コーヒー豆

コーヒー豆にツヤが出来る理由とコーヒーの味に与える影響とは?

コーヒー豆にツヤが出来る理由とコーヒーの味に与える影響とは?
コーヒー豆のツヤツヤした感じは何なのかな?
コーヒー豆の油が原因なのかな?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • コーヒー豆に艶ができる原因
  • その艶が与える影響
  • 焙煎度合いや抽出方法による変化

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒー豆にツヤが出る理由

本題:コーヒー豆にツヤが出る理由

では本題のコーヒー豆にツヤが出る理由について解説していきます。

コーヒー豆のツヤは、コーヒー豆の油分である「コーヒーオイル」と呼ばれるものが原因で起きます。

添加物などではなく、本来コーヒー豆がもっている成分のことなのです。

コーヒー豆は、アカネ科の常緑種である「コーヒーノキ」という植物の種子のことです。

そのコーヒー豆を精製、脱穀して生豆にしていきます。

コーヒー豆のツヤは植物が本来必要とする油

コーヒー豆も植物の種子であるため、ごまの種子から作るごま油や日本でも古くから整髪などに使っていた椿油などと同様に、種子に油が含まれていることは、何ら不思議なことではないでしょう。

植物にとって種子に含まれる油分は、芽を出して自分で光合成をして成長するまでの成長過程において、必要な栄養分というわけです。

コーヒー豆にツヤが出てくるのは、腐ったりしているわけでもないため、心配はあまり必要ありません。

コーヒー豆のツヤが与える影響

コーヒー豆のツヤが与える影響

では、コーヒーのツヤが与える影響について解説していきます。

一般的に飲食物は油分があるほうがコクを感じたり、味に深みを感じリすることが多いと言われています。

コーヒーも同様に、油が多く抽出されているほうが、まろやかで甘みを感じるという理由から、好む方も多いのでしょう。

しかし、これはあくまでも好みの問題であるため、すっきりとしたコーヒーを好む人は、コーヒーオイルが出ていないほうが、美味しいと感じる可能性は高いです。

コーヒーのツヤが出ているということは、油が多く抽出されるためまろやかで甘みを感じやすいという影響が出てきます。

結果的にはコーヒーは嗜好品なので、最後はその人の好みになります。

  • コーヒー豆のツヤが多い:まろやかで甘みを感じやすい
  • コーヒー豆のツヤが少ない:すっきりとしていて飲みやすい

焙煎度合いでコーヒー豆のツヤが変わる

焙煎度合いでコーヒー豆のツヤが変わる

これは意外かと思いますが、コーヒー豆の焙煎度合いの違いによってコーヒー豆のツヤが変わってきます。

コーヒー豆の焙煎度合いは大きく分けて8種類あります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】
コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】今回はコーヒー豆のローストについて徹底解説していきます。ローストとは何かから、その違いまで具体的にお伝えしつつ、自宅で出来るコーヒー豆の焙煎方法についても教えます!正しい時間で美味しいコーヒーを飲みませんか?...

コーヒー豆は、基本的に、焙煎度合いが低い順に、浅煎り・中煎り・深煎りとなっています。

そしてコーヒー豆の焙煎度合いが強いほど、コーヒー豆のツヤがたくさんあります。

コーヒー豆の脂質は、約12%~20%含まれています。

これが焙煎という作業を通ることで、油分となり表面を覆います。

それにより、コーヒー豆をツヤツヤにするのです。

焙煎することで水分が抜ける

理由としては焙煎することでコーヒー豆から水分が抜け、焙煎度の浅い豆よりもコーヒーオイルの比率が高くなるからなのです。

ツヤの原因である、油の量が増減するわけではなく、コーヒー豆そのもの水分が抜け、相対的に比率が高くなるわけです。

焙煎度合いロースト時間
ライトロースト短い
↑↓
長い
酸味が強い
↑↓
苦味が強い
シナモンロースト
ミディアムロースト
ハイロースト
シティロースト
フルシティロースト
フレンチロースト
イタリアンロースト

つまりここから言えることは以下の通り。

  • ライトロースト・シナモンロースト・ミディアムローストなどは浅煎りのため、ツヤが少ない
  • フルシティロースト・フレンチロースト・イタリアンローストなどは深煎りのため、ツヤが多い

抽出方法でもコーヒー豆のツヤが変わる

抽出方法でもコーヒー豆のツヤが変わる

ここまでは、焙煎度合いでコーヒー豆のツヤが変わることをお伝えしましたが、抽出方法を変えることでもツヤも多く出来たり、少なく出来たりします。

ツヤを変える方法は以下の2通りです。

  1. ペーパーフィルター、カップオンタイプドリップバッグ
  2. フレンチプレス・浸ける型ドリップバッグ

ペーパーフィルター・カップオンタイプドリップバッグを使う

コーヒー豆のツヤをあまり抽出したくない場合には、ペーパーフィルター、カップに乗せるタイプのカップオンドリップバッグなどが適しています。

コーヒー豆を挽いた粉にお湯を通してコーヒー成分を摘出する「透過式」という方法が合っているでしょう。

ドリップしている際に膨らんだ豆が上部に油分が残ることや、素材である紙がコーヒー豆のツヤ(油)を吸着するため、コーヒー豆の油は少なくなり、雑味が少ないキレのあるコーヒーを作ることが出来るのです。

フレンチプレス・浸ける型ドリップバッグ

コーヒー豆のツヤを少なくしたい方向けにはフレンチプレスや浸ける型ドリップバッグがおすすめです。

フレンチプレスは、コーヒーの粉がお湯に浸った状態で抽出するため「浸漬式」と呼ばれます。

粉や紙にコーヒーの成分が付着せずにそのまま直接抽出されるため、コーヒー豆のツヤの量も多くなります。

浸ける型ドリップバッグも同様です。

いずれにせよ、料理などに使用する油と同じで、コーヒー豆のツヤも油分である以上、気をつけたいのが時間の経過とともに進む酸化です。

酸化は、コーヒー豆にとっては天敵です。

酸化について詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆の臭いが気になる方必見!香りで酸化の度合いを判断しよう
コーヒー豆の臭いが気になる方必見!香りで酸化の度合いを判断しようコーヒー豆の臭いについて徹底的にご紹介します。コーヒー豆を保存していると嫌な納豆の臭いなどが出てくることがあります。これを防ぐための方法を解説すると共に、適切な保存方法についてもお伝えします!悩んでいる方は必見ですよ。...

風味の劣化スピードを抑えるためにも、保存には気をつけて、美味しいコーヒー生活を楽しみましょう。

適切なコーヒー豆のツヤは味に深みをもたらす

コーヒー豆にツヤが出来る理由とコーヒーの味に与える影響とは?

いかがだったでしょうか?

「コーヒー豆にツヤが出来る理由とコーヒーの味に与える影響とは?」というテーマでお伝えしました。

まとめると、適切なコーヒー豆のツヤは味に深みをもたらすということです。

コーヒー豆のツヤは悪いのではなく、自然に含まれている油、脂質になります。

うまく利用していきたいところですね。

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!