コーヒー

コーヒーの苦味とは?種類や淹れ方の違いからおすすめの豆&粉まで

コーヒーの苦味とは?種類や淹れ方の違いからおすすめの豆&粉まで
コーヒーの苦味の正体ってなんなのかな?
コーヒーの淹れ方によって苦味も変わってくるの?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • コーヒーの苦味の正体
  • 苦味が強いコーヒー豆の種類
  • 苦味を上手にコントロールする淹れ方
  • おすすめのコーヒー豆&粉

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒーの苦味は2種類

コーヒーの苦味は2種類

結論として、コーヒーの苦味は2種類あります。

1つはコーヒー豆に含まれている成分の苦味、もう1つは焦げによる苦味です。

  1. 苦味成分
  2. 焦げによる苦味

一つ一つ解説していきます。

苦味成分

コーヒーチェリーと呼ばれる果実の種子であるコーヒー豆には、苦味を作り出すもとになる成分がたくさん含んでいます。

コーヒー豆を収穫・精製してすぐの状態(生豆)を食べてみると、苦味はほとんど感じられないのです。

あのコーヒー独特の苦味は、焙煎する過程で生まれるというわけです。

焙煎することで化学変化が起こる

生豆を焙煎し、じっくりと加熱することで色々な成分が化学変化を起こします。

なんと数百種類の成分がコーヒー豆内に生じてきます。

そして、その一部に苦味を示す成分があります。

苦味成分として、カフェインやクロロゲン酸、褐色色素、トリゴネリンなどがあります。

大きくわけると、以下の3つになります。

  • カフェイン
  • トリゴネン
  • クロロゲン酸

これも深掘っていきます。

カフェイン

コーヒー豆に含まれている成分としてよく知られているのがカフェインです。

コーヒーの代表的な苦味成分ですが、実は苦味全体の1割程度(10%〜15%)しか含まれていません。

カフェインだけが苦味の原因ではないということになります。

また、カフェインはコーヒーだけでなく、緑茶・紅茶・ココア・チョコレートなどの食品にも含まれているのです。

カフェインについてもっと知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒーのカフェイン量とは?摂取することの効果と副作用も解説
コーヒーのカフェイン量とは?摂取することの効果と副作用も解説コーヒーのカフェイン量について効果と副作用も踏まえて徹底解説していきます。コーヒーの含有量は一体どのくらいで、持続時間はいくらか気になりますよね…。最後にはおすすめのカフェインレスコーヒーもご紹介するので悩んでいる方は必見です!...

クロロゲン酸

クロロゲン酸も苦味成分の1つになります。

そして、クロロゲン酸は渋味成分でもあります。

この渋味成分により、苦味を強める効果があるという研究結果があります。

トリゴネン

トリゴネンという言葉は聞きなれないかもしれませんが、コーヒー豆にはトリゴネンという苦味成分が含まれています。

コーヒーの生豆からありますが、苦味自体は弱く、焙煎の段階でさらに少なくなります。

そのため、苦味全体の1%も満たないほど量です。

このように、カフェイン・トリゴネン・クロロゲン酸の3つが苦味成分として存在します。

言ってみれば、この成分による苦味がコーヒー豆自体が持っている純粋な苦味というわけです。

コーヒー豆の種類や銘柄によって成分が違うため、苦味も変化してきます。

そして、一番代表的なカフェインでも苦味全体の1割程度しかないため、本来ある苦味成分だけがコーヒーが苦い理由ではないということが分かります。

そのためコーヒー豆の種類や焙煎の仕方、ドリップの抽出の仕方などが関わってくるのです。

焦げによる苦味

2つ目は、焙煎過程によって生じた「焦げ」による苦味になります。

焼き肉をした際に、火力が強すぎると炭みたいに焦げてしまうことがよくありますよね。

見た目ではなかなか気付きにくいですが、コーヒー豆の焙煎でも火加減や焙煎の方法次第で焦げること多々あります。

特徴としては長い苦味がずっと続くような味わいです。

コーヒー豆自体が持つ苦味とは厳密に違います。

焦げというとマイナスなイメージを持ってしまいがちですが、焦げた味ももちろん味わいの1つになります。

深煎りローストのコーヒーは苦い

焦げとはつまり、焙煎のことを意味します。

そして、深煎りのコーヒー豆の方が浅煎りの豆よりも苦味が強くなります。

コーヒー豆の焙煎(ロースト)は8つの段階に分かれており、深煎りだとフレンチローストやイタリアンローストといった焙煎になります。

詳しく焙煎について知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】
コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】今回はコーヒー豆のローストについて徹底解説していきます。ローストとは何かから、その違いまで具体的にお伝えしつつ、自宅で出来るコーヒー豆の焙煎方法についても教えます!正しい時間で美味しいコーヒーを飲みませんか?...

濃厚で刺激的&苦い味になりやすいです。

エスプレッソも苦い

イタリアンローストコーヒー豆はエスプレッソに使用されることが多々あります。

「エスプレッソ」とは、細挽きのコーヒー豆を専用のマシンで高温高圧で抽出したコーヒーのことです。

苦味が凝縮されており、味も濃厚なのが特徴的なので、砂糖を入れて飲むのが一般的です。

苦味が強いコーヒー豆の種類

苦味が強いコーヒー豆の種類

では続いて、苦味が強いコーヒー豆の種類について解説していきます。

このポイントを見て、正しいコーヒー豆の選び方も学んでおくと良いでしょう。

コーヒー豆の種類によって苦味の強さは全く違います。

苦味が強いコーヒー豆として人気がある種類としては、ブラジル&マンデリンです。

以下で説明していきます。

ブラジルサントス

ブラジルは、世界最大のコーヒー豆生産国としても知られています。

そんなブラジル産のコーヒー豆は苦味が強いだけでなく、バランスが良いため、ブレンドコーヒーのベースの豆として使われることが多いと言われています。

よい詳しくブラジルのコーヒー豆を知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

ブラジルコーヒーの特徴とは?豆の種類から美味しい飲み方まで解説
ブラジルコーヒーの特徴とは?豆の種類から美味しい飲み方まで解説ブラジルコーヒーの特徴とその種類・銘柄や美味しい飲み方まで徹底解説していきます。生産量世界第1位のブラジルコーヒーのどのような味がするのか気になりますよね…。農園の知られざる歴史や等級、おすすめまで幅広くご紹介するので、気になっている方は必見です!...

マンデリン

マンデリンはインドネシアのスマトラ島で生産されているコーヒー豆になります。

苦味がしっかりとした高級品です。

強い苦みとしっかりとしたコクが特徴的なコーヒー豆です。

酸味はほとんどないため、独特な後味が感じられます。

苦味が少ないコーヒー豆の種類

苦味が少ないコーヒー豆の種類

では逆に苦味が少ないコーヒー豆の種類はどんなものがあるのでしょうか?

まとめると以下の通り。

  • モカ:独特な酸味がありフルーティな味わいで、チョコレートのような香りも特徴。
  • コナ:香り豊かで後味が良く、さっぱりと飲めるコーヒー豆。
  • キリマンジャロ:キリッとした酸味とコクが特徴。

キリマンジャロに関してより詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

キリマンジャロコーヒーとは?特徴・淹れ方からおすすめ3選まで紹介
キリマンジャロコーヒーとは?特徴・淹れ方からおすすめ3選まで紹介キリマンジャロコーヒーについて徹底解説していきます。キリマンジャロコーヒーとはそもそも何かから、特徴・淹れ方、おすすめの豆&粉まで幅広くご紹介します。また味や酸味なども細かく解説していくので迷っている方は必見です!...

コーヒーの苦味は淹れ方でコントロールできる

コーヒーの苦味は淹れ方でコントロールできる

結論、苦味は淹れ方でコントロール出来ます。

今回は嫌な苦味を旨みにする方法についてご紹介していきます。

苦味を少なくするポイントは大きく2つあります。

  1. 少なめの量で粗く挽いたコーヒー豆を使用する
  2. 低い温度のお湯を素早く注いでドリップする

以上の2つになります。

少なめの量で粗く挽いたコーヒー豆を使用する

焙煎されたコーヒー豆はコーヒーミルを使って粉状にしていきますが、挽き方によって変化してきます。

コーヒー豆を細かく挽いた方が、コーヒーの成分が抽出されやすくなるため、その分苦くなってしまいます。

また、コーヒーの成分を多くするためには当然のことながら、使用するコーヒー豆の量を増やすことです。

そうすることで苦くて濃いコーヒーが淹れられるため、苦味を抑えたい場合はその逆をすればいいのです。

低い温度のお湯を素早く注ぐ

挽いた豆にお湯を注ぎますが、お湯を注ぐスピードやお湯の温度によっても苦味の強さは変化します。

一般的にコーヒーをドリップする際ののお湯の温度は85℃〜95℃ほどがいいといわれていますが、95℃以上のお湯で淹れると苦味が強くなります。

お湯を注ぐスピードですが、なるべく遅くゆっくりとお湯を淹れて抽出することで、苦味も強くなるのだとも言われています。

苦味を抑えたいのであれば、これも逆に考えればいいです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
低い温度のお湯を素早く注ぐということですね!

コーヒーの淹れ方で苦味をコントロールするためには、コーヒー豆の挽き方・量・お湯の温度・お湯を注ぐ素早さが重要というわけです。

苦味が特徴のおすすめコーヒー豆&粉2選

苦味が特徴のおすすめコーヒー豆&粉2選

最後に苦味が特徴の美味しいおすすめコーヒーをご紹介していきます。

合わせて2つあります。

  1. AGF ちょっと贅沢な珈琲店 キリマンジャロブレンド
  2. 東京コーヒー ナチュラル ブレンド

1つ1つ解説していきます。

1. 苦味をおさえて酸味を重視したコーヒー粉「AGF ちょっと贅沢な珈琲店 キリマンジャロブレンド」

AGF マキシム レギュラーコーヒーちょっと贅沢な珈琲店

1つ目は「AGF ちょっと贅沢な珈琲店 キリマンジャロブレンド」。

こちらのコーヒー粉はキリマンジャロの酸味が非常に強く感じられ、苦味をうまくおさえられているのが特徴です。

AGF独自の”T2ACMI焙煎”技術によって、丁寧に焙煎した豊かなコクと深く濃い香りが楽しめます。

プロが淹れたような贅沢な味わい

珈琲店のマスターがハンドドリップで淹れたような贅を尽くしたような、奥深い味わいと香りが楽しめるレギュラーコーヒー粉に仕上がっています。

コーヒー特有の苦味が苦手だという方は是非購入してみてください。

価格は¥1,382とコスパ抜群です。

2. パンチの効いたマンデリンのコーヒー豆「東京コーヒー ナチュラル ブレンド」

第14位. コーヒー本来の味わいが楽しめるおすすめコーヒー豆&粉「東京コーヒー ナチュラルブレンド」

2つ目は「東京コーヒー ナチュラル ブレンド」。

パンチの効いたマンデリンコーヒーとなっていて、自家焙煎ならではの新鮮な味わいや香りが楽しめるのが特徴です。

また100%ナチュラル&無農薬だから安心安全。

味・健康作用・環境へ影響・色々な理由で、厳選されたコーヒー豆なのです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
「東京コーヒー」は無農薬ブレンドだから信頼できるね!

価格は¥1,419とこちらもコスパ抜群。

コーヒー豆の苦味は美味しく出来る

コーヒーの苦味とは?種類や淹れ方の違いからおすすめの豆&粉まで

いかがだったでしょうか?

「コーヒーの苦味とは?種類や淹れ方の違いからおすすめの豆&粉まで」というテーマでお伝えしました。

まとめると、コーヒー豆の苦味は美味しく出来るます。

選ぶ際にも今回お伝えした品種を買ったり、淹れ方を一手間かけるだけで全く違った苦味になります。

あの独特なコーヒー豆の嫌な苦味ではなく、心地いいと感じる苦味を出せることを願っています!

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!