コーヒー

深煎りコーヒーの特徴とは?浅煎りとの違いからおすすめの豆まで【厳選】

焙煎度合いを理解して深煎りのコーヒーをもっと楽しもう!
深煎りってどんな意味があるの?深煎りコーヒーが気になる…。
深煎りコーヒーのおすすめ豆が知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • そもそも深煎りと何か
  • コーヒーの深煎り・中煎り・浅煎りの違い
  • 焙煎度合い
  • 深煎りのおすすめのコーヒー豆

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

そもそも深煎りとはどんな意味?

深煎りコーヒーの特徴

深煎り・中煎り・浅煎りの違いをご紹介していく前に、そもそも深煎りとはどんな意味なのか解説していきます。

結論、深煎りとは時間をかけて焙煎することを意味します。

深煎りは必ずしもコーヒーだけに限らず、煎茶やきな粉などにも表現として使わていたりします。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
深煎りのごまドレッシングなんて言葉もよく耳にするね。

味は苦みが強くなり、エスプレッソなどに向いています。

コーヒーの深煎り・中煎り・浅煎りの違い

コーヒーの深煎り・中煎り・浅煎りの違い

では早速コーヒーの深煎り・中煎り・浅煎りの違いを解説します。

コーヒーは基本的に、「生豆」という状態で生産国から日本に輸入されます。

煎り(焙煎)は、国内で行われる工程でコーヒー味を大きく左右します。

この煎り度合い(焙煎度合い)を大きく分けると「深煎り」「中煎り」「浅煎り」の3つに分かれてくるわけです。

以下で一つ一つ解説していきます。

深煎りの特徴

一番焙煎度が深く、色々なメニューに使用される煎り度合いなのが深煎りです。

コーヒーの特徴的な香ばしい香りが感じられます。

深煎りコーヒーの特徴はなんと言っても苦味。

苦味が強いコーヒー豆を使用すれば苦味が増し、非常にしっかりとした味わいになります。

酸味については、ほとんど感じることはないでしょう。

深煎りコーヒー豆の見た目は、濃い茶褐色から黒褐色で、ツヤツヤとした印象が特徴的。

おすすめの飲み方

深煎りのコーヒーはやはり苦いため、朝や食後のシャキッとしたい際にぴったり。

ミルク、砂糖をたっぷり入れて飲んだり、カフェオレなどにして飲むのもおすすめです。

スパイスの効いた食事やスイーツとの相性も良いでしょう。

中煎りの特徴

広く親しまれるバランスの取れた煎り度合いなのが中煎りです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
中煎りという言葉からもちょうど中間だということは分かるね!

市販、スーパーのレギュラーコーヒーやホットコーヒーとして提供されているものであれば、大半が中煎りでしょう。

中煎りコーヒーの特徴は、豆本来の味わいを感じやすいことです。

豆の見た目は、深煎りの豆に比べて色が明るく、固さがあります。

おすすめの飲み方

おすすめはブラックコーヒーでコーヒー豆本来の味を楽しんでいただくことです。

そこで苦みを感じたら砂糖を、酸味を感じたらクリームを加えて、お好みに合わせて堪能しましょう。

浅煎りの特徴

浅煎りは苦味が少なくさっぱりとした味わいの煎り度合いです。

焙煎が難しいとされる浅煎りは近年、コーヒーの苦味を感じずに爽やかでフルーティーな味が楽しめるとして人気を集めています。

酸味をより感じられるのが浅煎りです。

見た目は、こんがりきつね色で表面の質感はマットです。

おすすめの飲み方

軽い飲み心地のためお茶のように飲むことができます。

そのため、焼き菓子との相性は抜群です。

紅茶、シフォンケーキなどと合わせるのもおすすめでしょう。

深煎り・中煎り・浅煎りの特徴一覧

これまで解説してきたことをまとめると、以下のようになります。

煎り度合い特徴
深煎り香ばしいロースト感と苦味系の味わい
中煎り酸味・苦味・甘みのバランスが良く、日本人に好まれる味わい
浅煎り酸味系のさっぱりとした味わい

深煎りのほうが焙煎の時間が長く、浅煎りは反対に短いです。

深煎りから浅煎りを決める焙煎とは?

深煎りから浅煎りを決める焙煎とは?

ではここで、深煎りから浅煎りを決める焙煎について詳しく解説していきます。

焙煎とは簡単に言うと、生豆に熱を加え乾燥させることで、化学変化させることを表します。

本来、コーヒーの生豆は白っぽく緑色をしていて、そのままだと到底飲むことができません。

コーヒーは「焙煎」という作業により化学変化が起き、特徴的な苦味や酸味、香りなどが引き立つようになるのです。

8段階の煎り度合い

焙煎には合わせて8段階の煎り度合いがあります。それが以下の通りです。

焙煎(煎り)度合いロースト時間
ライトロースト 

短い


長い

 

酸味が強い


苦味が強い

シナモンロースト
ミディアムロースト
ハイロースト
シティロースト
フルシティロースト
フレンチロースト
イタリアンロースト

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】
コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】今回はコーヒー豆のローストについて徹底解説していきます。ローストとは何かから、その違いまで具体的にお伝えしつつ、自宅で出来るコーヒー豆の焙煎方法についても教えます!正しい時間で美味しいコーヒーを飲みませんか?...

深煎りのおすすめのコーヒー豆4選

深煎りのおすすめのコーヒー豆4選

ここでは深煎りのおすすめのコーヒー豆を4つご紹介します。

まとめると以下の通り。

  1. 澤井珈琲 ファミリーブレンド セット
  2. Musetti ロッサ コーヒー豆
  3. ヒルス コーヒー (粉) リッチブレンド AP
  4. AGF ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒー フォーサーブ 重厚なコク

1つ1つ解説していきます。

1. 家族みんなで毎日飲める深煎りコーヒー「澤井珈琲 ファミリーブレンド セット」

澤井珈琲 コーヒー豆 2種類

こちらのコーヒー豆はなんと言ってもコストパフォーマンスが抜群!

500g×2袋入って値段はなんと¥1,890。

深煎りのため、苦味とボディのある味が好きな人はストレートで飲むのがおすすめです。

またミルクなどをたっぷり入れてカフェオレにしても美味しく飲むことができます。

家族みんなでコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

コーヒー豆の詳細情報

価格¥1,890
内容量500g×2袋
生産国名ブラジル・インドネシア

2. ミルクとの相性抜群の深煎りコーヒー豆「デロンギ Musetti ロッサ コーヒー豆」

Musetti ロッサ コーヒー豆

こちらの深煎りコーヒー豆は、1934年にイタリアで創業した老舗コーヒーメーカ、Musetti(ムセッティー)が提供する商品です。

ヨーロッパやアメリカなどでは”正真正銘のイタリアンエスプレッソ”と称されているほど。

厳選された豆のみを使用し、イタリア語で楽園を意味する「パラディソ」というブレンド施されています。

甘い香りとほのかなフルーティさが特徴的で、深煎り特有のビターで苦味のあるしっかりしたボディがあります。

コーヒーの苦味が好きな方はもちろんストレート、苦手という人にはミルクとの相性が良いコーヒーです。

コーヒー豆の詳細情報

価格¥1,290
内容量250g
生産国名ブラジル、インドなど
created by Rinker
Musetti(ムセッティー)
¥1,173
(2020/12/02 15:40:05時点 Amazon調べ-詳細)

» 公式サイトで購入するならこちら

3. 超人気の深煎りコーヒー「ヒルス コーヒー (粉) リッチブレンド AP」

第12位. 香り高い&コスパ抜群のおすすめコーヒー豆&粉「ヒルス リッチブレンド」

コーヒー豆ではベストセラーともなっているこちらのコーヒーは、厳選したベトナム、ブラジル産のコーヒー豆を使用しています。

アメリカのサンフランシスコで生まれ”コーヒーの元祖”として親しまれている老舗コーヒーブランドが提供するコーヒーになります。

酸味が少なく、豊かなコクと芳醇な香りが特徴的。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
飲みごたえがあるコーヒーが好きな方に特におすすめだよ!

コーヒー豆の詳細情報

価格¥982
内容量750g
生産国名ベトナム・ブラジルなど
created by Rinker
HILLS(ヒルス)
¥999
(2020/12/02 18:28:39時点 Amazon調べ-詳細)

4. 深煎りならコレ「AGF ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒー フォーサーブ 重厚なコク」

AGF ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒー フォーサーブ 重厚なコク

コーヒーサーバーなどで長時間保温しても美味しさが保てるコーヒー豆です。

風味の劣化を抑えるために厳選したコーヒー豆をブレンド。

またAGF独自の”T2ACMI焙煎”でじっくりと焙煎することによって、保温後の気になる雑味&酸味を少なくしてくれています。

芳ばしい香りとしっかりとしたコクが特徴的。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
長くコーヒーを楽しみたいという方に特におすすめ!

コーヒー豆の詳細情報

価格¥799
内容量520g
生産国名コロンビア、エチオピアなど

焙煎度合いを理解して深煎りのコーヒーをもっと楽しもう!

焙煎度合いを理解して深煎りのコーヒーをもっと楽しもう!

いかがだったでしょうか?

「深煎りコーヒーの特徴とは?浅煎りとの違いからおすすめの豆まで【厳選】」というテーマでお伝えしました。

深煎りは焙煎している時間が長いため、その分味も濃くなり苦くもなります。

そのためコーヒーらしい味わいが楽しめるのも魅力です。

中煎り・浅煎りとの違いをしっかりと理解しながら深煎りのコーヒーをもっと楽しんでみて下さい!

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!