コーヒー豆

コーヒーの生豆とは?保存・焙煎方法からおすすめの豆までご紹介【厳選】

コーヒーの生豆とは?保存・焙煎方法からおすすめの豆までご紹介【厳選】
生のコーヒー豆といえば、生豆だけどどんな特徴があるのかな?
生豆の保存方法や保存期間についても知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • 生豆とは何か
  • 生豆の保存・焙煎方法
  • おすすめの生豆

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒーの生豆とは?

コーヒーの生豆とは

コーヒー生豆と言われてもなかなかイメージがわかない方も多いかと思います。

1杯のコーヒーが出来るまでには、様々な製造過程が存在します。

まずコーヒーチェリーが収穫され、その外側の皮などを取るために精製加工されます。

この段階のコーヒー豆のことを「生豆」と言います。

これが皆さんの思っている、いわゆる生のコーヒー豆です。

コーヒーの生豆は、その後焙煎されて炒められて黒茶色になり店に並ぶことがほとんどです。

生豆は普段の生活で見かけることはありませんが、コーヒー豆の自家焙煎専門店などに行くと、ショップに並んで売られていることも多くあります。

コーヒー生豆はほぼ緑色をしているため、一度見ただけではコーヒー豆だと気づきにくいでしょう。

生豆の特徴

コーヒーの生豆の特徴としては非常に硬くて、そのままではとても飲めたものではありません。

生豆を焙煎して加工することで美味しいコーヒーが出来上がります。

仮に家庭用の自家焙煎機を購入して自分で焙煎し始めるようになると、コーヒー生豆の保存方法についても気を使う必要が出てきます。

そのため、生のコーヒー豆の保存方法について以下で解説していきます。

コーヒーの生豆の保存方法は簡単

コーヒーの生豆の保存方法は簡単

生のコーヒー豆(生豆)の保存方法は、比較的簡単です。

焙煎した後のコーヒー豆の保存方法&保存場所については、湿度・気温・射日光など色々な条件が存在しますが、コーヒー生豆に関してはそこまで気を使う必要はありません。

直射日光が当たる場所や湿度が高い場所は避けた方が良いですが、それ以上にそこまで条件が必要というわけではありません。

コーヒー生豆を買うと、基本的には麻袋に入ってコーヒー生豆は届きます。

おすすめはその麻袋を使い続けて保存すること。

少量しかコーヒー生豆を買わない場合には、麻袋がついて来ない場合もありますが、そのときにはネット上で買うことも出来ます。

麻袋がない場合には、通気性の良さそうな布で出来た袋などでもコーヒー生豆を保存することができます。

風通しの良いところで保存しておけば、特にコーヒー生豆の保存方法に気を使う必要はないでしょう。

生豆の保存期間

コーヒーの生豆は、長期間保存することが出来ます。

焙煎した後のコーヒー豆は1ヶ月程度しか保存することが出来ませんが、生豆の場合には数年間の保存が可能です。

しかしコーヒー生豆の状態や保存方法によって微妙に違ってくるため、一概に何年間保存できるとは言いにくいです。

日光&湿度を避けて風通しの良い場所に保管すれば、一般的に3年間ほどは美味しい生豆の状態で保存することが可能。

保存期間に応じて呼び名が変わる

またコーヒーの生豆は保存期間に応じて、その呼び名が変わるのをご存知でしょうか?

まとめるとこんな感じです。

  • ニュークロップ:その年に収穫された新しいコーヒー豆
  • パーストクロップ:1年前に収穫されたコーヒー豆
  • オールドクロップ:2年以上前に収穫されたコーヒー豆

つまりニュークロップが一番新しく、オールドクロップが古くなります。

基本的に新しいコーヒー生豆は、コーヒー豆それぞれの個性を感じることが可能ですが、まろやかさは感じにくいでしょう。

一方で古いコーヒー生豆は味がまろやかですが、コーヒー豆本来の香りや個性が失われてしまいます。

例を挙げるとワインが当てはまります。

ワインを寝かせてから飲むように、生のコーヒー豆(生豆)を寝かせてから飲んで、まろやかにするという考え方もありますが、近年ではサードウェーブコーヒーの影響によりコーヒー豆の個性を重要視する方向性があります。

そのためカフェなどでは、収穫されたばかりのコーヒー生豆が使われることが増加しています。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
新鮮なうちに飲むのがやっぱり大事だね。

コーヒーの生豆を自宅で上手に焙煎する方法

コーヒーの生豆を自宅で上手に焙煎する方法

続いてコーヒーの生豆を自宅で上手に焙煎する方法について解説します。

コーヒーの生豆を焙煎するには多くの方法がありますが、今回はフライパンで炒める方法をご紹介していきます。

焙煎の手順については以下の通りです。

  1. 生豆を洗う
  2. 蓋をして3分くらい蒸し焼きにする
  3. 炒める
  4. ハゼを起こす
  5. 煎り止め
  6. すばやく冷まして、欠点豆を取り除く

以上の6つの手順になります。

1. 生豆を洗う

まずは生豆をざるに入れて、熱湯で洗います。

汚れやホコリを取るのと、これをすると表皮が剥がれるため、焙煎中にとび散らなくなるので簡単になります。

また生豆が濡れているところから焙煎スタートするため、熱が伝わりやすくなっています。

2. 蓋をして3分くらい蒸し焼きにする

濡れたままフライパンに入れたら中火で点火していきます。

最初は、生豆の中の水分を抜く作業なので、中火で蓋をしてじっくり蒸し焼きにしてください。

3分くらいすると水分が抜けて、シャカシャカと生豆が動きやすくなります。

3. フライパンで炒める

フライパンで炒める

ここからはフライパンを揺すったり、ヘラでかき混ぜたりして、ひたすら中火で炒めていきます。

焼きムラができないように、なるべく混ぜ続けましょう。

6分を過ぎたあたりから、少しずついい香りに変わって来て、色もほんのり焼けた感じの色になってきます。

そして表皮を吹き飛ばします。

4. 1ハゼがスタート

さらに煎り続けます。

このあたりからは焙煎の進みが早いため、焼きムラが出来ないようになるべく早く混ぜ続けます。

9分過ぎくらいで1ハゼが起きてきます。

ハゼとは

焙煎具合の目安となるが、「ハゼ」と呼ばれる現象です。

ハゼとは焙煎を進めていく中でコーヒー豆に現れる化学反応の一つで、小さな爆発音を伴います。

コーヒー豆に含まれる糖類が熱により“カラメル化”していくのと同時に内部から“炭酸ガス”が発生します。

つまり、パチパチとした音がしてきます。

約2分間パチパチが続きます。

5. 煎り止め

ハゼが鳴るのが終わり、1分くらいで火を消して煎り止めにします。

※ここは個人的な好みがあるため、深く焙煎したい方は、もっと炒めてください。

浅く焙煎したい方は逆にもっと早く炒めるのをやめてください。

ハゼが終るか終わらないかくらいだと浅煎り、もう少し焙煎すると中煎り、次の2ハゼまでやると深煎りになります。

より詳しくハゼのことについて知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】
コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】今回はコーヒー豆のローストについて徹底解説していきます。ローストとは何かから、その違いまで具体的にお伝えしつつ、自宅で出来るコーヒー豆の焙煎方法についても教えます!正しい時間で美味しいコーヒーを飲みませんか?...

6. すばやく冷まして欠点豆を取り除く

火を止めたらすぐにざるに移して、うちわ、または扇風機で一気に冷やします。

のんびりしているとさらに煎りが進んでしまうのでここはすばやく冷ましましょう。

そして、最後に欠点豆をピッキングしていきましょう。

この欠点豆を取り除いていくことで、後から飲む際に味が劇的に変わってきます。

バリスタ
バリスタ
フライパンで炒めるのが焙煎になるんだね!簡単そう…

コーヒーの生豆おすすめ3選

コーヒーの生豆おすすめ3選

最後にコーヒーの生豆おすすめ3つご紹介していきます。

今回はAmazonや楽天でも人気の生豆をお伝えしつつ、その味の特徴も解説します。

まとめると以下の通り。

  1. 松屋珈琲 コーヒー生豆 コロンビア スプレモ
  2. 松屋珈琲 コーヒー生豆 ブラジル サントス No.2
  3. 生豆倶楽部 コーヒー生豆 プレミアム 厳選セレクト5農園セット

1. 松屋珈琲 コーヒー生豆 コロンビア スプレモ

松屋珈琲 コーヒー生豆 コロンビア スプレモ

最初にご紹介するおすすめの生豆は「松屋珈琲 コーヒー生豆 コロンビア スプレモ」。

ブラジルに次ぐ南米第2位の生産量を誇る、マイルドコーヒーの代名詞とも言える豆です。

国土の大半が山岳高原地帯となっていて、コーヒー栽培に適した気候・風土により高品質の豆が栽培されているのが特徴。

フレンチローストやイタリアンローストなどの深煎りのエスプレッソやアイスコーヒーに特におすすめしたい生豆です。

等級

コーヒー豆の大きさにより等級分けされていて、その上級規格が「スプレモ」です。

通常の生豆に比べると1回り大きく、味に深みを感じられるはず。

酸味、苦味、甘味もありしっかりとしたコクがあります。

価格は1kg入りで¥1,435とコスパ抜群。

2. 松屋珈琲 コーヒー生豆 ブラジル サントス No.2

松屋珈琲 コーヒー生豆 ブラジル サントス No.2

続いてご紹介するおすすめの生豆は「松屋珈琲 コーヒー生豆 ブラジル サントス No.2」。

アラビカコーヒーの中で最も人気で安定的な品種である豆を使用しています。

酸味・苦味のバランスが良く、多くの方から好まれる味わいです。

またクセがないのでブレンドのベースとして欠かせない銘柄となっています。

等級

等級は、豆の大きさと欠点豆の混入度合いによって決まります。

「17/18」は豆の大きさを表し「No.2」は欠点豆の点数が11点未満のものということになります。

ソフトな味わいでクセがない生豆を是非試してみて下さい。

価格は1kg入りで¥1,224とこちらもコスパ抜群。

created by Rinker
matsuyacoffee
¥1,096
(2020/12/02 19:56:21時点 Amazon調べ-詳細)

3. 生豆倶楽部 コーヒー生豆 プレミアム 厳選セレクト5農園セット

生豆倶楽部 コーヒー生豆 プレミアム 厳選セレクト5農園セット

続いてご紹介するおすすめの生豆は「生豆倶楽部 コーヒー生豆 プレミアム 厳選セレクト5農園セット」。

こちらはお試しセットとなっていて、様々な農園でつくられた生豆を試すことが出来ます。

焙煎で様々な味わいを生み出すという”楽しさ”を体験するために、スタンダードでは味わえない複雑味を持つ高級コーヒー豆をシリーズ化したのが生豆倶楽部(Green Beans Club)。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
高級コーヒーは是非一度は飲んでみたいね!

価格は200g×5袋で¥2,590と少々お高めですが、買う価値はあります。

コーヒーの生豆から味わおう!

コーヒーの生豆とは?保存・焙煎方法からおすすめの豆までご紹介【厳選】

いかがだったでしょうか?

「コーヒーの生豆とは?保存・焙煎方法からおすすめの豆までご紹介【厳選】」というテーマでお伝えしました。

生豆の保存方法については比較的簡単で、日光と湿度を意識しながら管理するだけです。

また自宅での生豆の焙煎方法は、フライパンで炒めるのもおすすめです。

是非実践してみて生豆から採れるコーヒー本来の味わいを楽しんでください。

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!