コーヒー豆

コーヒー豆の大さじはいくら?美味しく飲むため適切な量を完全解説

コーヒー豆の大さじはいくら?美味しく飲むため適切な量とは
コーヒー豆は買ったのは良いんだけ、正しいコーヒー豆の量ってどのくらい…?
コーヒー豆の大さじは何グラム?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • コーヒー豆の大さじ(量と杯数)
  • 大さじの場合のコーヒー豆の個数

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

ベストなコーヒー豆の量は大さじ2杯(10グラム)

ベストなコーヒー豆の量は大さじ2杯(10グラム)

結論として、ベストなコーヒー豆の量は大さじ2杯(10グラム)です。

またコーヒー粉も同じ10gで、大さじ約2杯分になります。

つまり、1杯分のコーヒーであるマグカップサイズ(180ml)を美味しく飲むためには、10グラムが一般的ということです。

その「10グラム」をスプーン1杯で計れるのがコーヒースプーンですが、大さじが計れるスプーンで代用できるとした場合は、大さじ2杯になります。

※大さじ2杯は、測る計量カップによって多少変わるのであくまでも参考にしてください。

またおすすめの計量カップは「カリタ コーヒーメジャー ホビー」。

¥300と手頃ながら、ポップでおしゃれなデザインが特徴です。

軽くて扱いやすいメラミン素材でもあります。

コーヒー豆大さじ2杯はあくまで目安

コーヒー豆大さじ2杯はあくまで目安

一般的には1杯淹れるのに10グラム(大さじ2杯)がベストだとお伝えしましたが、「中には濃い方が好きだ!」「いや私は薄いほうが好き!」という方もいるでしょう。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
僕はかなり濃いコーヒーが好きだよ!!

そんな人達は以下の分量がおすすめです。

濃いコーヒーが好きな方

濃い味のコーヒーが好きな場合は、12グラム〜14グラムがベストと言われています。

個人的にも濃いコーヒーが好きなのでかなりの頻度で12グラム〜14グラムの量を試しています。

大さじの量で例えれば、2杯と3分の1程です。

薄いコーヒーが好きな方

察しが良い方ならなんとなくわかるかと思いますが、薄い味のコーヒーが好きな場合は6グラム〜8グラムがベストでしょう。

最初は失敗しないためにも8グラムから淹れてみましょう。

大さじの量で例えれば、1杯と3分の2程です。

コーヒー豆の10グラムは約65個分(大さじ2杯)

コーヒー豆の10グラムは約65個分(大さじ2杯)

でも、実際に測ってみようと思っても何で大さじなのかわからない方も多いでしょう。

そのためには「コーヒー豆の10グラムは、約65個分」と覚えておきましょう。

一つ一つ数えるのは大変ですが、最終手段としても使えます。

数えなくとも、大体で判別できるので覚えておくことに損はないはずです。

また、コーヒー豆は焙煎度で重さが異なってきます。

下記で詳しく説明します。

あくまでも参考までにするようにしましょう。

コーヒー豆は焙煎度合いによって大さじの量が変わる

コーヒー豆は焙煎度合いによって大さじの量が変わる

コーヒーには大きく浅煎り・中煎り・深煎りの3種類の焙煎度合いがあります。

深くなるにつれて、より多く火(熱)にあたっています。

コーヒー豆にも水分が含まれており焙煎によって水分が蒸発します。

  • 浅煎り・中煎りの場合:焙煎後の目減りが約15~17%
  • 深煎りの場合:17~20%くらい

つまり、浅煎り・中煎りの場合は、1kg焙煎したら150グラムから170グラム減るということになります。

深煎りの場合は、1kg焙煎したら170グラムから200グラム減ります。

そのため深煎りのコーヒー豆の方が、1粒当たり多く目減りしているということです。

焙煎具合でグラム数を変えよう

浅煎り・中煎りのメジャーカップ一杯と深焙煎のメジャーカップ一杯では、見た目が同じようでも少しだけ深煎りの方がグラム数が少なくなるのです。

つまり、濃い色合いの深煎りのコーヒー豆は豆でも粉でも、中煎りのコーヒー豆よりも気持ち多めにすることを推奨します。

大さじでコーヒー豆を測る場合でも気持ち多めでいいでしょう。

  • 通常の場合:コーヒー豆の量は大さじ2杯(10グラム)
  • 深煎りの場合:コーヒー豆の量は大さじ2杯と3分の1ほど

正しいコーヒー豆の量(大さじ2杯)を淹れるとプロの味が再現出来る

コーヒー豆の大さじはいくら?美味しく飲むため適切な量とは

いかがだったでしょうか?

「コーヒー豆の大さじはいくら?美味しく飲むため適切な量とは」というテーマでお伝えしました。

まとめると、正しいコーヒー豆の量(大さじ2杯)を淹れるとプロの味が再現出来ます。

いち早くコーヒーの味を上げたいという方は、ぜひコーヒースプーンを使ってみましょう。

なかった場合は、それに代替するもので大丈夫です。

飛躍的に毎日作るコーヒーの精度を上げることが出来ます。

バリスタ
バリスタ
大さじ2杯は覚えておくよ!

またコーヒー豆65個分ということを覚えておけば、専用の測りがなくても大体でいれるこができるので、是非この個数も覚えておきましょう。

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!