コーヒー

マラウイコーヒーの特徴とは?100%生産国へ寄付されるコーヒー

マラウイコーヒーのランク・グレード
マラウイコーヒーって知ってる?どんな特徴があるのか?
100%寄付されるコーヒーってあるの?興味あるね!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

この記事から分かること
  • マラウイ共和国について
  • マラウイコーヒーの特徴・品種・生産地域・グレード
  • 「ウォームハーツコーヒークラブ」の取り組み

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

そもそもマラウイ共和国とは?コーヒーの特徴を見る前に知っておこう

そもそもマラウイ共和国とは?コーヒーの特徴を見る前に知っておこう

コーヒーの生産国でいうと、北から以下の順に続きます。

  • エチオピア
  • ケニア
  • タンザニア
  • マラウイ

内陸国で、国土は日本の3分の1ほどの大きさです。

アフリカで3番目に大きいマラウイ湖が南北にまたがります。

マラウイ湖は国土面積の約20%を占めており、近くには世界遺産に認定された国立公園もあります。

自然豊か

自然豊か

豊かな自然が目に浮かびます。

マラウイは、労働人口の約80%が農業関連事業に従事しているという超が付くほどの農業国・

主な農産品はタバコ、茶、ナッツ、コーヒーなどです。

日本の輸入マカダミアナッツの約15%がマラウイ産になります。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
知らないうちにマラウイのナッツを食べているかもしれないね!

マラウイコーヒーの特徴

マラウイコーヒーの特徴

ここではマラウイコーヒーの特徴について解説します。

今回は「ウォームハーツコーヒークラブ」(取り組みは後述)のマラウイコーヒーをご紹介します。

結論、味わいは香りの香ばしい、すっきりした味わいのコーヒーです。

マラウイコーヒーといえば浅煎りから深煎りまで全ての焙煎度合いで、それぞれの印象的な風味が楽しめるコーヒー豆として有名です。

ほどよい酸味も楽しめます。

柑橘系の甘酸っぱさがある

ウォームハーツのマラウイコーヒーは、柑橘系の甘酸っぱさがあるなと感じました。

フルーツのような、さわやかな酸味が印象的で、記憶に残りやすいです。

焙煎してから自宅へ届けてくれるため、キャニスターなどの保存容器に入れれば長期間、鮮度の高い状態で飲めるはずです。

» ウォームハーツ マラウイコーヒーの公式サイト

マラウイコーヒーの品種

マラウイコーヒーの品種

主な栽培の品種は以下の通りです。

  • S アガロ
  • ゲイシャ
  • カティモール
  • ムンド・ノーボ
  • カトゥーラ

1つ1つ解説します。

S アガロ

「S アガロ」は、そもそもマラウイのコーヒー研究所で働いていた「モイド A.シディギ博士」によってエチオピアから持ち込まれ、研究されたコーヒーの品種になります。

さび病や土壌真菌に強い抵抗力のあるコーヒーの木としても有名です。

ゲイシャ

「ゲイシャ」はエチオピア起源の非常に珍しい野生品種。

収穫量が低いため、かなり高額です。

そのためギフトやプレゼントに好まれます。

最近では中南米のコロンビアやコスタリカ、グアテマラでも栽培が行われています。

ゲイシャについて知りたい方は「高級なコーヒー豆ランキング6選!ギフトやプレゼントにも合う【厳選】」の記事をチェック!

お気に入りの高級コーヒー豆を見つけよう!
高級なコーヒー豆ランキング6選!ギフトやプレゼントにも合う【厳選】高級なコーヒー豆をランキング形式で6つご紹介していきます。おすすめのブランドからインドネシア、フィリピン産などの産地まで詳しくお伝えします!ギフトやプレゼントなどにもぴったりなので、高級なコーヒー豆選びで悩んでいる方は必見です。 ...

カティモール

ハイブリッドティモールとカトゥーラの交配種です。

さび病に耐性があるのが特徴。

ムンド・ノーボ… ティピカの突然変異種とブルボンの交配種です。

ブラジルの主要な栽培品種でもあります。

カトゥーラ

「カトゥーラ」は、ブラジルで発見されたブルボンの突然変異種になります。

こちらも収穫量が高く、中米の主要品種です。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
こんなにもマラウイコーヒーの品種はあるんだね!意外だったよ。

マラウイコーヒーの主な生産地域

マラウイコーヒーの主な生産地域

マラウイの主な生産地域は以下の通りです。

  • チティバ県
  • ルンフィ県
  • 北ビフィヤ
  • 南東ムジンバ
  • ヌカタ・ベイ高原

その中でも「チティバ」では規模の大きい「ミスクヒルズ農業協同組合」の拠点があります。

そこがコーヒーの生産が最も盛んな地域でしょう。

他にも、ルンフィ(北部)などは小中規模の農協が複数存在します。

そこでは高品質なスペシャルティコーヒーが生産されています。

マラウイコーヒーのランク・グレード

マラウイコーヒーのランク・グレード

マラウイコーヒーの格付けは大きく2つに分かれます。

  1. 豆の大きさ(19/64〜16/64)
  2. 規格(品質)

コーヒー豆の大きさは、S19~S16まであります。

規格においては、左から高品質なAAA→AA→ABと続きます。

風味等は地域や環境、土壌によって変化するため、先入観をなくして色々なコーヒーを飲んでみることをおすすめします。

「ウォームハーツコーヒークラブ」の取り組み

「ウォームハーツコーヒークラブ」の取り組み

まずは上の写真を見て下さい。

ウォームハーツコーヒークラブの場合は、100%がコーヒー豆の生産国マラウイの給食支援への寄付になります。

スターバックスも寄付を行っていますが、それは売上価格の一部になります。

ウォームハーツコーヒークラブは100%が寄付されるという違いがあります。

世界最貧国の1つマラウイでの給食は、1食約15円と言われています。

つまりあなたが1,000円のコーヒー豆を申し込むと、1,000円が給食支援活動に寄付されます。

そのため、65人の子どもたちが今日も給食を食べることができ、命をつなぐことが可能になります。

たくさんの企業が支援してくれている

ではなぜ「ウォームハーツコーヒークラブ」は100%の寄付で団体を運営していけるのでしょうか?

結論、給食支援活動に賛同してくれた複数の企業が「ウォームハーツコーヒークラブ」を支援しているため。

  • コーヒー豆の仕入れ
  • 焙煎
  • 包装
  • 配送

以上の工程を支援企業が負担しているため、コーヒーの価格100%がそのまま寄付になります。
» ウォームハーツ マラウイコーヒーの公式サイト

コーヒーを飲むことでマラウイとの繋がりを持とう!

コーヒーを飲むことでマラウイとの繋がりを持とう!

いかがだったでしょうか?

「マラウイコーヒーの特徴とは?100%生産国へ寄付されるコーヒー」というテーマでお伝えしました。

マラウイコーヒーの特徴はたくさんありますが、「ウォームハーツ」のコーヒーは香りの香ばしい、すっきりした味わいのコーヒーでした。

ほどよい酸味も堪能できます。

長期間保存できるので、是非公式サイトから購入してマラウイとの繋がりを持ちましょう!

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!