コーヒー豆

コーヒー豆の違いとは?種類から味わいの特徴まで徹底解説【決定版】

コーヒー豆の違いとは?種類から味わいの特徴まで徹底解説【決定版】
ぶっちゃけ、コーヒー豆の違いって何なのかな…
コーヒー豆の違いが分かれば買うときも楽そうだよね!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • 具体的なコーヒー豆の違い
  • コーヒーの違いを効率的に知るコツ

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒー豆の品種の違い

コーヒー豆の違いを知ろう!コーヒー豆の品種は2種類

日本に輸入されるコーヒー豆の品種は2種類と言われています。

それはアラビカ種とロブスタ種に分けられます。

コーヒー豆を選ぶ際に豆の品種を気にする機会は少ないかもしれませんが、豆知識としても覚えておくと良いでしょう。

いざ「コーヒー豆を買いたい!」となったときに役に立ちますよ。

アラビカ種の特徴

まずは日本へ輸入されるコーヒー豆のうち約6割を占めるアラビカ種から解説していきます。

アフリカのエチオピアが原産のアラビカ種のコーヒー豆は、フローラルな香りで、比較的酸味が強いとも言われています。

ロブスタ種の特徴

では2種類目のロブスタ種の特徴はどうでしょうか?

残りの4割を占めるロブスタ種は、標高300〜800mの比較的低地で栽培されていることが多いです。

自然災害に強く栽培も容易のため、希少価値が必然的に低くなり、安価な値段で売られていることが多いです。

ロブスタ種の風味は、アラビカ種とはかなり違ってきます。

一般的に独特の風味があり、ブレンドで使われることが多いロブスタ種。

しかし、コーヒー通の中には、美味しいロブスタ種の飲み方を知っているという方もいます。

そういった方たちとの出会いが、よりコーヒー豆の世界を広げてくれるのでしょう。

  1. アラビカ種:フローラルな香りで、比較的酸味が強い
  2. ロブスタ種:独特の風味があり、ブレンドで使われることが多い

もっとこの2種類について知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

ロブスタ種とアラビカ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説
アラビカ種とロブスタ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説スタバやカルディなどでも使われるアラビカ種とベトナムで主流のロブスタ種の違いについて徹底解説します。品種の特徴を踏まえながら、品質価値やカフェイン含有量なども徹底比較!コーヒー豆のアラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の特徴が知りたい方は必見です。...

カカオ豆とコーヒー豆の違い

ここでよく疑問に挙がるのがカカオ豆とコーヒー豆の違い。

結論、カカオ豆とコーヒー豆は全く違う植物になります。

コーヒー豆はアカネ科で、カカオ豆はアオイ科の仲間です。

詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆とカカオ豆の違いとは?意外な関係性が明らかに【簡単】
コーヒー豆とカカオ豆の違いとは?意外な関係性が明らかに【簡単】今回はコーヒー豆とカカオ豆の違いについて徹底解説していきます。皆さんはコーヒー豆とカカオ豆の違いをとっさに答えることが出来るでしょうか?実は2つの豆は根本的に違うんです。意外な関係性が大公開するので悩んでいる方は必見です!...

コーヒー豆の焙煎度合いの違い

コーヒー豆の違いを知ろう!焙煎(ロースト)度合いが味を決める

では、続いて焙煎(ロースト)度合いについて解説していきます。

皆さんは詳しく説明できるでしょうか?

そもそも焙煎とは、コーヒー豆の素の状態である「生豆」に火を加えて炒ることを言います。

焙煎度合いには大きく分けて、浅煎り・中煎り・深煎りという段階があります。

多くの人がカフェや缶コーヒーなどでも、目にしたことがある言葉なのではないでしょうか?

焙煎度合いと味の関係のイメージとしては以下の通り。

  • 浅煎り:酸味が強く、華やかな味わい
  • 中煎り:酸味と苦味のバランスが良い
  • 深煎り:苦み強い

コーヒーを飲む以前から、焙煎度合いの違いに注目することで、酸味ベースの華やかなコーヒー豆なのか、それとも苦味ベースのコーヒーなのか、簡単に見分けることが出来ます。

コーヒー豆を買う際にも、ロースト段階が記載されているため、自分の好みに合う豆を買うと良いでしょう。

もっと焙煎について知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】
コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】今回はコーヒー豆のローストについて徹底解説していきます。ローストとは何かから、その違いまで具体的にお伝えしつつ、自宅で出来るコーヒー豆の焙煎方法についても教えます!正しい時間で美味しいコーヒーを飲みませんか?...

コーヒー豆の風味の違い

コーヒー豆の風味の違い

最後はその風味の違いについて解説していきます。

実はコーヒーの風味は約130存在すると言われています。

スペシャリティコーヒーとも言ったりするのですが、最近の傾向として浅煎りの酸味ベースのコーヒー豆を使って、「コーヒー豆本来の味の楽しむ」というコンセプトのカフェやコーヒースタンドが増えてきています。

そのときの味の表現方法として、約130個の風味が指標のひとつとして掲げられています。

ざっくりまとめると以下の通り。

フルーツ風味柑橘系(レモン・ライムなど)
トロピカルフルーツ系(りんご・メロンなど)
チョコレート風味ダークチョコレート
ホワイトチョコレート
甘い風味バニラ、ヌガー
ナッツ風味アーモンド、ヘーゼルナッツ
穀物・シリアル風味焼きたてパン、大麦
スモーキー風味炭、トースト
スパイス風味クローブ、カレー
植物系ベルガモット、ミント
花の香りレモングラス、オレンジの花

コーヒー豆の違いの知識を蓄えた後は飲むだけ!

コーヒー豆の違いの知識を蓄えた後は飲むだけ!

いかがだったでしょうか?

コーヒー豆の違いを理解しよう!種類と味わいについて徹底解説」というテーマでお伝えしました。

ここまでコーヒー豆の種類と焙煎度合い、さらには風味のについての知識がついたと思います。

その後はひたすら、たくさんの気になったコーヒー豆の味の違いを意識しながら飲んでみましょう。

そのときに1つおすすめなポイントは、少し高くても良質なコーヒー豆を購入することです。

理由としては、酸味や苦味の違いだけでなく、美味しい・不味いも徐々に分かるようになってきます。

安価なコーヒー豆を飲んでいると、驚くほど味の違いが実感出来ます。

最後に筆者が選ぶコーヒー豆をまとめたので、味の違いを試してみてください。

コーヒー豆&粉のおすすめ人気ランキング28選!高コスパで美味しい
コーヒー豆&粉のおすすめ人気ランキング28選!高コスパで美味しいコスパ抜群で美味しいおすすめのコーヒー豆&コーヒー粉を28選ご紹介していきます!選び方のポイントやコーヒー豆の種類を踏まえつつ、通販やスーパー、amazonなどでも買える商品をランキング形式でお伝えします。プレゼントやギフトにもおすすめです!...
ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!