コーヒー豆

イタリアンローストとは?美味しいいれ方からおすすめまでご紹介【最新】

イタリアンローストとは?
イタリアンローストとフレンチローストの違いって何?
イタリアンローストってそもそも何?美味しい飲み方とかあるのかな?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

分かること
  • イタリアンローストとは何か
  • より美味しいイタリアンローストの淹れ方
  • イタリアンローストに合うおすすめの豆&粉
  • 美味しいコーヒーの飲み方

本記事の信頼性

コーヒー豆研究所(@topcoffeelab)ではコーヒーの専門家が監修しています。コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタとしての経験がありながら、現在はコーヒー豆&粉の専門家として日々活動中です。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. コーヒー豆研究所 オリジナル厳選豆:完全フェアトレード&農薬不使用。非常に飲みやすく、酸味も香りもほど良くバランスが取れている。今なら何個でも40%OFF!
  2. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

イタリアンローストを知る前に!そもそもローストとは?

イタリアンローストを知る前に!そもそもローストとは?

イタリアンローストを知る前に、そもそもローストとは何かということを知っておきましょう。

ローストについて知っておかないと今後の話がついてきません。

ローストは英語に直すと「roast」。

この「roast」は焙煎やあぶるという意味が含まれています。

つまりここで言うローストとは、コーヒー豆(生豆)を焙煎するということです。

浅煎りや深煎りといった表現は焙煎度合いによるもので、コーヒー豆の特徴や飲む方の好みによって決まります。

焙煎(ロースト)度合いは8段階

コーヒー豆の焙煎度合いに応じて以下の図のように8段階に分かれています。

焙煎度合いロースト時間
ライトロースト 

短い


長い

 

酸味が強い


苦味が強い

シナモンロースト
ミディアムロースト
ハイロースト
シティロースト
フルシティロースト
フレンチロースト
イタリアンロースト

またイタリアンローストは最終の、8段階目になります。

これらから1番ロースト時間が長く、味も苦味が強いことがわかります。

浅煎り

ライトローストとシナモンローストは浅煎りの焙煎度合いになります。

黄色から茶色へと変化する程度の焙煎度合いです。

コーヒーの風味はかなり弱い状態。

中煎り

中煎りはミディアムローストとハイローストです。

この状態になると茶褐色とまだ色は薄いものの、軽やかな風味を楽しめます。

特にハイローストは深煎りに近いので、コクと若干の苦味がありながら飲みやすいのが特徴です。

深煎り

シティロースト、フルシティロースト、フレンチローストの順番で焙煎の度合いは増していきます。

シティローストは最も人気な焙煎度合い。

苦みやコク、甘みのバランスが丁度よいのが特徴で、カフェで提供されるコーヒーもシティローストが多いです。

イタリアンローストになると、コーヒー豆の見た目はほぼ真っ黒です。

味もかなり濃く、味わいも濃厚になります。 

イタリアンローストとは?

イタリアンローストとは?

イタリアンローストは、表面に油分が浮き出るほどの焙煎度合いになります。

そのため、コーヒーを入れてからも、表面にちょっとした油が浮くほど濃厚なコーヒーを楽しめます。

コーヒーの油に関しては「コーヒーオイルとは?栄養学から見る健康面からおすすめまで完全解説」の記事をチェック!

コーヒーオイルとは?栄養学から見る健康面からおすすめまで完全解説
コーヒーオイルとは?栄養学から見る健康面からおすすめまで完全解説コーヒーオイルについて徹底解説していきます。そもそもコーヒーオイルとは何かということから、気になる効果効能やおすすめのオイルまで幅広くお伝えします!詳しい成分を解説しながら体への影響について触れていくので、悩んでいる方は必見です。...

スモーキーな香り

イタリアンローストは1番最後の焙煎度合いなので、他では味わえないようなスモーキーな香りを堪能できます。

焙煎時間が長くなるにつれて、焦げたような風味が加わります。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
これが燻製のような、スモーキーさが生まれるというわけだね!

これによって、強い苦味も発生します。

ミルクを足しても十分な苦味が残るため、カフェオレやカプチーノにもおすすめ。

コーヒーの苦味が好きな人は、是非ブラックで挑戦してみてください。

イタリアンローストの由来

焙煎度合いの8段階目であるイタリアンローストと7段階目のフレンチローストがヨーロッパの国名を有しているのは、実はその深煎りのためだとも言われています。

ヨーロッパで愛されているエスプレッソは、深煎りのコーヒー豆でこそ味わい深いものになるからです。

イタリアンローストに合う飲み方

イタリアンローストに合う飲み方

イタリアンローストに合う飲み方は大きく2つです。

  1. エスプレッソ
  2. アイスコーヒー

1つ1つ解説します。

エスプレッソ

コーヒー豆が本来のうま味がしっかりと濃縮されているのがエスプレッソです。

本場イタリアにおいては、お砂糖をたくさん入れて楽しむため、苦味が強いイタリアンローストは、エスプレッソにおすすめの焙煎と言えるでしょう。

しかしながら日本においては、イタリアンローストが主流というわけでは全くないです。

ただエスプレッソとイタリアンローストの相性は抜群なので、コーヒー豆を購入する際はエスプレッソの飲み方おお考えください。

アイスコーヒー

イタリアンローストとは、酸味が感じられない分苦みが強く、スモーキーな風味が特徴。

つまり、イタリアンローストはスパイシーな印象がありつつも砂糖を焦がしたような甘味も同時に楽しめます。

ここで出番なのがアイスコーヒーです。

アイスコーヒーは氷を入れるので薄まってしまうのが難点ですが、強いコクのあるイタリアンローストなら問題ありません。

イタリアンローストは体に悪い?

イタリアンローストは体に悪い?

世の中ではあまりにも深煎りのコーヒーを飲むと体に悪いという風潮が流れていますが、結論、体に悪い影響はありません。

ただしこれは適量を守った範囲になります。

コーヒーの一日の適量は、2杯までとされています。

この量をしっかりと守ってさえいれば、イタリアンローストやフレンチローストなどの深煎りコーヒーを飲んだとしても問題はありません。

深煎りコーヒーの特徴的な成分

また浅煎りのコーヒーに含まれている「トリゴネリン」は焙煎すると、「ニコチン酸」などに分解されます。

※ニコチン酸とは、ビタミンB群で、高脂血症の治療薬使われます。

善玉を増やす働きもあります。

そしてコーヒーに含まれているカフェインですが、深煎りになればなるほど減少します。

つまりイタリアンローストなどの深煎りコーヒーにすると生まれる特徴的な成分が以下になります。

  • カフェイン
  • ニコチン酸
  • NMP(抗酸化作用)
  • 香りによるリラックス効果
コーヒー専門家
コーヒー専門家
ニコチン酸は必ずしも悪い成分というわけではありません。

イタリアンローストの美味しい入れ方

イタリアンローストの美味しい入れ方

ここではイタリアンローストの美味しい入れ方をご紹介していきます。

今回は最もポピュラーな飲み方であるペーパードリップに特化して解説します。

結論、お湯の温度を高めにすることです。

イタリアンローストやフレンチロースト、フルシティローストなど深煎りのコーヒー豆であれば、お湯の温度は高めの約95℃にすると良いでしょう。

これはコーヒーが高温になれば苦味、低温になれば酸味が出るからです。

同じコーヒー豆でも、温度の高さで味わいが変わってきます。

高温で抽出すればするほど、苦味とコクが強まります。

一方で低めのお湯で抽出すると、酸味とキレの強いコーヒーに変わります。

バリスタ
バリスタ
気分に合わせてお湯の温度を変化させても良いね!

適量は92℃前後

コーヒー抽出の適温は、基本的に92℃前後と言われています。

しかしこの温度はあくまでも基本です。

92℃より少し高くしたり、低くしたりした方が美味しいコーヒーが抽出できる場合も多々あります。

イタリアンローストではなく、ライトローストやシナモンローストなどの浅煎りのコーヒー豆であれば低めの90℃にするとより浅煎りを楽しめるはずです。

イタリアンローストに焙煎するコツ

イタリアンローストに焙煎するコツ

ここではイタリアンローストに焙煎をしたいという方向けにコツをお伝えします。

焙煎をするには「ハゼ」と呼ばれる合図がかなり重要です。

※ハゼとは焙煎をしている間に起こる化学反応で、パチパチなどと音を立てて起こります。

この合図で焙煎度合いを把握しましょう。

イタリアンローストの場合は、2ハゼの終わりから炭の中間あたりです。

2ハゼが終了したころから、コーヒー豆の表面にギラギラと輝く油がでてきます。

あくまでも目安なので、生豆が変われば多少の誤差はあります。

濃厚な甘みと苦味、重厚なコクのもととなる要素ですので、是非ハゼをもとに自家焙煎してみてください。

イタリアンローストに合うおすすめの豆&粉3選

イタリアンローストに合うおすすめの豆&粉3選

ここではイタリアンローストに合うおすすめの豆&粉を3選ご紹介していきます。

イタリアンローストに合うコーヒーは、基本的にナッツ風味と言われています。

これはイタリアンロースト特有のスモーキーな香りとの相性が良いからです。

逆に相性が悪いのは、さわやかなフルーツ系のフレーバーです。

酸味や香りが持ち味のコーヒー豆は、イタリアンローストとの相性は良くないです。

この点を踏まえておすすめのコーヒー豆をまとめると以下の通り。

  • マンデリン
  • ブラジル産コーヒー豆
  • キリマンジャロ
  • ケニア産コーヒー豆

詳しくは「コーヒー豆のおすすめ人気銘柄7選!特徴を一覧でご紹介【決定版】」の記事をチェックしてみてください。

コーヒー豆の銘柄一覧
コーヒー豆のおすすめ人気銘柄7選!特徴を一覧でご紹介【決定版】コーヒー豆のおすすめ人気銘柄を7つご紹介していきます。様々な銘柄がありますが、なかなか味わいや値段がよく分からないですよね…。そのため今回は最初にコーヒー豆の種類を解説しながら、それぞれの特徴を踏まえつつ、最後に一覧でお伝えします! ...

1. アイスブレンドでも美味しいカルディのコーヒー豆「カルディ イタリアンロースト」

第7位:アイスブレンドでも美味しいカルディのコーヒー豆「イタリアンロースト」

カルディのイタリアンローストは、爽やかな香りと苦みが特徴のコーヒー豆になります。

冬の時期にはイタリアンロースト、夏の時期にはアイスブレンドの名前で販売しています。

アイスにしても美味しいため、水出しで冷蔵庫に常備しておくのもおすすめでしょう。

ミルクを入れてカフェラテにしてもコーヒーの香りが十分に残りるのも特徴。

香り
酸味
濃さ
苦味
おすすめ度

「イタリアンロースト」の詳しい商品情報

値段¥1,180
内容量200g
原産地
おすすめの飲み方ブラック、アイスコーヒー
created by Rinker
KALDI(カルディ)
¥1,300
(2021/01/21 23:19:15時点 Amazon調べ-詳細)

2. リッチで深みのあるコーヒー粉「スタバ イタリアンロースト」

スタバ イタリアンロースト

とても甘いカラメルを感じさせてくれる、リッチで深みのある力強い風味が特徴のコーヒーです。

甘味&力強さが際立った、スタバを代表するダークローストコーヒーでしょう。

チョコレートやカラメル、スパイスと相性の良いので、甘いお菓子とご一緒に。

風味は強いですが、コクはほど良い感じです。

生産地はラテンアメリカ。340g入りで¥2,920。

created by Rinker
Starbucks(スターバックス)
¥2,920
(2021/01/22 11:37:27時点 Amazon調べ-詳細)

3. 深煎りコーヒーの代表格「土居珈琲」

土居珈琲 初めてのセット

深煎りコーヒーの代表格といえば「土居珈琲」です。

その中でもおすすめは「初めてのセット」。

土居珈琲の有名な銘柄の中で、購入した人からの人気が高い2種類をセットにしています。

銘柄は以下の2つ。

  1. グァテマラ カペティロ農園:とにかく甘く香り高い
  2. エルサルバドル ラ・レフォルマ農園:「カップ オブ エクセレンス」で3位入賞。甘さと香りが特徴

こちらは注文をもらってから焙煎するので鮮度も抜群です。

価格は200g(100g×2銘柄)で¥3,052(送料込み)。

まずは「土居珈琲 初めてのセット」を1つ購入してみることを強くおすすめします。

» ドイコーヒーはこちら

より詳しく知りたい方は「土居珈琲の評判は?美味しさの理由からおすすめのコーヒー豆まで解説」の記事をチェック!

土居珈琲でおすすめのコーヒー豆「初めてのセット」
土居珈琲の評判は?美味しさの理由からおすすめのコーヒー豆まで解説土居珈琲の評判を徹底解説していきます。よく美味しいと言われる土居珈琲ですが、実際に飲んでみた体験を踏まえて、美味しさの理由からおすすめのコーヒー豆まで幅広くお伝えします。気になる味わいや送料なども解説するので、迷っている方は必見! ...

イタリアンローストだけじゃない!より美味しくコーヒーを楽しむ方法

イタリアンローストだけじゃない!より美味しくコーヒーを楽しむ方法

より美味しくコーヒーを楽しむ方法はイタリアンローストだけではありません。

イタリアンローストは焙煎度合いの一つの指標です。

焙煎度合いも重要ですが、コーヒー豆の種類によってもかなり美味しさは変化します。

つまり豆の種類を覚えるだけでも、コーヒーの魅力はまた一段と面白くなります。

コーヒー豆の種類は大きく分けて3つあります。

  1. アラビカ種
  2. ロブスタ種
  3. リベリカ種

この3つの違いを理解しつつ、焙煎度合いが分かればよりコーヒーをもっと楽しめるはずです。

より詳しく知りたい方は「アラビカ種とロブスタ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説」の記事をチェック!

ロブスタ種とアラビカ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説
アラビカ種とロブスタ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説スタバやカルディなどでも使われるアラビカ種とベトナムで主流のロブスタ種の違いについて徹底解説します。品種の特徴を踏まえながら、品質価値やカフェイン含有量なども徹底比較!コーヒー豆のアラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の特徴が知りたい方は必見です。...

イタリアンローストの苦味やコクを楽しもう!

イタリアンローストの苦味やコクを楽しもう!

いかがだったでしょうか?

「イタリアンローストとは?美味しいいれ方からおすすめまでご紹介【最新】」というテーマでお伝えしました。

イタリアンローストは焙煎度合いのなかでも最も深い度合いになります。

そのため、味も苦味が強く、コクもかなり深いです。

THE・コーヒーという名の味わいなので、試してみる価値は大いにあります。

是非今回ご紹介したおすすめのコーヒー豆&粉を参考にしながら、イタリアンローストの魅力に触れてみて下さい。

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。YouTubeもやっています。このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!