コーヒー豆

コーヒーを飲み比べする際のコツとは?自分にピッタリな豆を選ぼう

コーヒーを飲み比べする際のコツとは?自分にピッタリな豆を選ぼう
コーヒー豆を飲み比べってどうやったらいいのかな?
飲み比べをやって本当に美味しいコーヒー豆に出会えるのかな?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

コーヒーを飲み比べる際のコツ3つ

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒーを飲み比べするには大きく分けて3つ

コーヒー豆を飲み比べするには大きく分けて3つある

大きく分けると、コーヒー豆を飲み比べするには大きく分けて3つあります。

まとめるとこんな感じです。

  1. 好みのローストをするお店を見つける
  2. 好みの風味を見つける
  3. 好きな産地を見つける

以上の3つです。一つ一つ解説していきます。

【コーヒーを飲み比べするコツ】1. 好みのローストをするお店を見つける

コーヒー豆を飲み比べするコツ:好みのローストをするお店を見つける

まず1つ目は、好みのローストをするお店を見つけるということです。

理由は簡単でその方法が一番効率が良く、安定しているからです。

コーヒーを選ぶ上で、ロースト加減が大きな違いと言っても過言ではありません。

自宅でする場合は、その加減が微妙に違っていたり、コーヒー豆の量が変わってしまうかもしれません。

しかし、お店の場合はそんなことがありません。

お店によっては苦味を楽しむような考えであったり、より酸味を強く押し出していくロースターもたくさんあります。

コーヒーはあくまで嗜好品です。

普段飲み慣れている味が美味しいかもしれませんが、素直に自分の味覚にあった味を見つけるのが最も本質的でしょう

まずは、様々なコーヒー豆ショップを回ってみてブラックコーヒーやラ・テを飲み比べてみましょう。

そして、好みのロースト加減のお店を見つけてみましょう。

【コーヒーを飲み比べするコツ】2. 好みの風味を見つける

コーヒー豆を飲み比べするコツ:好みの風味を見つける

2つ目は、好みの風味を見つけることです。

好みの風味を見つけることで、自分の好きなコーヒー豆にたどり着ける確率が圧倒的に上がります。

コーヒー豆も農作物です。

品種による風味の違いに加えて、作る場所や作り方、精製方法などによっても仕上がりは全く違ってきます。

つまり、どのコーヒー・コーヒー豆も違う風味を持っているのです。

そんな風味を、僕たちは、フルーツなどの日常的な食べ物に例えて表現していることが多いです。

例を挙げてみます。

  • レモン
  • オレンジ
  • ブルーベリー
  • ストロベリー
  • チョコレートなどなど。

メニューや豆のパッケージなどに、「チョコレートのような丸い甘さ!!」などといった風に覚えると、飲み比べした際に役に立ちますよ。

【コーヒーを飲み比べするコツ】3. 好きな豆の産地を見つける

コーヒー豆を飲み比べするコツ:好きな産地を見つける

3つ目は、好きな豆の産地を見つけることです。

コーヒー豆の生産地によって、味、風味などは全く違ってきます。

好きなコーヒー豆の産地を予め知っておくことで、探す作業を圧倒的に少なくすることが出来ます。

ちなみに、コーヒー豆の産地による味の違いを知っているでしょうか?

いくつか例を挙げてみましょう。

  • ブラジル:酸味と苦味のバランスが取れたクセのない
  • ベトナム:苦味と渋みが強い
  • コロンビア:豊かな甘みと南国の果実感
  • インドネシア: 酸味は軽く、深いコクと苦味がありながら口あたりはなめらかで、ほのかな甘みも楽める
  • エチオピア:甘みとフルーティーな香り
  • ホンジュラス:ドライフルーツのような風味や、フルーティーな酸味
  • インド:強い独特な苦味で、酸味が少ない
  • ペルー:マイルドで甘み、その中に程よい酸味がある
  • グアテマラ:果物を思わせるやや強い酸味と、花のような芳しい香り
  • ウガンダ:口当たりがよくまろやかなコーヒーの味

※ちなみに、この順序はコーヒー豆の生産量が多い国トップ10になります。

このようにたくさんのコーヒー豆の種類があるのを知っていただけたかと思います。

自分の好きなコーヒー豆の産地の味を探していると、自然と飲み比べする際も簡単に見分けることが出来ますよ。

飲み比べするには色んなコーヒー豆を試すことが大切

コーヒーを飲み比べする際のコツとは?自分にピッタリな豆を選ぼう

いかがだったでしょうか?

今回は、コーヒー豆を飲み比べする際のコツについて解説しました。

まとめると、大雑把にはなってしまいますが、飲み比べするには色んなコーヒー豆を試すことが大切だということです。

どんなに今回お伝えした3つの方法を実践しても数を重ねないとうまく飲み比べができません。

人によって感じ方は様々ですし、一概にどのくらいかかるか言えませんが、色々なコーヒー豆を試すことが一番の有効な方法なのかもしれません。

ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!