備考
レギュラーコーヒー0.06gコーヒー粉末10gを熱湯150mlで浸出
インスタントコーヒー0.06gインスタントコーヒー2gを熱湯140gに溶解
紅茶0.03g紅茶5gを熱湯360mlで1.5~4分浸出
煎茶0.02g茶10gを湯(90℃)430mlで1分浸出
ウーロン茶0.02g茶15gを湯(90℃)650mlで0.5分浸出
コーヒー専門家
コーヒー専門家
こうしてみてみると、レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーのカフェイン量は変わらないんだね!

コーヒーの主成分であるカフェインは注意が必要

コーヒーの主な成分であるカフェインは注意が必要

上記では、主にカフェインの効果についても解説しましたが、続いてはカフェインの副作用について見ていきます。

コーヒーの中でも最も注目せねばならないのは、カフェインです。

理由をまとめるとこんな感じです。

  • 睡眠の質を下げる
  • 頭痛の再発
  • カフェイン中毒
  • 妊婦への悪影響

特に寝る前のコーヒーは、カフェインの効果によって睡眠の妨げになります。

より詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒーのカフェイン量とは?摂取することの効果と副作用も解説
コーヒーのカフェイン量とは?摂取することの効果と副作用も解説コーヒーのカフェイン量について効果と副作用も踏まえて徹底解説していきます。コーヒーの含有量は一体どのくらいで、持続時間はいくらか気になりますよね…。最後にはおすすめのカフェインレスコーヒーもご紹介するので悩んでいる方は必見です!...

コーヒーの成分を理解してより充実したコーヒータイムを過ごそう!

コーヒーの成分とは?気になる効果・効能を徹底解説【決定版】

いかがだったでしょうか?

「コーヒーの成分とは?気になる効果・効能から飲む際の注意点まで解説」というテーマでお伝えしました。

もう一度まとめると、コーヒーの成分は主に4つに分けられます。

  1. カフェイン
  2. ポリフェノール
  3. コーヒーオリゴ糖

ほかにもタンパク質や脂質もありますが、気にする必要のないレベルの微量な量です。

そして、成分として一番有名なカフェインについてはしっかりとその効果と注意点を把握しておきましょう。

是非コーヒーの成分を理解して、より充実したコーヒータイムを過ごしましょう!

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!