ダイエット

コーヒーは太るのか?その原因と痩せる飲み方を徹底解説【決定版】

コーヒーを飲むと太る原因
コーヒーを飲むことで太るの?それとも痩せるの?
コーヒーの太る飲み方って何?痩せる飲み方は?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

この記事から分かること
  • コーヒーの飲みすぎによる体への影響
  • コーヒーを飲むと太る原因
  • 痩せる飲み方

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒーは飲みすぎると太る

コーヒーは飲みすぎると太る

結論、コーヒーは飲みすぎると太ります。

最近ではコーヒーダイエットという言葉をよく聞きます。

これはコーヒーのダイエット効果を期待して、ダイエットしたい方がブラックコーヒーを飲むというものになります。

他にも「バターコーヒーダイエット」という、コーヒーの中に少し特殊なバターを入れる方法もあります。

これによって、腹持ちをよくして他のものを食べなくなり、結果としてダイエットできるという方法も話題になりました。

しかしながら、コーヒーはダイエット効果が期待できるとしても実際はその適量を誤ってしまうと太ってしまいます。

コーヒーを飲むと太る原因

コーヒーを飲むと太る原因

ここからはコーヒーを飲むと太る原因について見ていきましょう。

原因をまとめると以下の通りです。

  • コーヒーに含まれるカフェインで太る
  • カフェインで睡眠不足になって太る
  • 砂糖などによって太る

1つ1つ解説します。

コーヒーに含まれるカフェインで太る

コーヒーが痩せる原因の1つとしてカフェインがありますが、カフェインをあまりにも摂取し過ぎると太る原因になるとも言われています。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
紙一重なんだね…。

カフェインには”コルチゾール”というストレスホルモンを増加させる作用があります。

コルチゾールが増加すると、食欲抑制の働きをするセロトニンが減ってしまい、体が糖分を欲するようになります。

それによって、通常よりも多くの糖分を摂取し、脂肪が増えて太るようになります。

また脂肪の分解をする働きを抑制する作用もあるため、カフェインを摂取しすぎると逆に太るというわけです。

カフェインで睡眠不足になって太る

コーヒーのカフェインを摂取するとその覚醒作用により、寝られなくなることは有名でしょう。

夜寝る前にコーヒーを飲んで寝つきが悪くなり、それが原因で太るようになります。

コーヒーを飲んでも問題なく眠ることができる!という方でもあっても、実際には睡眠の質が悪化していることは大いにあります。

寝てる間に作られる成長ホルモンが十分に作られなくなる可能性がある、というわけです。

成長ホルモンには脂肪燃焼の効果がありますが、成長ホルモンがコーヒーの飲み過ぎによって抑制されることによって太ることがあります。

砂糖などによって太る

当然ですが、ブラックコーヒーは苦くて飲めないから砂糖などを入れてしまうと、その分のカロリーは増えます。

それが太る原因となるわけです。

実際はブラックコーヒーのままであればカロリーはほとんどありません。

マグカップ1杯飲んでも4kcalくらいでしょう。

しかし、そのコーヒーの中に砂糖やミルクを入れると20kcalくらいまで増えることも大いにあります。

※その量によります。

そのためコーヒーで使ってダイエットを試みても、砂糖をたくさん入れてしまっては逆に太ることに繋がってしまうのです。

カフェオレは特に砂糖が多く含まれる

また、よくカフェオレは太ると耳にするはずです。

カフェオレを飲むと太ると言われている1つの原因は、市販のカフェオレの砂糖の量が多いということにあります。

コンビニやスーパーで販売されているカフェオレは、非常に甘いです。

これは砂糖がたっぷり入っているため。

このような市販のカフェオレを習慣的に飲んでいるのであれば、ダイエットの成果は出にくいでしょう。

そのためダイエット中は、市販のカフェオレはおすすめできません。

コーヒーで痩せる飲み方とは?太る原因をなくそう

コーヒーで痩せる飲み方とは?太る原因をなくそう

ここではコーヒーで痩せる飲み方について解説していきます。

結論、太らずにコーヒーを飲むにはまず何よりもコーヒーを飲みすぎないことが大切。

人間が1日に摂取できるカフェイン量は決まっています。

体格や体調によって個人差はあるものの、一般的に飲む量は3杯までにしておきましょう。

コーヒーのカフェイン量とは?摂取することの効果と副作用も解説
コーヒーのカフェイン量とは?摂取することの効果と副作用も解説コーヒーのカフェイン量について効果と副作用も踏まえて徹底解説していきます。コーヒーの含有量は一体どのくらいで、持続時間はいくらか気になりますよね…。最後にはおすすめのカフェインレスコーヒーもご紹介するので悩んでいる方は必見です!...

寝る前に飲むのを避ける

また、夜寝る前にコーヒーを飲むのも控えましょう。

上記でも説明しましたが、寝る前にコーヒーを飲んでも大丈夫という方であっても、実際には睡眠の質がかなり落ちている危険性があります。

どうしてもコーヒーを1日に3杯以上は飲まないと生活や仕事ができないという方は、カフェインレスコーヒーがおすすめ。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
カフェインレスコーヒーだから、カフェインの影響を受けることがないね!
10. オーガニックのカフェインレスコーヒー「マウントハーゲン オーガニックフェアトレード」
カフェインレスコーヒーのおすすめ11選!基礎知識も踏まえて徹底比較カフェインレスコーヒーのおすすめを11選ご紹介していきます。気になるカフェイン量やカフェインレスコーヒーの効果など基礎知識を踏まえつつ、おすすめの豆&粉をお伝えします。カルディやスタバ、タリーズなどの人気商品も解説するので是非参考にしてください。 ...

コーヒーを適切に飲めば太ることはない!

コーヒーを適切に飲めば太ることはない!

いかがだったでしょうか?

「コーヒーは太るのか?その原因と痩せる飲み方を徹底解説【決定版】」というテーマでお伝えしました。

コーヒーダイエットと今非常に話題ですが、実際には飲みすぎるとカフェインの副作用によって逆に太る原因になってしまうこともあります。

コーヒーの飲む量を守ってしっかりと適切に管理できれば、痩せることも期待できるでしょう!

コーヒーダイエットを試してみたいという方はこちらの記事は必読です。

カフェテイン
カフェテインとは?口コミから効果までの評判を徹底解説【決定版】痩せない・痩せるなどで話題のカフェテインについて徹底解説していきます。気になるカフェテインの口コミから効果効能まで評判を細かくお伝えします。飲むタイミングや成分についても踏まえつつ、おすすめのポイントをご紹介するので、迷っている方は必見です! ...
ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
TVや雑誌で話題のチャコールバターコーヒー

チャコールバターコーヒーTVや雑誌などで多数注目を集めている「バターコーヒーダイエット」。

海外セレブも実践する”朝の習慣”は、1杯の香り高いコーヒーが燃焼モードに早変わり!

活性炭入りバターコーヒーで、累計12万セットを突破しています。

バターコーヒーをお湯や水で割るだけで作れるインスタントタイプです。

豆乳で割るとラテにもなるので、幅広い調理方法が楽しめます。

Amazonのレビューは800件以上で、星4つと高評価!

圧倒的な手軽さ毎日使い続けると、その手軽さに気付きます
美味しさ香り高い美味しさが特徴
体感があるお腹が空かなくなる、お通じがよくなったなどの意見があった
LINEでの接客LINEで即相談できる仕組みを作っています
価格¥1,980(1杯63円と圧倒的に安い

» チャコールバターコーヒーはこちら

こちらの記事もおすすめ!