コーヒー豆

コーヒー豆の酸味が少ない理由とは?自分好みのコーヒーを味わおう

コーヒー豆の酸味が少ない理由とは?自分好みのコーヒーを味わおう
コーヒー豆の酸味が少ない理由について知りたい!
酸味が少ないのって何があるのかな?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • コーヒー豆の酸味とは?
  • コーヒー豆の酸味が少ない理由

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回限定45%OFF!
  2. 森のコーヒー:生農薬・化学肥料不使用。アロマ・甘み・酸味の絶妙な味わいが特徴。50万人以上に売れたコーヒーを定期便でお得に堪能!
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

そもそもコーヒー豆の酸味とは?

そもそもコーヒー豆の酸味とは?

コーヒー豆は、「コーヒーチェリー」という果実の種をロースト(焙煎)したものです。

果実であるため、リンゴやミカンと同様に、クエン酸などの酸味の元となる成分を含んでいます。

この成分がローストしたあとも残っているので、コーヒーには独特の酸味があります。

逆に言えば、まったく酸味のないコーヒー豆は存在しないでしょう。

しかし、酸味の強さはコーヒーチェリーの種類によって違っており、同じ種類でも挽き方やローストの度合いによって異なってきます。

酸味はコーヒー豆の美味しさの鍵

酸味はコーヒーの風味の中でも、特に好き嫌いの分かれるポイントです。

酸味が原因で、コーヒーが苦手になってしまうこともよくあります。

コーヒー豆の味は、酸味がなくなってはせっかくの風味がなくなってしまいます。

そのため、より私達は慎重にコーヒー豆を選んでいく必要があります。

酸化すると酸味も変わってくる

「コーヒーチェリー」が本来持っている、フルーティーな酸味を引き出したコーヒーは、とても爽やかで、美味しく感じられるでしょう。

ですが、コーヒー豆は酸化しやすく、酸化した豆でコーヒーを淹れると、思わず顔をしかめてしまうようなえぐみを伴った酸っぱい味がすることが多々あります。

この味は、コーヒーチェリー由来の酸味とはまったくの別物と言えます。

このような独特の酸っぱいコーヒーを飲んだ経験から、コーヒーに苦手意識を持ってしまう方が多いのです。

コーヒー豆はロースト直後から酸化が進むので、購入後は密閉容器に保管して、新鮮なうちに飲み切ることが重要です。

正しいコーヒー豆の保存方法について知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

保存場所は期間によって分ける!保存方法をおさえよう
コーヒー豆の適切な保存方法とは?鮮度を保つための注意点4つ【最新版】コーヒー豆の保存方法について徹底解説していきます。コーヒー豆を購入したのは良いけど、どのように保存・保管したら良いのかわからないですよね…。今回は挽いた後の豆や開封していない豆も含めて、ベストな保存方法をご紹介します!悩んでいる方は必見です。...

酸味が少ないコーヒー豆の理由

酸味が少ないコーヒー豆の理由

では、酸味が少ないコーヒー豆の理由について解説していきます。

結論として、2つの理由があります。

  1. コーヒー豆の焙煎度合いによる違い
  2. そもそものコーヒー豆の種類による違い

以上の2つになります。

一つ一つ解説していきます。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
焙煎によってもコーヒー豆の酸味の少なさって違いが出るんだね!

コーヒー豆の焙煎度合いによる違い

コーヒー豆の焙煎度合いで、ある程度の酸味と苦味のバランスを予想出来ます。

基準は少し曖昧ですが、分かりやすく区別できるようにそのローストの加減を名前付けて下のように区分しているところが多いです。

浅い方から順に、「ミディアム(浅煎り)→ハイ(中煎り)→シティ(中深煎り)→フルシティ(中深煎り)→フレンチ(深煎り)→イタリアン(深煎り)」となります。

浅煎りは酸味が強く、深煎りは苦味が強くなります。

焙煎度合いロースト時間
ライトロースト短い
↑↓
長い
酸味が強い
↑↓
苦味が強い
シナモンロースト
ミディアムロースト
ハイロースト
シティロースト
フルシティロースト
フレンチロースト
イタリアンロースト

つまり、まとめるとこんな感じです。

ローストの度合は深い順に、大きく『深煎り』『中煎り』『浅煎り』の3段階で表され、コーヒー豆はローストすると、最初に酸味が出てきます。

ローストの度合いが深まるほど苦みが増し、酸味は弱くなります。

つまり、一番酸味が少ないのは深煎りのコーヒー。

深煎りでローストすると、酸味の少ない豆はさらにマイルドになり、酸味の強いコーヒー豆も、スッキリとした味わいに変わります。

酸味が苦手な方には、最適なロースト度合いと言えるでしょう。

深煎りのコーヒーは、コクのあるビターな味わいが特徴です。

カフェオレにするのもおすすめです。

コーヒー豆の種類によって酸味が少ないかどうか決まる

酸味が少なくなる理由は2つ目は、そもそものコーヒー豆の種類による違いです。

今回は、主要なコーヒー豆の種類を国ごとにまとめました。

メキシコ産

酸味と香りともにバランスがよく、やわらかい上品な味が特徴的です。

酸味が強すぎるということもなく、香りも程よく豊かでリラックス出来ます。

ブルーマウンテン産

すべてのコーヒーの良さをあわせ持つと言われる、バランスの良いコーヒーです。

誰でも飲みやすいと評判のコーヒー豆です。

こちらはジャマイカで生産されています。

価格が高いのですが、一度は飲んでみたいコーヒー豆です。

クリスタルマウンテン産

こちらは南米キューバで採れるコーヒー豆です。

酸味&苦みのバランスがとれた上品な味が人気で、最高級品です。

ブルーマウンテンと比較すると、酸味・苦味がハッキリ感じられます。

バランスが良くとても飲みやすいでしょう。

コロンビア産

甘い香りとまるい酸味と、まろやかなコクがあります。

酸味が多少ありますが、丸みのある酸味で非常に飲みやすいです。

酸味が好きではないという方でも、飲みやすい酸味となっています。

ブラジル・サントス産

香りが高く丁度いい酸味と苦味があります。

口に含んだときに、苦味を強く感じますが、後味で程よい酸味が癖になります。

キリマンジャロ産

強い酸味と甘い香り&豊かなコクがあります。

あっさりとした飲み口で、重くないのが特徴です。

一方で、コクもしっかりしているため、軽くなりすぎることもなくほどよい味わいです。

酸味が少ないコーヒー豆は2つの要因で決まる

コーヒー豆の酸味が少ない理由とは?自分好みのコーヒーを味わおう

いかがだったでしょうか?

「コーヒー豆の酸味が少ない理由とは?自分好みのコーヒーを味わおう」というテーマでお伝えしました。

まとめると、酸味が少ないコーヒー豆は2つの要因で決まります。

  1. コーヒー豆の焙煎度合いによる違い
  2. そもそものコーヒー豆の種類による違い

特に焙煎度合いによって酸味が少ないか多いかが決めれるのでぜひ購入する際に気にしてみてください。

保存方法にも気を使って鮮度を保つことも大切です。

【保存期間別】コーヒー豆の保存方法とは?気をつけるべき4つのこと
【保存期間別】コーヒー豆の保存方法とは?気をつけるべき4つのことコーヒー豆の保存方法について徹底解説していきます。実はコーヒー豆は焙煎後の保存期間によって、その方法を変えていかなかければならないのを知っていましたか?冷蔵・冷凍するタイミングをお伝えしつつ、最後にはおすすめの保存容器もご紹介します!...
ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。 このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー


「珈琲きゃろっと」は、スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また初回限定で、今だけ45%OFFのコーヒー豆お試しセット

スーパーや市販では味わえないような美味しさが楽しめるため、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、爽やかな明るい酸味が特徴的。

鮮度
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980

» 珈琲きゃろっとはこちら

こちらの記事もおすすめ!