コーヒー

モカとは?種類の違いからおすすめのモカコーヒーもご紹介【決定版】

モカとカフェモカとの違い
モカって言葉は聞いたことがあるけど、どんな特徴があるの?
モカコーヒーのおすすめが知りたい!どんなメーカーがあるの?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

この記事から分かること
  • モカとは何か
  • モカとカフェモカとの違い
  • モカコーヒーを美味しく飲む方法
  • モカコーヒーのおすすめ14選

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

目次
  1. モカとは?
  2. モカの種類
  3. モカとカフェモカとの違い
  4. モカの美味しい飲み方
  5. 美味しいモカの淹れ方
  6. おすすめのモカコーヒー13選
  7. 歴史あるモカコーヒーを味わおう!

モカとは?

モカとは?

そもそもモカとはイエメン共和国国内で一番栄えていた港の名前のことです。

ここからは多くのコーヒーが輸出されていました。

エチオピア産のコーヒーやイエメンのコーヒーはモカを通じて世界に運ばれていたことから、「モカ」という名前がつきました。

現在、モカと呼ばれている豆はエチオピアやイエメン産のティピカ種のコーヒー豆を指します。

コーヒー豆は品種改良を重ねていますが、ティピカ種はアラビカの原種とも言われる最も古い品種になります。

アラビカ種のなかでも特に害虫に弱いと言われているティピカ種。

収穫量は少ないですが、最近ニーズが増えていることから、品種改良されています。

モカの種類

モカの種類

モカにはイエメン産とエチオピア産があります。

2つの産地のコーヒーは何が違うのでしょうか?

1つ1つ見ていきましょう。

イエメン産

イエメン産のコーヒー豆は、「モカ・マタリ」と呼ばれています。

「モカ・マタリ」は「コーヒーの女王様」という意味。

強い酸味と爽やかな香りが特徴的なコーヒーで日本でも人気のあるコーヒーです。

エチオピア産

「モカ」の主な産地となっているエチオピア。

苦みがなく、酸味の強いフルーティな味わいが特徴的です。

苦みが少ないことから、よく苦みの強いコーヒー豆とブレンドされて販売されることが多いのも特徴。

モカとカフェモカとの違い

カフェモカとの違い

結論として、カフェモカとモカは全くの別物です。

モカというと、チョコソースやチョコシロップがかかった甘いコーヒーを想像される方もいるかもしれません。

しかし実は、モカとカフェモカは別物なのです!

コーヒー豆から抽出されたコーヒーは「モカ」。

スキムミルクやチョコレートシロップやソース、ホイップクリームがトッピングされたのが、「カフェモカ」です。

喫茶店で注文するとき間違えないようにしてくださいね。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
カフェモカとモカは全くの別物だということを覚えておこう!

モカの美味しい飲み方

モカの美味しい飲み方

どうやったらモカをおいしく飲めるのでしょうか?

結論、おすすめの飲み方はブラックで飲むことです。

苦みの少ない「モカ」。

ミルクを入れて味を薄めなくても、十分おいしく飲むことができます。

モカコーヒーはフルーティな酸味と甘みが特徴的なコーヒー。できればブラックで味わいたいですね。

お砂糖との相性もよいですが、黒糖やザラメなど独特の味わいがある砂糖とは相性が悪くモカコーヒーの酸味が消えてしまいます。気をつけてくださいね。

また酸味の強いことから「モカ」はエスプレッソが不向きと言われています。

ドリップか昔ながらの煮出す方法が、「モカ」にはぴったりです。

美味しいモカの淹れ方

美味しいモカの淹れ方

ここでは美味しいモカの淹れ方をご紹介。

手順は以下の通りです。

  1. 95℃前後にお湯を沸騰させる
  2. フィルターをセットする
  3. フィルターにコーヒー粉を入れる。このとき必ずドリッパーを軽く振り、粉の表面が平らになるようにしてください。
  4. コーヒーに少量のお湯をそっと注ぐ。コーヒー粉を20秒ほど置いて蒸らします。
  5. 小さな「の」を描くようにお湯を三度に分けて注ぐ
  6. おいしいコーヒーのできあがり。
コーヒー専門家
コーヒー専門家
モカは自宅にいながらでも手軽に美味しく飲むことができます!是非挑戦してみよう。

自宅で美味しいコーヒーを飲むために必要な道具については、こちらの記事を参考にしてみてください。

家・自宅で美味しいコーヒーを淹れるために必要な道具
家・自宅で手軽に美味しいコーヒーを飲むには?必要な道具もご紹介家・自宅で手軽に美味しいコーヒーを飲む方法と必要な道具を徹底解説します。カフェやコンビニで毎回コーヒーを買っていると何かと値段が張りますよね…。そこで今回は家・自宅で美味しく安く飲むためのやり方をご紹介!家電を駆使しながら簡単に堪能したい方も必見。...

おすすめのモカコーヒー13選

おすすめのモカコーヒー13選

では最後におすすめのモカコーヒーを13選ご紹介します。

有名なモカコーヒーから未だ知られていない美味しい商品まで厳選しました。

1. 老舗のインスタントコーヒー「AGF マキシム モカブレンド」

AGF マキシム モカブレンド

70年の歴史を誇るインスタントコーヒー「AGF マキシム モカブレンド」。

お湯で溶かすだけで手軽に本格的なモカの味を楽しめるということで人気のインスタントコーヒーです。

フリーズドライ製法を採用し、コーヒー液をマイナス40℃で凍らせ、細かく粉砕し、真空中で乾燥させています。

これによって熱によるコーヒーの劣化を防いでいます。

つまりコーヒー本来の風味や香りを閉じ込めることができるというわけです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
AGFが販売しているから安心して購入することができたね!

135g入りで¥736。

2. 美味しさの秘訣は絶妙なバランス「UCCドリップポット モカ&キリマンジャロ」

UCC ドリップポッド 専用カプセル モカ&キリマンジァロ

タンザニア産のキリマンジャロとブレンドされた、リンゴのように爽やかな甘い香りがするカプセルタイプのコーヒーです。

プロのハンドドリップをお家で飲めるドリップマシン(DP-1・DP2・DP3・ペリカ)専用カプセル。

炒りたて・挽きたてを個包装でパックしているため、鮮度を保つことも可能です。

アフリカで育成された相性の良いコーヒー豆をブレンドしています。

フルーティーでなめらかな味わいを一度試してみてはいかがでしょうか?

12杯分で¥798。

3. リーズナブルなモカコーヒー豆「ビーンズ トーク モカブレンドコーヒー」

ビーンズ トーク モカブレンドコーヒー

アラビカ種の豆のみ使用して、雑味のないコーヒーです。

あえて15分以上じっくり焙煎。焙煎中も温度調整に抜かりなく、手間のかかった味わいが楽しめます。

専門の焙煎士たちがちょうどよい味わいで焼き上げたプレミアムグレードのコーヒー豆は、バランスがよく、旨みがあり、爽やかですっきりした味わいで人気です。

2kg入りで¥3,888。

4. 最新の焙煎機でじっくり焼き上げたコーヒー豆「澤井珈琲 モカスペシャル」

第6位. 人気ブレンド2種類が入ったおすすめコーヒー豆!コスパ抜群で大満足「澤井珈琲 コーヒー豆 2種類」

最新の焙煎機「ネプチューン」を使った贅沢にもじっくり焼き上げたコーヒー豆です。

通常の焙煎機で焼き上げたコーヒー豆とは全く違った味わいを持ちます。

最新の焙煎機「ネプチューン」は日本にまだ数台しかない機械で、厚い釜でゆっくりと丁寧にやきあげることが特徴です。

是非特別な焙煎機で焙煎されたコーヒー豆の味をご堪能ください。

モカ特有の優雅な甘みを最大限に楽しむことができます。

クイーンモカコーヒー、モカブレンドともに500g×2袋入りで¥3,999とコスパ抜群!

5. コーヒーの名店といえばココ!「藤田珈琲 エチオピアモカブレンド」

藤田珈琲 エチオピアモカブレンド

1000年の歴史があるエチオピアはコーヒーの発祥地と言われています。

そんなエチオピアのコーヒー豆をふんだんに使った「藤田珈琲 エチオピアモカブレンド」。

コーヒー豆は少し不揃いなものがありますが、コーヒー本来の味が凝縮されたおいしいいっぱいを楽しむことができます。

箱を開けると、フワーッと広がるコーヒーの匂い。

いろんな種類が出ている藤田珈琲ですが、そのなかでも「藤田珈琲 エチオピアモカブレンド」は飲みやすいと評判なんですよ。

200g入りで¥1,728。

6. モカの風味を楽しみたい!「藤田珈琲 琥珀の輝き」

藤田珈琲 琥珀の輝き

藤田珈琲のこだわりが詰まった「藤田珈琲 琥珀の輝き」。

コクと香り、そして甘みが見事に調和した楽しみの一杯。コーヒー好きなら欠かせない一品です。

バリスタ
バリスタ
爽やかで甘く、芳醇な香りが飲んだときの率直な感想だね!

300g×5入りで¥3,132。

7. ワンランク上の高級モカ「AGF ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒーモカブレンド」

AGF ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒーモカブレンド

ブラジル産最上級グレード豆の特徴に合わせて丁寧に焙煎した、深く濃い香りがひきたつ上質なコクと澄んだ後味が特徴です。

珈琲店のマスターがハンドドリップで淹れたような、贅を尽くした奥深い味わい&香りを楽しめます。

ほかにもたくさんの魅力があります。

  • 窒素充填による充填時の酸素を最小化
  • 外気の侵入を防ぐバルブを付けた低酸素パック
  • 輸入したコーヒー生豆、全ロットを残留農薬検査
  • コーヒー鑑定士が生み出した香り立つ贅沢ブレンド
  • 珈琲店の味と香りを実現する独自の「T2ACMI焙煎」
  • コーヒー豆の焙煎から充填まで全て日本国内で製造…etc.

ワンランク上のモカコーヒーを味わうならこれに決まりです。

1000g入りで¥1,368

8. アロマブレンドコーヒー「コーヒーばかの店 ノルウェーウッド」

コーヒーばかの店 ノルウェーウッド

幻のコーヒーといわれている「コーヒーばかの店 ノルウェーウッド」。

3つの焙煎機を巧みに使い分けて、作られた「ノルウェーウッド」はまさにお店の味!という口コミで人気です。

オーナーの「コーヒーばか」さんのこだわりが詰まった一杯です。

価格は250g 25杯~35杯で¥3,848です。

9. しっかりとした苦みとコクが特徴「珈琲問屋 スティックコーヒーモカ」

珈琲問屋 スティックコーヒーモカ

こちらはスティックタイプのコーヒーモカ。

スイスHACO社の独自の技術で凍結されたコーヒーエキスは香り高く深い味わいと芳醇なアロマを楽しむことができます。

スイス産の珍しいコーヒー。口コミではミルクと合わせて飲むと、非常においしいという意見がありました。

10. 特別な方法で丁寧にロースト「AGFマキシム ブラックインボックスアソート」

AGFマキシム ブラックインボックスアソート

厳選されたコーヒー豆を独自のT2ACMI焙煎技術で丁寧にロースト。

手軽に豊かな味わいとコーヒーのアロマを楽しむことができるコーヒーです。

  1. コロンビア・ブレンド
  2. ブラジル・ブレンド
  3. モカ・ブレンド
  4. キリマンジャロ・ブレンド

以上の4つのこだわりの味を楽しめるお得な大容量サイズ。

1杯1杯がいつも新鮮な個包装スティックコーヒーとなっていてブラック、ミルクなし、甘さはなしです。

50本入りで¥1,140。

11. タモリのCMでおなじみ「アストリア スティックコーヒー ブルーマウンテンブレンド&モカブレンド」

アストリア スティックコーヒー ブルーマウンテンブレンド&モカブレンド

タモリがCMをやっていたことでおなじみの「アストリア スティックコーヒー ブルーマウンテンブレンド&モカブレンド」。

極細引きしたレギュラーコーヒーを加えたプレミックスコーヒーは、ベーシックな味わいとインスタントならではの手軽さをたのしむことができます。

ブルーマウンテンと芳醇なモカブレンド。この2種類を楽しむことができます。

香料・人工甘味料を使用していないので、自然なコーヒーの味を楽しむことができます。

価格は6P(2種各3P)×5箱で¥1,351。

12. ギザギザカットが特徴的「珈琲問屋 FD(フリーズドライ)インスタントコーヒー モカ」

珈琲問屋 FD(フリーズドライ)インスタントコーヒー モカ

スイスHACO社・独自の技術で素早く凍結されたコーヒーエキスを使用したコーヒーは粒子のギザギザカットが特徴的。

香り高い味わいと芳醇なアロマは、一度は味わってみたい高級コーヒーです。

13. コーヒー鑑定士により激戦されたコーヒー「キャピタル シングルオリジン モカ」

キャピタル シングルオリジン モカ

キャピタルのコーヒー鑑定士たちがカップテストをして激戦したストレート豆を使った味わい深いコーヒー。

アラビカ種・ストレート豆100%の深い味わいでクォリティーの高いコーヒー豆だけ揃えています。

独自のフリーズドライ製法により、粒子が硬くて微粉が少なく、お湯だけでなく、冷たいミルクや水にも溶けやすいのが特徴。

深いコクのある酸味は、モカならではの味わいが感じられ、飲みやすい一品に仕上がっています。

価格は60g入りで¥1,080。

created by Rinker
キャピタル
¥1,080
(2020/12/04 18:28:24時点 Amazon調べ-詳細)

歴史あるモカコーヒーを味わおう!

歴史あるモカコーヒーを味わおう!

いかがだったでしょうか?

「モカとは?種類の違いからおすすめのモカコーヒーもご紹介【決定版】」というテーマでお伝えしました。

モカとはもともとイエメン共和国国内で一番栄えていた港の名前でしたがそれにちなんでモカコーヒーというものができたというわけです。

そして今回ご紹介したおすすめのモカコーヒーを参考にしながら、歴史あるモカコーヒーを試してみてください。

モカコーヒーはフルーティな酸味と甘みが特徴的なコーヒーなので、是非最初はブラックで味わってみましょう。

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!