ダイエット

糖質制限はコーヒーが鍵!飲み方からおすすめの商品まで完全解説【最新】

糖質制限とコーヒーの関係性を理解しよう!
糖質制限とコーヒーの関係性ってどんなものがあるの?
糖質制限中にコーヒーは効果があるの?ダイエット効果は?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

分かること
  • そもそも糖質制限とは何か
  • 糖質制限とコーヒーの関係性
  • おすすめの飲み方
  • コーヒーで糖質制限をする際の注意点
  • 上手に糖質制限をする方法
  • 糖質制限に代わるおすすめ商品

本記事の信頼性

コーヒー豆研究所(@topcoffeelab)ではコーヒーの専門家が監修しています。コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタとしての経験がありながら、現在はコーヒー豆&粉の専門家として日々活動中です。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. コーヒー豆研究所 オリジナル厳選豆:完全フェアトレード&農薬不使用。非常に飲みやすく、酸味も香りもほど良くバランスが取れている。今なら何個でも40%OFF!
  2. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

そもそも糖質制限とは?コーヒーとの関係性を知る前に理解しておこう

そもそも糖質制限とは?コーヒーとの関係性を知る前に理解しておこう

日本人の死因の2位は心不全と言われています。

日本心臓財団によると、2030年には心不全の患者数は130万人に達すると言われています。その大きな原因が糖分の取りすぎなのです。

血糖値が急上昇すると血管が傷つき、動脈硬化などの生活習慣病や老化が進みます。

体内環境を優しく整えるためには適度な糖質制限が大事ですね。

そこで糖質とは何かをみていきましょう。

3大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質のうち炭水化物に含まれるものが糖質になります。

糖質は生きる上で不可欠なエネルギー源ですが、現代の食事では炭水化物の多い食べものが多く、飲み物にも角砂糖何十個分もの糖質が含まれています。

人の体は摂取した食べ物から最優先でまずは糖質をエネルギーに変換していきます。糖の燃焼を終えてはじめて体に蓄積した脂肪分の燃焼が始まります。

そのため、いくら運動をしても摂取する糖質の量がそれを上回れば脂肪が減っていくことはないのです。

ダイエットやボディメイクしたい方は糖質の量を意識する

ダイエットがうまくいかない方は一生懸命運動したり、生活を工夫しているかとは思いますが、同時に摂取する糖質の量についても考える必要があります。

糖質制限を行うことで、血糖値の上昇が緩やかになり、インスリン分泌が減ります。

インスリンは余った糖を脂肪に変えて蓄積するように命令をだすホルモンです。

インスリンの分泌が減ることにより、脂肪として蓄積しにくい体質に改善し、摂取した糖質をエネルギーとして上手に使用できるようになります。

太り過ぎのリスクは恐ろしいものです。

  • 動脈硬化
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞…etc.

聞くだけも怖くなる病気ばかりです。

糖質を賢く減らしていき、脂肪燃焼を進めるとともに、コーヒーに含まれるクロロゲン酸を上手に活用し、インシュリンの分泌を減らし、血圧を下げ、痩せやすい体づくりを行っていきましょう。

糖質制限でコーヒーを飲んでもOK?

糖質制限でコーヒーを飲んでもOK?

まずは糖質制限の基準ですが、以下の通りです。

  • ダイエット目的→1日に170g程度の糖質をとる
  • 生活習慣病の予防→1日に140g以下に抑える
  • 既に肥満による疾病を抱えている方→1日に60g以下に抑える
  • 糖尿病など深刻な症状を抱える方→1日に20g以下に抑える

ちなみに茶碗一杯分の白米には55gの糖質が含まれています。

砂糖の場合はほぼ100%が糖質のため、毎朝コーヒーにティースプーン2杯分を使用した場合には6gになります。

加糖の缶コーヒーの場合はメーカーにもよりますが、30g程度の砂糖が入っており、これだけで30gの糖質を摂取したことになります。

芋類、根菜類、果物類、小麦粉なども糖質が高い食べ物の代表となります。

このように見ていくといかに糖質過多な生活を送っているかがわかりますね。

食べたい訳ではないのについつい口が寂しくて甘いものをつまんでしまったり、甘いものを飲んでしまう方は要注意です。

ブラックコーヒーがおすすめ

そこでおすすめなのがブラックコーヒーです。

ブラックコーヒーの糖質量は200ml(通常のコーヒー屋さんのSサイズカップ)で1.4gとごく微量です。

その為、砂糖を加えない限りコーヒーで太ることはないと言えます。

なんとなく飲んでしまうものをコーヒーに変えることで賢く体質改善をしていきましょう。

糖質制限はコーヒーが鍵!おすすめの飲み方

糖質制限はコーヒーが鍵!おすすめの飲み方

コーヒーにはクロロゲン酸と呼ばれるコーヒーポリフェノールが含まれており、脂肪燃焼を促進させる働きや血糖値を下げる効果、活性酸素を抑制する働きがあります。

またカフェインにも脂肪吸収を抑える効果があります。

食後30分以内、もしくは運動の前後に飲むことで特に効果がアップします。

摂取する糖質の量を減らすとともに脂肪を燃焼しやすい体づくり、体質改善の為にコーヒーは非常に効果的と言えるでしょう。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
食後30分以内か運動の前後だね!覚えておこう。

コーヒーを飲んで糖質制限ダイエットをする際の注意点

コーヒーを飲んで糖質制限ダイエットをする際の注意点

コーヒーを飲んで糖質制限ダイエットをする際の注意点は、食事の代わりをコーヒーにしないこと。

糖質制限はあくまでも取りすぎた過剰な糖が脂肪分になってしまうのを防ぐことです。

そして蓄積した脂肪分をエネルギーに変えて痩せやすい体を作ることが目的です。

あくまでもバランスの良い食事と適度な運動の上でコーヒーの効果が現れます。

偏食や絶食など偏ったダイエットではなく健康的に楽しくコーヒーの効果を使い痩せやすい体を作っていきましょう。

糖質を減らし過ぎない

人間は1日に170gの糖質が必要です。

そのうち120gは脳で消費され、30gは赤血球が全身に酸素を運ぶためのエネルギーとして使われます。

健康体の方が、脂肪分の蓄積もなくただただ糖質を減らしてしまうと、分解できるものがなくなってしまいタンパク質が分解されて糖に変えられてしまいます。

それにより筋肉量はへり、体温が下がり、免疫力の低下も進みます。

一般の方は運動、バランスの良い食事をも基本にし、糖質制限をするとしても140g程度は糖質を取るようにしましょう。

こうした緩やかな糖質制限をロカボと呼びます。

無理のあるダイエットではなく長期的に健康な体を作っていくシステムを重視しましょう。

コーヒーを飲みながら糖質制限する方法

コーヒーを飲みながら糖質制限する方法

糖質が少ない食品は魚介類、肉類、卵、チーズなどのタンパク質が多い食品と葉物野菜、きのこ、海草などのミネラルの多い食品です。

部位によって異なりますが肉100gの糖質は0.2g程度です。

普段の食事に肉や野菜などを多く取り入れながら、バランスの良い食事に変えていくことが一番大事です。

牛乳は100mlに炭水化物5g、調製豆乳は2g、無調整豆乳は1g程度です。

まずは自分自身がダイエット目的なのか、生活習慣病予防なのかそれに合わせて糖質量を計算しましょう。

先に述べた通りダイエット目的の方は140gから170g程度の糖質はとった方が良いです。

成分表を見て計算する

商品の成分表を見たときに糖質が表示されている場合はその数字で計算しましょう。

糖質の表記がない場合は炭水化物の欄を見ましょう。

炭水化物には糖質と食物繊維が合算された数値が書かれています。

計算する際は炭水化物=糖質で計算しても大きすぎるズレはないでしょう。

コーヒーミルク

コーヒーにミルクを入れる場合、無調整豆乳を使えばブラックコーヒーと同じくごく少量の数値になります。

どうしても糖質を抑えないと行けない方は無調整豆乳を選ぶと良いでしょう。

また砂糖よりはちみつの方が幾分糖質は低く、砂糖より甘みが強いため、少量で甘さを満たすことができます。

こういった基準で普段の食生活を見直すことで少しずつ生活習慣を変えていくことが大事ですね。

糖質制限に代わるおすすめ商品2選!コーヒーも楽しめる

糖質制限に代わるおすすめ商品2選!コーヒーも楽しめる

ここでは糖質制限に代わるおすすめ商品を2つご紹介していきます。もちろん、コーヒーも楽しめます。

まとめると以下の通りです。

  • カフェテイン
  • チャコールバターコーヒー

順番にご紹介します。

1. 運動との相乗効果は抜群「カフェテイン」

カフェテイン

カフェテインはホエイプロテインとビタミン、ミネラル、消化吸収をサポートする成分、酵素が総合的に含まれたインスタントコーヒーです。

糖質は2.7g、カフェイン120g、ホエイプロテイン5g、また肌の弾力を保つために必要なエラスチンが含まれています。

コーヒーポリフェノールの脂肪燃焼作用と糖質制限中に失われやすいタンパク質や美肌成分をこれ一杯で補給できます。

また今なら初回限定67%OFFでカフェテインが買えます。

» 公式サイトで申し込み

カフェテイン
カフェテインとは?口コミから効果までの評判を徹底解説【決定版】痩せない・痩せるなどで話題のカフェテインについて徹底解説していきます。気になるカフェテインの口コミから効果効能まで評判を細かくお伝えします。飲むタイミングや成分についても踏まえつつ、おすすめのポイントをご紹介するので、迷っている方は必見です! ...

2. 腸内環境から改善「チャコールバターコーヒー」

MCTオイル配合 チャコールバターコーヒー

チャコールバターコーヒーはMCTオイル、バター、マカ、ジンジャー、イヌリン、活性炭を配合しています。1杯の糖質は0.8gです。

MCTオイルやバターは満腹ホルモンの分泌を促してくれます。

またオイルに含まれるケトン体は脂肪分をエネルギーとして使用するのをサポートします。

マカ、ジンジャーが活力を見いだし、イヌリンは腸内細菌の動きを活発にし、消化吸収を助けると言われています。活性炭はお通じをよくしてくれます。

またこちらも現在、お得なキャンペーンを行っているようです。

3個の注文で1個を無料プレゼント!プラス1つで合計4個を発送してくれます。

カフェテインは運動をされている方に、チャコールバターコーヒーは腸内環境から改善して行きたい方におすすめです。

食事バランス、適度な運動、そしてこれらの製品を効果的に使い不足しがちな栄養素を補い健康で痩せやすい体づくりを進めていきたいですね。

» 「チャコールバターコーヒー」公式サイトはこちら

MCTオイル配合 チャコールバターコーヒー
チャコールバターコーヒーとは?口コミ・評判からお得に買う方法までダイエット効果が期待できるとして話題のチャコールバターコーヒーについて徹底解説していきます。気になる口コミ・評判からお得に買う方法まで幅広くご紹介!楽天やAmazonでも販売されていますが、より安く買う方法あるんです!気になる方は必見です。 ...

糖質制限とコーヒーの関係性を理解しよう!

糖質制限とコーヒーの関係性を理解しよう!

いかがだったでしょうか?

糖質制限はコーヒーが鍵ということで、飲み方からおすすめの商品まで完全解説しました。

今回の重要な内容をまとめると以下の通りです。

  • 3大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質のうち炭水化物に含まれるものが糖質
  • 食後30分以内、もしくは運動の前後に飲むことで特に効果がUP
  • 糖質制限をするとしても140g程度は糖質を取るようにする

特にこの記事でご紹介した糖質制限に代わる2つの商品は、コーヒーを楽しみながらボディメイクやダイエットに集中できるのでおすすめです。

是非参考にしながら、糖質制限とコーヒーの関係性を理解しましょう!

ABOUT ME
manager_sugaya
manager_sugaya
コーヒーが全く飲めないところから、ある時飲んだたった一杯のコーヒーに衝撃を受けてバリスタに転身。3rd Wave Coffee有名店で店長を勤める。あらゆるコーヒーの楽しみ方を模索し、1kgの焙煎機を自作しローストを研究。現在は更なるコーヒーの可能性を探し、バーテンダー兼マネージャーとして都内バーに勤務中。
TVや雑誌で話題のチャコールバターコーヒー

チャコールバターコーヒーTVや雑誌などで多数注目を集めている「バターコーヒーダイエット」。

海外セレブも実践する”朝の習慣”は、1杯の香り高いコーヒーが燃焼モードに早変わり!

活性炭入りバターコーヒーで、累計12万セットを突破しています。

バターコーヒーをお湯や水で割るだけで作れるインスタントタイプです。

豆乳で割るとラテにもなるので、幅広い調理方法が楽しめます。

Amazonのレビューは800件以上で、星4つと高評価!

圧倒的な手軽さ毎日使い続けると、その手軽さに気付きます
美味しさ香り高い美味しさが特徴
体感があるお腹が空かなくなる、お通じがよくなったなどの意見があった
LINEでの接客LINEで即相談できる仕組みを作っています
価格¥1,980(1杯63円と圧倒的に安い

» チャコールバターコーヒーはこちら

こちらの記事もおすすめ!