コーヒー

パーコレーターの使い方とは?その仕組みからおすすめまでご紹介

パーコレーターはコーヒーだけでなく紅茶やお茶も淹れられる
パーコレーターとは?美味しく淹れるための使い方が知りたい!
パーコレーターのおすすめが知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

この記事から分かること
  • パーコレーターとは何か
  • パーコレーターの仕組みと使い方
  • パーコレーターのおすすめ商品5つ

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

パーコレーターとは?

パーコレーターとは?

そもそもパーコレーターとはどんなものなのでしょうか?

パーコレーターとはコーヒー用のポットのことで、通常のポットとは異なり直火でお湯を沸かしそのままコーヒーを作れる構造になっているのが特徴です。

抽出中は蓋のガラス部分から中をのぞくことで、コーヒーの色合いを見て濃さを判断できます。

非常に丈夫で故障も少ないので、キャンプやアウトドアにおすすめのコーヒー器具となっています。

バリスタ
バリスタ
もともとフランスで考案されたもので、西部開拓時代のアメリカで普及したらしいよ!

パーコレーターの仕組み

パーコレーターの仕組み

パーコレーターのパーツは主に3つあります。

  1. 透明ノブ:お湯が下からノブの部分に吹き上げてくる部分です。ここで色を見ながら確認できます。
  2. バスケット:コーヒーの粉を入れるところです。
  3. バスケットの蓋:コーヒー豆を入れたらバスケットに蓋をします。

直火で熱くなったお湯が、蒸気圧によってパーコレーターの中心部にある管から吸い上げられ噴出されます。

この熱いお湯がコーヒー豆に当たることでコーヒーが抽出される仕組みです。

この循環が何回も繰り返されることによって、コーヒーが徐々に濃くなっていきます。

パーコレーターの使い方

パーコレーターの使い方

続いてはパーコレーターの使い方をご紹介していきます。

ステップは主に3つあります。

  1. 下準備する
  2. バスケットにコーヒー豆を入れる
  3. コーヒーを抽出する

1つ1つ解説します。

下準備する

中から上記で説明した「バスケット」という器具を取り出しておきましょう。

それから飲みたい量の水とコーヒー粉をポットに入れ、沸騰させます。

その間にコーヒー豆をミルで挽きバスケットに半分くらい入れて蓋をしておきましょう。

またコーヒー豆は中挽きor粗挽きがおすすめです。

普通のペーパーフィルター用を使用すると、粉っぽいにコーヒーになってしまいます。

バスケットにコーヒー豆を入れる

そしたらバスケットにコーヒー豆を入れていきます。

バスケットの蓋を閉め忘れないように注意しましょう。

また一旦、火からおろしてセットしてください。

バリスタ
バリスタ
やけどに気をつけたいね!

コーヒーを抽出する

再び弱火に約4分かけます。

蓋のガラス部分からコーヒーの色の濃さを確認し、色が濃くなってきたら美味しいコーヒーの出来上がりです。

注意点としてはあまりに火にかけすぎると煮詰まりしてしまいます。

その点は気をつけましょう。

バリスタ
バリスタ
急激に沸騰させて抽出するのと、時間をかけて抽出するのでは味が全然違うよ!

お好みの味を探してみましょう!

パーコレーターの使い方についてのQ&A

ここではパーコレーターの使い方についてのQ&Aをしていきます。

パーコレーターで抽出したコーヒーは美味しくないの?

一概には言えませんが、淹れ方にも変わってきます。外でパーコレーターを使い自分で淹れたコーヒーを飲むのは普段とは違って格別です。

粉がコーヒーの中に混じってしまうのですが…。

多少なりとも混じってしまうのは仕方がないことです。コップに注いだら、粉が下に沈むまで少し待つことをおすすめします。

ガラスとふたの接合部から中のコーヒーが出てきてしまいます。

お湯の量を若干少なめにするのがおすすめ。パーコレーターは湯量が多すぎると上手く循環できません。

パーコレーターのおすすめ5選

パーコレーターのおすすめ5選

ここからはパーコレーターのおすすめを5つご紹介していきます。

まとめると以下の通りです。

  1. コールマン ステンレスパーコレーター3
  2. ロゴス ステンレスパーコレーター
  3. コールマン エナメル コーヒー 14カップ パーコレーター
  4. BIALETT 直火式 モカエキスプレス 3カップ 1162
  5. ジーエスアイ ステンレス パーコレーター 11870006000009

1つ1つ解説します。

1. 持ち運びが簡単でアウトドアでも使える「コールマン ステンレスパーコレーター3」

コールマン ステンレス パーコレーター III

ステンレスの本体に木のハンドルがついた高級感のあるシンプルなデザインのパーコレーターです。

キャンプ・アウトドアだけでなく、家庭で使用するのにもおすすめ。

軽くて中身が洗いやすいし、良いことづくめで大活躍間違いなし!

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥5,126
(2020/12/05 02:55:53時点 Amazon調べ-詳細)

2. 耐久性が高いパーコレーター「ロゴス ステンレスパーコレーター」

ロゴス ステンレスパーコレーター

耐久性が高く、でサビに強いステンレスを使ったロゴスのパーコレーターになります。

ブランドを象徴するメープルリーフの刻印が特徴です。

本体外側には目盛りが付いているため、計量にも便利。

一度に約6杯分のコーヒーを抽出できるので、家族やグループなどの大人数で集まるキャンプなどにもおすすめ。

ケトルとして使用する場合は約1.3Lの容量で使えます。

価格は¥6,480。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥6,862
(2020/12/05 11:08:29時点 Amazon調べ-詳細)

3. 二重のエナメルコーティング「コールマン エナメル コーヒー 14カップ パーコレーター」

コールマン エナメル コーヒー 14カップ パーコレーター

こちらのパーコレーターは傷つきにくく、破損にも強いのが特徴です。

二重のエナメルコーティングが施されており、上部のフチの部分はステンレススチールを採用しています。

そのため、欠けたり擦れて塗装がはがれたりするのを防いでくれます。

14カップと内容量も大きいため、ファミリーやグループでのキャンプやアウトドアで使っているモデルです。

耐久性に優れていて、大人数のコーヒーが淹れられるパーコレーターを探している人には非常におすすめ。

価格は¥6,500。

4. 直火式エスプレッソメーカーマキネッタ「BIALETT 直火式 モカエキスプレス 3カップ 1162」

BIALETT 直火式 モカエキスプレス 3カップ 1162

BIALETTI(ビアレッティ)は、コク深いコーヒーを家庭で簡単に作ることができる、直火式エスプレッソメーカーになります。

「髭おじさん」のトレードマークで親しみのあるイタリアの老舗「ビアレッティ社」の定番モデルです。

伝統的な美しいフォルムは長く引き継がれつつ、人間工学に基づいた新しいハンドルを採用するなど、細部へのこだわりと進化を続けています。

マキネッタが気になっているなら是非こちらがおすすめです。

価格は¥4,400。

created by Rinker
BIALETTI(ビアレッティ)
¥3,173
(2020/12/04 18:05:18時点 Amazon調べ-詳細)

5. 無駄のないシンプルなデザイン「ジーエスアイ ステンレス パーコレーター 11870006000009」

ジーエスアイ ステンレス パーコレーター 11870006000009

ステンレスの中でも耐食性や強度に優れている「18-8ステンレス(SUS304)」を使っているパーコレーターになります。

無駄のないシンプルなデザインが特徴で、アウトドアだけでなく家庭でも使うことができます。

持ち手には熱を伝えにくい耐熱シリコンを採用しています。

フタのつまみはガラスではなく、プラスチックでできているので壊れにくいのも魅力。

価格は¥7,956。

created by Rinker
GSI
¥7,876
(2020/12/05 11:08:31時点 Amazon調べ-詳細)

パーコレーターはコーヒーだけでなく紅茶やお茶も淹れられる

パーコレーターはコーヒーだけでなく紅茶やお茶も淹れられる

またパーコレーターはコーヒーだけでなく紅茶やお茶も淹れられます。

バスケットに緑茶や紅茶の茶葉を入れれば、お茶を煮出すことも可能です。

お好きなお茶を持ってアウトドアに行くのもおすすめ。

また小さな鍋代わりにして、簡単な調理もできます。

パーコレーターには、多種多様な大きさのものが販売されているので、大きめのパーコレーターは鍋として使えます。

注ぎ口部分には、抽出後のコーヒーかすが外に出ないようフィルターがついているため、パスタやうどんの湯切りとして使うのも便利です。

パーコレーターを使ってゆっくりとしたコーヒータイムを過ごそう!

パーコレーターを使ってゆっくりとしたコーヒータイムを過ごそう!

いかがだったでしょうか?

「パーコレーターの使い方とは?その仕組みからおすすめまでご紹介」というテーマでお伝えしました。

パーコレーターは様々な使い方があるため、1つ持っておくと非常に便利です。

キャンプで使うのにおすすめなので、アウドドア派の方は持っておくと良いでしょう。

そして今回ご紹介したおすすめのパーコレーターを参考にしながら、お気に入りの商品を購入してみてください。

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!