コーヒー

コーヒーミルのおすすめ人気モデル20選!手動から電動まで【2020】

Comandante C40 MK3 ニトロブレード コーヒーグラインダー
おすすめのコーヒーミルを教えてほしい!
電動なのか手動が良いのかよくわからない…。

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • コーヒーミルとは何か
  • コーヒーミルの選び方
  • おすすめのコーヒーミル
  • 美味しく挽く方法

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

目次
  1. コーヒーミルとは?
  2. コーヒーミルの種類
  3. コーヒーミルの選び方
  4. 手動式のおすすめ人気コーヒーミル10選
  5. 電動式のおすすめ人気コーヒーミル10選
  6. コーヒーミルを使って美味しく挽く方法
  7. お気に入りのコーヒーミルを見つけよう!

コーヒーミルとは?

そもそもコーヒーミルとは

そもそもコーヒーミルとは、焙煎されたコーヒー豆をドリップ用のコーヒー粉にするためのも道具です。

コーヒー豆は粉の状態で保存していると、風味が飛んでしまう可能性があります。

そのため、コーヒーミルを用いる際はドリップする分だけのコーヒー豆をその都度挽くのがおすすめ。

コーヒーミルはプロ仕様の大型モデルから、コンパクトモデルまで様々なモデルがラインナップしているのも嬉しいポイントです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
コーヒーの美味しさを自宅で楽しむためには、欠かせない道具だね!

コーヒーミルの種類

コーヒーミルの種類

ここではコーヒーミルの種類について解説します。

コーヒーミルは大きく分けて2つの種類に分かれます。

  1. 手動式
  2. 電動式

これらの違いを見ていきましょう。

手動

その名の通り、手動式コーヒーミルは手でハンドルを回して挽くタイプになります。

コーヒーが飲まれるようになったときから使用されていて、今でも多くのファンをもつアイテムとなっています。

また値段は比較的リーズナブルで、持ち運びしやすいのが特徴。

自動式に比べると熱が発生しにくいので、香り高いコーヒーを少人数で飲むのにおすすめでしょ。

バリスタ
バリスタ
音と香りを楽しみながら、ゆったりとした時間が楽しいね!

電動

電動式コーヒーミルは、電気の力を使って豆を挽くタイプになります。

コーヒーミルの力が均一に行き渡るので、力加減による挽きムラの少ないコーヒーを作れるのが特徴です。

手動式と違って、電動式は1度に多くのコーヒー豆を挽きたい場合におすすめ。

コーヒーミルの選び方

コーヒーミルの選び方

続いてはコーヒーミルの選び方について解説します。

おすすめを紹介していきますが、これからお伝えする選び方を念頭においておくことで失敗しない買い物ができるはずです。

選び方は大きく分けて2つ。

コーヒー豆の砕き方で選ぶ

1つ目はコーヒー豆の砕き方で選ぶ方法です。

コーヒー豆の砕き方と言っても実はたくさんあります。

今回は代表的な砕き方である、カッター式をご紹介。

カッター式

カッター式はプロペラの形状をした刃を回すことによって、コーヒー豆に歯をぶつけながら砕いていく方法です。

ミキサーに使用されるミル機能にも、このカッター式が採用されています。

コーヒーミルの中では比較的リーズナブルなモデルで、お手入れもしやすいのが魅力。

コーヒーミル初心者にはかなりおすすめでしょう。

大きさや使い方で選ぶ

2つ目は大きさや使い方で選ぶ方法です。

自分はどのような時にコーヒーを飲みたいのかもう一度考えましょう。

コーヒーミルは大きなものから小さなものまで種類は豊富です。

購入後になって後悔しないようにするためにも、場所や用途を考慮してコーヒーミルを選んでみてください。

手動式のおすすめ人気コーヒーミル10選

手動式のおすすめ人気コーヒーミル10選

ではここからはコーヒーミルおすすめ10選をご紹介していきます。

まとめると以下の通り。

  1. カリタ コーヒーミル KH-3
  2. ハリオ セラミックスリムミル MSS-1TB
  3. パール金属 キャプテンスタッグ Sサイズ
  4. ニトリ セラミックコーヒーミル SC-0202
  5. ハリオ セラミックコーヒーミル・スケルトン MSCS-2B
  6. 貝印 KHS コーヒーミル&ドリッパー
  7. ハリオ セラミックコーヒーミル・ウッド
  8. Comandante C40 MK3 ニトロブレード コーヒーグラインダー
  9. モクネジ MokuNeji×Kalita コーヒーミル
  10. ポーレックス コーヒーミル・II

1つ1つ解説します。

1. シンプルなデザインで定番の手動式コーヒーミル「カリタ コーヒーミル KH-3」

コーヒーミルの種類

続いてご紹介するおすすめのコーヒーミルは「カリタ コーヒーミル KH-3」。

手動式のコーヒーミルと言えばこちらのミルが定番です。

シンプルなデザインで、粉砕方法は臼式を採用しています。

硬質の素材を採用しているので、切れ味が長持ちしやすいのが特徴的です。

1度に少人数分のコーヒーを淹れる際に非常に便利。

また本体内部の調節ネジを使って、コーヒー豆を挽く粗さが調節できるのも嬉しいポイントです。

手動式のエントリーモデルにも最適

本体サイズは約170×85×210mmで、重量は約610gです。

コンパクト&軽量なため、持ち運びしやすいのも魅力的。

手動式コーヒーミルのエントリーモデルとしても相性抜群です!

価格は¥4,180とコスパ抜群。

またカリタの手動式コーヒーミルはアマゾン限定のもあります。

こちらはかなりの人気ミルで、売り切れ続出なので是非お早めにご購入してください。

バリスタ
バリスタ
実際に自分も使ってみたけど、粗挽きなどに調節できるからかなり便利だよ!

2. 手頃な価格で軽量な初心者におすすめのコーヒーミル「ハリオ セラミックスリムミル MSS-1TB」

10. 手頃な価格で軽量な初心者におすすめのコーヒーミル「ハリオ セラミックスリムミル MSS-1TB」

続いてご紹介するおすすめのコーヒーミルは「ハリオ セラミックスリムミル MSS-1TB」」。

耐熱ガラスの日本のトップメーカーHARIO(ハリオ)が提供するコーヒーミルになります。

摩擦熱が発生しにくいセラミック刃を使っており、分解してパーツを水洗いできるという、利用者のニーズにまるっと応えてくれるコーヒーミル。

中が見えて使いやすいクリアタイプとなっていて、アマゾンでも大人気です。

とっては取り外せるため、アウトドアキャンプに持っていっても活躍してくれるはず。

¥2,118と、手頃な価格で軽量なコーヒーミルなので初心者にもおすすめ。

3. アウトドアにおすすめの手動式コーヒーミル「パール金属 キャプテンスタッグ Sサイズ」

11. アウトドアにおすすめの手動式コーヒーミル「パール金属 キャプテンスタッグ Sサイズ」

最後にご紹介するおすすめのコーヒーミルは「パール金属 キャプテンスタッグ Sサイズ」。

金属加工で有名な新潟県三条市にある、台所用品やアウトドア用品を得意とする「パール金属」が製造している手動式のコーヒーミルとなっています。

セラミック刃を使用し、金属臭が抑えられているので、コーヒー本来の風味を楽しむことができます。

本体はステンレス製でできているので衛生的で錆びにくいのが魅力です。

コンパクトでパワフルなコーヒーミル

本体サイズは外径46×高さ135mmと非常にコンパクト。

小さいサイズながら、粗挽きから細挽きまでコーヒー豆の挽き方が調節できます。

自宅での使用は当然のこと、携帯性や耐久性に優れているためキャンプなどのアウトドアにもかなりおすすめです。

是非購入してみてください。

価格は¥3,782とコスパ抜群。

4. 圧倒的な安さのセラミックコーヒーミル「ニトリ セラミックコーヒーミル SC-0202」

4. 圧倒的な安さのセラミックコーヒーミル「ニトリ セラミックコーヒーミル SC-0202」

続いてご紹介するおすすめのコーヒーミルは「ニトリ セラミックコーヒーミル SC-0202」。

ニトリから提供している、圧倒的な安さのセラミックコーヒーミルです。

手動式となっていて、見た目は天然木を使っていておしゃれ。

本体サイズは幅16×奥行10×高さ17cm、約500gです。

超初心者でコーヒーミルとは何かまずは知りたいという方にはぴったりです。

¥925(税込)と激安価格。

5. 容量多めだから使いやすい「ハリオ セラミックコーヒーミル・スケルトン MSCS-2B」

ハリオ セラミックコーヒーミル・スケルトン MSCS-2B

入門編の手動式コーヒーミルで、容量が多いタイプを選びたいならこちらの商品がおすすめです。

蓋付きで瓶のように保存しておけるため、そのまま翌朝使うなんてことが可能です。

底にゴムがついていて置いた際の安定感も大きいので、挽くときに力が入れやすいのもおすすめのポイントです。

丸洗いもでき、お手入れが簡単です。

またセラミック製のため、摩擦による金属臭がつかないところもGOOD。

価格は¥2,118。

6. コーヒーミルとドリッパーが一体化!アウトドアにもおすすめ「貝印 KHS コーヒーミル&ドリッパー」

貝印 KHS コーヒーミル&ドリッパー

コーヒーミルとドリッパーが一体化にしている、珍しいモデルになります。

挽いたコーヒー豆が下の部分に入って、そのままカップに抽出可能です。

毎回移し替える必要がないため、時間があまり取れない、面倒くさいという方にはぴったりでしょう。

またアウトドアなどの家以外で使うのも 、非常におすすめです。

価格は¥2,764。

created by Rinker
貝印(Kai Corporation)
¥2,764
(2020/12/03 12:39:23時点 Amazon調べ-詳細)

7. おしゃれでお手入れも簡単!「ハリオ セラミックコーヒーミル・ウッド」

ハリオ セラミックコーヒーミル・ウッド

木材感は残しつつも、おしゃれなキッチン家電との相性が良いコーヒーミルです。

白が入っているやわらかい印象のため、お部屋も映えること間違い無し。

セラミック製となっていて、丸洗い可能です。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
お手入れが楽なので、結局の所1番だよね。

価格は少々お高めの¥10,777ですが、買う価値はあります。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥8,943
(2020/12/03 12:39:24時点 Amazon調べ-詳細)

8. プロ仕様のコーヒーミル「Comandante C40 MK3 ニトロブレード コーヒーグラインダー」

Comandante C40 MK3 ニトロブレード コーヒーグラインダー

近頃話題の、プロ御用達の手動式コーヒーミル。

摩擦が加わりにくく、微粉も出にくいのが特徴です。

また均一に豆を挽けてクリアに本来のコーヒーの風味や香りを最大限引き出してくれます。

価格は上がりますが、挽いているのはわからないくらいストレスがありません。

現在の手動式コーヒーミルのトップを走るアイテムと言えるでしょう。

価格は¥59,800。

9. ギフトやプレゼントにもおすすめ!美しい曲線美が特徴「モクネジ MokuNeji×Kalita コーヒーミル」

モクネジ MokuNeji×Kalita コーヒーミル

熟練の工芸職人によって、ひとつずつ手作りされるこちらのコーヒーミルは、ボディが天然木で作られています。

それぞれ木目が違うため、自分だけのオリジナル感を楽しめます。

美しいデザイン性に加えて、利便性に優れています。

ワンタッチで開閉が可能で、しっかりとハマる安定感があります。

おしゃれなのでギフトやプレゼントにもおすすめでしょう。

価格は¥18,992。

created by Rinker
MokuNeji(モクネジ)
¥18,992
(2020/12/03 12:39:25時点 Amazon調べ-詳細)

10. コンパクトでアウトドアにおすすめ「ポーレックス コーヒーミル・II」

ポーレックス コーヒーミル・II

こちらはコンパクトサイズなので、アウトドアに非常にピッタリです。

ミル部分にはセラミック製の刃を使っているため、摩擦熱が発生しにくく。コーヒー豆本来の美味しさを楽しめます。

また水洗いにも対応しています。

お手入れも簡単で錆びにくく、清潔に使えるのもおすすめポイント。

細挽きから粗挽きまで調節可能

こちらのコーヒーミルは、1目盛り平均37ミクロン単位で粒度をかなり細かく調節可能です。

粗挽きから粗挽きまで調節できます。

機能性に優れたコーヒーミルを探している人は特におすすめ。

価格は¥6,154。

created by Rinker
ポーレックス(Porlex)
¥6,930
(2020/12/03 12:39:26時点 Amazon調べ-詳細)

電動式のおすすめ人気コーヒーミル10選

コーヒーミルのおすすめ人気モデル11選

ではここからはコーヒーミルおすすめ10選をご紹介していきます。

まとめると以下の通り。

  1. カリタ ナイスカットG #61101
  2. カリタ 電動コーヒーミル CM-50
  3. メリタ 電動コーヒーミル ECG62
  4. ハリオ V60電動コーヒーグラインダー EVCG-8B-J
  5. BODUM BISTRO 電動コーヒーグラインダー
  6. デロンギ 臼式コーヒーグラインダー KG79J
  7. KYG 電動コーヒーミル 3503
  8. ラッセルホブス 電動コーヒーミル 7660JP
  9. ボダム 電動コーヒーミル BISTRO 11160-01JP-3
  10. Wilfa スヴァート アロマ CGWS-130B

1つ1つ解説します。

11. 本格的なコーヒーミルを買うならこれ「カリタ ナイスカットG #61101」

1. 本格的なコーヒーミルを買うならこれ「カリタ ナイスカットG #61101」

最初にご紹介するおすすめのコーヒーミルは「カリタ ナイスカットG #61101」。

カフェや喫茶店でも使われるほどの、高性能な電動コーヒーミルです。

業務用のコーヒーミルをそのまま使いやすく小型にしたコーヒーミルで、挽きムラや微粉の少なさが魅力。

切れ味がかなり良く、耐久性に優れたカット刃を搭載しています。

自宅に違和感なく置ける

本体サイズは幅120×奥行218×高さ337mm、重量は約2300gです。

本格的な電動コーヒーミルの中では、比較的小型かつ軽量でしょう。

デザインは落ち着いていてシックな印象を受けます。

そのため、自宅にも設置しやすいです。

クリーニングブラシなどもついてくるので、お手入れの手助けをしてくれるはずです。

価格は¥38,500とコストパフォーマンス抜群。

created by Rinker
Kalita/CAFE L'ETOILE DE MER
¥38,500
(2020/12/03 12:39:26時点 Amazon調べ-詳細)

12. キャンプなどにも使えるおすすめコーヒーミル「カリタ 電動コーヒーミル CM-50」

2. キャンプなどにも使えるおすすめコーヒーミル「カリタ 電動コーヒーミル CM-50」

続いてご紹介するおすすめのコーヒーミルは「カリタ 電動コーヒーミル CM-50」。

コーヒー豆の粉砕方法には「カッター式」を採用していて、50gの豆をわずか15秒で中挽きにできてしまいます…。

リーズナブルな電動コーヒーミルと言ったらこちらの商品。

電動式コーヒーミル初心者におすすめ

本体サイズは99×82×178mmで、重量は約750gです。

小型&軽量の設計のため、キッチンでも場所を取らずに設置できます。

電源を確保できればキャンプなどのアウトドアへも気軽に持ち運べるのも嬉しいポイントです。

電動式のコーヒーミル初心者にはおすすめしたい商品です。

価格は¥2,000と安い。

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥3,228
(2020/12/03 12:39:27時点 Amazon調べ-詳細)

13. 電動式のエントリーモデルならこれ「メリタ 電動コーヒーミル ECG62」

3. 電動式のエントリーモデルならこれ「メリタ 電動コーヒーミル ECG62」

続いてご紹介するおすすめのコーヒーミルは「メリタ 電動コーヒーミル ECG62」。

メリタによるお手頃価格の電動コーヒーミルといえばこちらの商品。

粉砕方法は「カッター式」となっていて、コーヒー豆を入れてスイッチを押すだけで使えるため、電動式のエントリーモデルとしても非常におすすめです。

またスイッチを押す時間の長さで粒度の調節も行うことが可能。

1度に最大70gの豆を挽けるため、大人数のコーヒーを淹れることが多い人でも安心です。

巻き取り式のコードリールを搭載

こちらのコーヒーミルの底には、巻き取り式のコードリールを搭載しています。

使わない際は電源コードをすっきりと収納できるのも魅力の1つです。

お手入れに役立つクリーニングブラシも付属しているので、買って失敗することはないでしょう。

価格は¥2,709とこちらのミルも安い!

created by Rinker
メリタ(Melitta)
¥2,980
(2020/12/03 12:39:28時点 Amazon調べ-詳細)

14. ドリッパーのために作られたコーヒーミル「ハリオ V60電動コーヒーグラインダー EVCG-8B-J」

5. ドリッパーのために作られたコーヒーミル「ハリオ V60電動コーヒーグラインダー EVCG-8B-J」

続いてご紹介するおすすめのコーヒーミルは「ハリオ V60電動コーヒーグラインダー EVCG-8B-J」。

ハリオから提供しているコーヒーミルで、ドリッパーのために作られたコーヒーミルと言っても過言ではないこちらの商品。

挽き目の調節も細かくできて、ドリッパーにペーパーをセットして置けばそのまま直で粉を受けられるスマートさが特徴です。

本体サイズは幅18.5×奥行13.0×高さ33.5、重さは約1.4 Kg。

価格は¥16,280と、この大きさながらコスパ抜群です。

15. お手入れ簡単なコーヒーミル「BODUM BISTRO 電動コーヒーグラインダー」

6. お手入れ簡単なコーヒーミル「BODUM BISTRO 電動コーヒーグラインダー」

続いてご紹介するおすすめのコーヒーミルは「BODUM BISTRO 電動コーヒーグラインダー」。

「とりあえずお手入れ簡単なコーヒーミルがほしい!」と言ったらこちらのコーヒーミルを選びましょう。

低速タイプで、コーヒー豆へのストレスを軽減してくれるタイプでもあります。

風味も落ちにくい

回転速度が遅いコニカル刃で均一に挽くことができるため、摩擦熱で風味が落ちることがないのは嬉しいポイント。

コーヒー豆を挽くと静電気で粉だらけになってお手入れが大変なので、お手入れの手間をなるべく減らしたい人にかなりおすすめです。

コーヒー粉を受ける部分がガラスのため、静電気が立ちにくいのも便利です。

価格は¥17,500とコスパ抜群。

16. おしゃれな電動式コーヒーミル「デロンギ 臼式コーヒーグラインダー KG79J」

7. おしゃれな電動式コーヒーミル「デロンギ 臼式コーヒーグラインダー KG79J」

続いてご紹介するおすすめのコーヒーミルは「デロンギ 臼式コーヒーグラインダー KG79J」。

デロンギから提供する、 臼式のコーヒーミルになります。

※臼式とは通称、グラインド式とも呼ばれ、下2枚の歯でコーヒー豆を臼のようにすり潰して挽くタイプです。

挽きムラが少なく、カッター式と比較しても微粉も少ないのが特徴的です。

こちらのコーヒーミルは、ダイヤルでカップ数や粒度をそれぞれセットしてからスイッチを入れると、均等にコーヒー豆を挽くことができます。

挽き終わると自動的にストップしてくれる

設定したカップ数を挽き終わると自動的にストップする”オート電源オフ機能”が付いているのも嬉しいポイント。

フタが閉まっていないと動かない設計のため、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使うことができますよ。

またこのコーヒーミルは直線的なデザインが魅力。

ボディはシックなブラック色で、インテリアにも馴染みやすいです。

価格は¥5,027とコスパ抜群です。

おしゃれ&安くコーヒーミルを買いたい方はこちらのコーヒーミルがぴったり!

» 公式サイトで購入するならこちら

17. コンパクトサイズで持ち運びにも便利なコーヒーミル「KYG 電動コーヒーミル 3503」

8. コンパクトサイズで持ち運びにも便利なコーヒーミル「KYG 電動コーヒーミル 3503」

続いてご紹介するおすすめのコーヒーミルは「KYG(ケーワイジー) 電動コーヒーミル 3503」。

コンパクトサイズで持ち運ぶ自由なコーヒーミルと言ったらこちらの商品でしょう。

しかし見た目とは裏腹に、300Wのハイパワーが特徴の電動コーヒーミルでもあります。

力強いモーター駆動&強靭なカッティングにより、コーヒー豆の挽き加減が非常に滑らかなになります。

また操作は簡単で蓋をセットし、スイッチを押すだけのため、誤作動の心配が全くありません。

お手入れしやすく外出時でも使える

本体はお手入れのしやすいステンレス製となっています。

基本的に蓋のみ水洗い可能。

サイズはコンパクトサイズで、色々な場所に持ち運んで使用することもできますよ。

自宅で使用するだけでなく、外出先でも使用したい人にはぴったり。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
蓋が透明で、挽いた状態を確認しながら操作できるのも便利だね!

価格は¥1,999とこのコーヒーミルも安い!

created by Rinker
KYG
¥2,088
(2020/12/03 12:39:29時点 Amazon調べ-詳細)

18. コンパクトで高性能「ラッセルホブス 電動コーヒーミル 7660JP」

ラッセルホブス 電動コーヒーミル 7660JP

こちらのコーヒーミルは、コンパクトながら150Wのハイパワーモーターを搭載しています。

中挽きなら最大60gを約10秒で挽けるという驚異の素早さ。

指1本でスイッチを押すだけの簡単操作を実現しています。

独特な形状・デザイン

独特な形状をしたブレードとグラインディングボウルによって、均一に挽けるのも特徴の1つです。

本体サイズは125×125×215mm とコンパクト設計のため、キッチンの限られたスペースにも綺麗に収納できるはず。

価格は¥5,400。

created by Rinker
ラッセルホブス(Russell Hobbs)
¥4,504
(2020/12/03 12:39:30時点 Amazon調べ-詳細)

19. 必要な時に必要な分だけ楽しめる「ボダム 電動コーヒーミル BISTRO 11160-01JP-3」

ボダム 電動コーヒーミル BISTRO 11160-01JP-

必要なとき必要な分だけ楽しみたい、そんな方にはこちらの電動式コーヒーミルがおすすめです。

非常に手軽にコーヒーが楽しめます。

ブレード刃を搭載し、細挽きから粗挽きまで素早く効率的にコーヒー豆が挽けます。

またスイッチ1つ操作が簡単なのも特徴。

ムラなく均一に挽けるため、コーヒー豆本来の風味を堪能できますよ。

バリスタ
バリスタ
デザイン性にも優れたコーヒーミルだよね!

価格は¥4,290。

20. 圧倒的な存在感!北欧生まれのコーヒーミル「Wilfa スヴァート アロマ CGWS-130B」

Wilfa スヴァート アロマ CGWS-130B

最後にご紹介するおすすめのコーヒーミルは「Wilfa スヴァート アロマ CGWS-130B」。

北欧生まれのこちらのコーヒーミルは、圧倒的な存在感を放つ高級コーヒーミルです。

毎分500~650回転の低速回転を実現した「Wilfa」のミルとなっていて、その文コーヒー豆にかかる熱量を抑えられるため、豆本来のアロマや風味を壊さずに味わえます。

デザインにおいては、黒一色の見た目も雰囲気がありますし、思っているよりも大きくないため、置いていても威圧感がないところおすすめのポイントです。

価格は¥22,500。

コーヒーミルを使って美味しく挽く方法

コーヒーミルを使って美味しく挽く方法

では最後にコーヒーミルを使って美味しく挽く方法について解説します。

せっかく買ったコーヒーミルをしっかりと活かしきれなければ意味がありません。

美味しくコーヒー豆を挽くためには、次の5つのポイントがあります。

  1. コーヒーを淹れる直前に挽く
  2. 抽出方法にあった粗さ(挽き方、粒度)にする
  3. 均一に挽けている
  4. 微粉が少ない
  5. 摩擦熱が少ない

中でも2つ目の抽出方法にあった挽き方については非常に重要なポイントになってきます。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆の挽き方とは?5つの種類と気をつけたい3つのポイント
コーヒー豆の挽き方とは?6つの種類と気をつけたい3つのポイントコーヒー豆の挽き方について徹底解説していきます。コーヒー豆を挽く理由から正しい挽き方、その種類まで一覧にして幅広くご紹介します。最後にはミルを使う際の気をつけるべき3つのポイントも解説!味や数字の違いがわからないという方は必見です。...

お気に入りのコーヒーミルを見つけよう!

【2020】コーヒーミルのおすすめ人気モデル11選!手動から電動まで

いかがだったでしょうか?

「【2020】コーヒーミルのおすすめ人気モデル11選!手動から電動まで」というテーマでお伝えしました。

コーヒーミルは高いイメージがありますが、実はコスパ抜群な安いミルも多いのです。

また今回お伝えした他にも、たくさんの良い商品があります。

是非この記事を参考にしていただいて、自分に合っているコーヒーミルを見つけてください!

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!